広告
広告

煩悩の数が108の理由

話題のトピック
この記事は約2分で読めます。

はじめに

煩悩が108個な理由って、検索したら諸説出てくるんですけれど、

数学好きなわたしにとって一番好きなのは

四苦(4×9)八苦(8×9)を足して108というものです。

四苦八苦って実は仏教用語です(^_^;)

四苦八苦

四苦生、老、病、死の4つの苦

八苦は四苦に愛別離苦(あいべつりく)、怨憎会苦(おんぞうえく)、求不得苦(ぐふとっく)、五蘊盛苦(ごうんじょうく)を足して8つ、というものですね。

仏教徒ではないですが仏教家に産まれたわたし的にかる~く説明すると、

生きる苦しみ
老いる苦しみ
病の苦しみ
死の苦しみ
愛する人と別れなければならない苦しみ
嫌いな人と会わなければならない苦しみ
欲しいものが手に入らない苦しみ
悩みを払っても払っても次から次へ悩みが湧いてくる苦しみ

の8つですね。

要するに「生きることはすなわち苦しみである」ということなんですが、

この四苦八苦の話は苦諦という、四諦の法に出てくるんです。

何言ってるかさっぱり、だと思うんですけど(^^;

悩みや苦しみを解決するには4つの段階を経ることが必要で(四諦)、その第一段階が苦諦と言って、

「苦しみの原因を明らかにすること」

なんですよね。

この「諦」は「諦め」じゃなくて「あきらかにする」という意味です。

だから、人生において人間が苦しむ原因は、突き詰めるとこの八苦のどれかに当てはまるって話で、

世の中は移り変わるものだから、楽しいことや嬉しいことは永遠に続かないから、終わる度に悲しくなったりつらくなったりする、

そういうことも含めて、

「生きることはすなわち苦しみである」

ということらしいですね。

これには賛同しかないんですけど

一応仏教の教えも記しておくと、

だから人生を悲観せよというものでも、来世に期待せよというものでもなく、苦しみの原因を直視する、一時的な愉しみに逃げずに向き合うことが重要である。

ということだそうです。

四諦についてはかなり聞いているので記憶を頼りに書いています(^^;
もし間違っていたらすみません。
まぁ宗教なんて色んな解釈あって然りだと思うんですけど。

仏教徒ではないけれど、苦しみと向き合うことが重要っていうのは、かなりわかるので書きました。

だから何?って感じだと思うんですけど、これがなんとなく心に響くときがあるんですよね。

年末特有の徒然草もどきでした。

お付き合いいただきありがとうございますm(__)m

タイトルとURLをコピーしました