広告
広告

MSとうつと優しさの記録 2019/12/16,17

リハビリ記録(宅療記録)

みなさまこんばんは、お加減はいかがでしょうか。

わたしは昨日が精神神経科、今日が神経内科(多発性硬化症科)の受診日でした。

いつもは受診時間的に精神神経科から記録しますが、今回は「優しさの記録」も含めたいので神経内科の記録から…

順番どうでもいい説笑
そういやここ4日くらい何かを食べた記憶がないぞ?

神経内科

今回は主治医が忙しかったため、他の病院から来ている別の多発性硬化症専門医さんの診察となりました。

この先生は前回の診察を主治医としてくれた方で、主治医との連携が取れているし方針がほぼ同じことから信頼しています(*^^*)
ただ主治医らぶなので会いたくはある笑
結論、今日もステロイドパルスをする可能性があったのですが、前回のステロイドパルスの効果が1週間しか持続しなかったことから、パルスはナシに。
また続いている固有感覚の異常
薬指と小指がぐるぐるねじれまくっている気がする。実際はまっすぐなのに…
から、「一旦異常がなかった頃に戻して、効果判定した後に薬を変えよう」ということになり
プレドニン20mg→25mgへ増量
となりました。
せっかくほっぺた痩せてきたのにな笑
エンドキサンかアダチオプリン以外の免疫抑制剤が加わるかそれに切り替わるか…

精神神経科

精神神経科では、サイト更新を追ってくださっているみなさまはご存知かと思いますが、

ありがとうございます涙

前回の診察以降も

  • 食事の強要、怒鳴る
  • 「失敗作」との罵倒、来客に言いふらす

その他ちょっとここには書けないことが相次ぎ、統合失調症のような症状まで現れ

脳に器質的疾患(MS)があるのでわたしは統合失調症ではありません

しばらく友人宅でお世話になっていました。

気晴らしに私小説として執筆中です

その後、昨日今日の連続診察があったので家に行きましたが、

表面上「あんたは宝」「あんたがいてくれたから楽しく生活させてもらってたって気づいた」

と言うくせに、わたしが寝ていると思っていらっしゃる「ふすまを閉めているとき」には、隣の部屋で「あいつは失敗作」と仰っていたので

プラスとしてパスポート申請手続きに行くよう言っておきながら「わたしも行けるのになんで行ったん?」などまあまあ意味不明なことが凝縮されたり

精神崩壊を起こし、自傷自殺行為を繰り返し、

もうじきの学校での面談と心理学試験ののち、精神科病棟への入院が決まりました。

あなたが楽しく生活していたのは、わたしが家事をしていたから。

最後の晩くらい失敗作らしく何も家事をせず過ごしています。

優しさの記録

実は昨日の精神神経科は1人で行きました。

とはいえ歩けない上、診察後かなり用事もあり、自走式ではない車椅子

  • 左手でどこかにつかまって進む
  • 左脚で漕ぐ
  • 左脚を左手で動かす(左脚が杖というか、棒みたいなイメージ)
最後が1番多かったかな
で進みましたが、日本という国は本当に車椅子ユーザーに優しくない国で、
徒歩5秒でもわたしは5分かかる
んですよね。
手すりは少ないし、あっても溝の向こうとか
という苦行の中で、
「押そうか?」
「大丈夫?」
と声をかけてくださる方々の多さに感動しました。
あまり顔が変わらなくてすみません、本当に感謝しています。
この感謝が昨日声をかけてくださったみなさまに届けばいいな、と思って残します。
本当にありがとうございました
いつか、直接ではないかもしれませんが必ずお礼させてください
広告
タイトルとURLをコピーしました