広告
広告

「みんなに、社会に殺される…」安楽死反対ではないのに安楽死議論する社会へ募る恐怖と疑念|どうして「死なせる議論」になるのか

社会論
「みんなに殺される…」

ALS女性を安楽死させたとして医師2名が逮捕された、とのニュースが日本全国を駆け巡り人々が「安楽死」について考えるようになった今、

わたしが感じたのはまさに、これから殺される恐怖でした。

安楽死への意見まとめ

わたしの思いについて語る前に、まずは安楽死への意見を賛成・反対ともにご紹介しましょう。

安楽死賛成派の意見

  • 安楽死は希望
  • 生きる権利は既に保証されていてもはや「生きる義務」になっている
  • 自殺は悪なのか
  • 「死ね」と言われながら生きなければならないのか
  • 死にたい人は線路への飛び込みや飛び降りなど無残な死に方をしなければならないのか

わたしのTwitterのフォロー特性上もありますが、わたしと同じような神経難病患者さんにこういった意見は多く見られました。

わたしの抱える神経難病はひとつではないため安易には語れませんが、徐々に動けなくなる身、気分に変調を来す身、既に左手以外はかなり動かなくなってきている身として、こうしたお気持ちはよくわかります。

わたしも

  • なぜ生きなければならないのか
  • 死にたい人は残酷な死に方を選ばなければならないのか
  • 死んでからも「社会のお荷物」「迷惑」と言われなければならないのか

たくさん考えます。

障害者は「社会のお荷物」か→「障害を持つ息子へ」レビュー(前回)

安楽死反対派の意見

これらは溢れているのでまとめる必要もないのではと感じましたが、一応まとめます。

  • 「〇〇が安楽死したからお前も安楽死した方がいい」という同調圧力を生まないか
  • 安楽死に見せかけた殺人が横行しないか
  • 生きやすくするのが政治ではないのか

などが主な意見です。

こちらも同じく、よくわかります。

わたしは安楽死が認められていなくても「障害者は死ね」と常々圧力を受ける身なので、こうしたことを健常者のみなさまが考えてくれることもありがたいなと思います。

 

わたしの立場について

わたしは決して安楽死を否定する立場ではありません

苦しくて「もう殺してくれ」となったとき、わたしも痙攣の酷さに死を望んでいる身として、最後の手段として安楽死が残されていることはとても「患者にとっての」安心感に繋がる可能性があります。

それは否定しません。

 

ただ怖かったのは、ALSの議員さんが安楽死反対の意見を述べたところ、

「安楽死賛成の旗振り役となるべき人がこうした発言をして残念だ」

と語られたことです。

 

おいちょっと待てよと。

難病患者が誰でも全員死を願っていると考えるのは大間違いです
そもそもどうして他人に意見を決めつけられなければならないのでしょうか
ALSの議員さんは安楽死を日本で認めさせるために議員さんになられたわけではありません

お門違いも甚だしいです。

今必死に生きているその事実を嘲笑された気持ちになります。

わたしは今、わたしとの将来を考えてくれる人のために、生きていたい

それはやはり、病人・障害者だから、許されませんか?

 

ALS女性の事件を受けて

わたしがこんな「殺される」恐怖をひときわ強く感じているのは、病人であり障害者である自分は真っ先に「排除対象」となるだろうと考えているからです。

 

わたしの意見は、

安楽死制度本当に死にたい人が利用するのなら良い
しかし病人や障害者『死ぬべきモノ』と捉えている人間が多数存在する現代日本において、本来病人や障害者を守る制度を作るべき健常者の政治家安楽死制度の議論を率先して進めようとすることには違和感がある
それは「排除殺人」とも呼ぶべき、政府や一般市民などの「他人による命の選別」に他ならない

です。

人生は誰かにリストラされるような代物ではありません。

 

以下の「安楽死を望む理由」をご覧ください。

 

死を願う理由は?

ALS同様に治らない疾患をもつ身としては、動かなくなる体をもつ身としては、

「動かない、この苦しさをずっと味わうくらいなら死にたい」です。
正直にね。

 

ある日突然病気になって「一生治らない」「悪化していく」と言われれば、誰だって一度は考えるのではないでしょうか。

わたしは実際に「治らない難病だ」と告げられた途端に失神した同病者を知っています

ただ誤解しないでいただきたいのは、

「ねえ、誰でもいいから、この体が動くようにしてよ
元の体に戻してよ
早く薬を認めてよ。ない?じゃあ創ってよ
原因不明?突き止めてよ。できない?ずっとこのまま、これからもどんどん悪くなる?」
じゃあもう、死んで楽になりたいよ

という思考回路であって、積極的に死にたいわけではありません

治るなら、少しでも希望が持てるのなら、生きていたいです。

 

わたしは悪化していくしかない病気でも「この人のためなら死んでいい」と思える人がいるから生きていますが、そうでなければ自死を選択するだろうし未だによく自死の衝動に駆られます。

それくらい、先に残酷な死しかない病気はつらいです。

今回の女性も、もし病気にかからなければ安楽死など望まなかったのではないかと想像します。

 

難病だけではありません。

死にたいと思うその気持ちの根本には、難病以外にもさまざまな理由があるはずです。

わたしも一応はカウンセラーの端くれなので、さまざまな方のご相談にのりますし、ときには自殺相談も受けます。

みんながみんな、それぞれ違う理由でもつらい思いを抱えながらなんとか生きようとしています

生きるための何かを見つけようとしています。

その、病気の苦しみ将来への絶望死にたくなる理由。そんなことを想像せずに

「じゃあ安楽死を認めるようにしない?」
「死にたい人は死ねばいいじゃん」
「え?病気の人って死ぬべきじゃないの?」

そんな簡単で安直で愚かな発想を、わたしは全否定します

これは政治ではありません

ただ殺人を合法化しようとしているだけです。

 

政治であるなら

政治であるならば、そういった国民の死にたくなるほどの苦難、苦痛を想像し、国民の苦しんでいる声を聴いて、それを救おうと動くべきであるはずです。

わたしは、

行政は死にたいと悩み苦しむ人々の負担をなるべく軽減するために、
福祉・医療を厚くするべき
相談窓口を増やす、人員を割く、給料や待遇を上げるべき
原因不明とされている様々な病気に対しての研究費へ予算をもっと割くべき

だと考えます。

決して「国家の維持のため」に、医療費などの予算を使う「社会的弱者」と呼ばれる人々を切り捨てることが政治ではないはずです。

そんなことをするくらいなら、日本なんて潰れた方がマシです。

 

という最後の1文は極論ですが、少なくとも

国家は国民を助けるための互助組織として存在すべきであって、国民から搾取し国民を選別する組織ではない

という点については、ご理解を得られるのではないかと思います。

 

死そのものについて

わたしは安楽死を求めてスイスに行く方を見送りました。

何度も自殺行為を繰り返す方も知っています。

わたし自身も自殺企図で精神神経科へ強制入院がかかったことがあります。

そのときは複数の要因が重なり入院は回避しましたが

それでも苦しい思いからは逃れられません。

このページでは「安楽死を安易に語るな」という意図に基づき安楽死制度の否定を述べていますが、もっと国民やそれこそALSの議員さんの声を聴き、ゆっくりと議論していくのであれば問題ないと考えています。

なぜなら、繰り返しますが安楽死が最後の希望となることもあるからです。

 

死を安易に語らないでください。
死の制度を性急に進めないでください。
死にまつわることは、その人の生に関わることです。
勝手な思い込みで、偏見で、人を殺さないでください。

 

そして願わくば、わたしがこんなことを言わなくても済む社会を作ってほしいです。

次の世代のためにも。

 

現在思うことは以上です。ご覧くださってありがとうございます。

命の選別について↓

広告
まぁるいせかい管理人
haruka(はるか)

多発性硬化症+名前も研究中の希少難病などを併発した20↑歳女子。仕事は小説家とライターとカウンセラーと極秘。福祉用具開発プロジェクトの成功☆
嫌いな人間と一緒にされるのが嫌で人間をやめた。
詳細プロフは管理者情報を見てね♡

#haruka(はるか)を応援する
コメント
社会論考察
#haruka(はるか)を応援する
haruka(はるか)のまぁるいせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました