広告
広告

ながらスマホの危険性と加害者になる可能性

気ままライフ
この記事は約2分で読めます。

病院から帰り疲労と睡眠不足(今日は1時から3時半しか寝てない)で爆睡して目覚めると16時45分。

 

あ、郵便局行かなきゃ!(メルカリ笑)

 

思い立って、急いで準備して着替えて、なんとなく行けそうな気がしたので自転車で、ゆっくりとかじゃなく普通の速さで漕ぎました。

 

行けた!

 

しかも17時の閉局に間に合いました。

 

もちろん脈拍は爆上がり。痛みは今日は元々あったけど、寝てたら忘れてた(笑)けど復活。痺れもやってきて、ハンドルを持つ手とペダルを漕ぐ足の感覚がなくなっていく。

 

我ながらなんて危ないやつなんや…

 

自転車の運転って、敵は体内だけじゃないです。

 

  • 飛び出すちびっこ
  • よろよろのお年寄り
  • 頑として道を譲らないおばさま
  • 二人の世界に入り浸っているカップル
  • ぶいぶい言わせたい青年たち

 

うちは下町で近くに大学があるので、マナーの悪い学生と不審者がめちゃくちゃ多いです。

そういう人たちも避けないといけないし、一番怖いのは歩きスマホですよね。

うちの周りは治安が悪いので(大事なことなので2度)、チャリスマホ、チャリイヤホンスマホ、チャリイヤホンスマホ×2台、チャリたばこ、チャリたばこスマホ、バイクたばこ、なんてざらにあります。

 

テクノロジーの進化って凄いですけど、それを使う人間の質は、モラルは進化しているのかどうなのか。

女子大生のチャリイヤホンスマホのジュース持ちでお婆さんを轢いてしまった事件だって実刑なのに、未だにそういう、自分が人を傷つけてしまう危機感って薄いですよね。(とわたしが言う)

 

でも怖かったですよ。スマホなんてしていなくても、人を咄嗟に避けられないかもしれない自分って。

 

とりあえず安全のために、これからはゆっくり漕ぐようにしようと決意し、自転車に乗れた喜びに浸ることにします。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました