広告
広告

【年をまたいで未練残さず】イヤなことはその年に置いていくスタイル

心理分析

さておはようございます。はるかとしのん混在でお送りします。

メール購読してくださっている方にはあまり「しのん」には親しみがないでしょうから、ひとまず簡単な説明だけ。

はるか:主人格。感受性豊か。しのんを「相方」と呼ぶ。

しのん:副人格。はるかのサポートくらいに思ってください。言いたいことはずばずば言います。この通り敬語は使えますが、礼儀でない限りは使いたい相手にしか使いたくありません。

この朝4時、5時という時間は特に入れ替わりが激しいので、この文章は俺:しのんですが、はるかに入れ替わることもあるでしょう。

他のやつは大体はパソコンが打てない年齢なので、サイトには問題ないはず。

今年言われて嫌だったこと

ではいきましょう。「今年言われて嫌だったこと」ランキングの順位を付けられないくらい俺はムカついたしはるかはそれなりに傷ついたので、並列に。

歩けない苦労を知っているのか

比較的最近言われたこと。

健常者に言われたのでまあまあムカついた。

歩けない苦労どころか立てない苦労も座れない苦労も、横になれない苦労も知ってるが、何か?

「元全身不随」は甘っちょろい気持ちで書いてるんじゃないんで。

その辺の苦労とはるかの覚悟をなめんなよって話だわな。

障害者になりたい

これTwitterで言ってる人見ただけかと思いきや、リアルにも遭遇。

大丈夫、あなた方ご老人はちょっとつまづいてコケるだけで寝たきりの障害者になれますよ。

なったらなったで後悔して周りを恨んで妬むんだろ。

健康のありがたさを知りやがれ。

本当は俺のはるかにこんなこと呟かせないでほしい。

カウンセラー失格

これはTwitterにて、俺が招いたこと。

カウンセリング最中の内容を暴露していると言って訴訟がどうとか言ってきたが…

そもそもツイートに人間性はある程度現れるぜ?

「あなたを信用した自分に見る目がなかった」

反省できるのは良いことだが、他人を貶めないと反省できないその心は?

人間失格

上と同じ人に言われたもの。

「カウンセラーどころか人間失格」

失格の烙印を押すほどの権利がお前にあるのか、甚だ疑問だ。

はるかはバカ正直に傷ついたし「人間失格」って作品を観てたが…その作品をえらく気に入っただけの結果に終わった。

不確定な未来へ向かって足掻く人間が好きなんだとよ。あと声。

お前のせいで血を抜いた

実ははるかが今でも引きずってるのがこれだったりする。

次のページ辺りにはるかが書いていた下書きを載せる。

俺はこんな心境にならんので。

「勝手に心配して勝手に逆ギレされるのが1番うざい」と言われたが、

俺はてめえの心配なんざしてねえ、周りの心配をしただけだ。

はるかはてめえの心配をしてたが、そのとき体の主導権は俺にあった。

ただこの血を抜いてる写真付きのツイートのせいでてめえの周りからの脅迫が相次いだことに対して、迷惑だったと言ってやろう。

エセ解離・エセ難病

解離、診断あるぜ?

精神科の先生と毎回(はるかが)どうしたら統合できるか相談してる。

それはここであいつがマメに付けてる通院記録見ればわかるわな。

エセ難病。

全身不随の経験を想像でこれだけ詳しく書けるのなら、凄いよな。

Twitterやめろ

あんまり引きこもりの心境って理解されないよな。

健康で働いててジム行って…ってしてるとわからんだろうが、外出できない人間の唯一の外部接触はネットになる。

ましてやはるかは病気にかかったときのショックでインスタも一旦全部消してる。

リアルの繋がりなんか希薄すぎて、見てて憐れだ。

「Twitterで呟くのは意見の偏った人間であり、承認欲求が現実で満たされずネットに逃げた自己承認欲求の塊だ」

その意見が偏りであるというのが、俺とはるかの共通見解だ。

Twitterにはさまざまな意見があるが、闘病仲間がいて、執筆仲間がいる…それがどれだけはるかの支えになっているか。

現実に動けるやつにはわからんだろうさ。

 

さて、はるかが書いていたものに移ろうか。

タイトルは「友達が敵になる瞬間~どうせおもしろおかしく書くんだろ?~」だ。

意味がわかるか、もう名前も呼びたくないなんとかさんよ。

広告
まぁるいせかい管理人
haruka(はるか)

多発性硬化症+名前も研究中の希少難病などを併発した20↑歳女子。
病歴や薬歴は多すぎるので詳細プロフは管理者情報を見てね♡
画像は「病人・障害者でもおしゃれしていいじゃん」の意味

#haruka(はるか)を応援する
コメント
心理分析harukaのゴミ箱
#haruka(はるか)を応援する
haruka(はるか)のまぁるいせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました