広告
広告

理不尽からは離れよう

励ましの言葉たち
このページでは、Twitterでのbotの呟きがどのように作られたかを語ります。

これは、わたしが理不尽な目にあったときに思ったことです。

harukaのゴミ箱カテゴリにあるようなことも、もう記事にすらしていないこともありますが、

言いたいことをまくし立てられた挙げ句、

それはそれは色んな言葉で罵倒されて、

あんなのがいるから…みたいな人間性を否定することまで言われて、

散々キチガイ扱いしてきて、

そして自分がいつでも正しいと思っているから、

「あいつのせいでこっちは傷ついた」

って言われるんです。

わたしもけっこう傷ついているんですけれど、そういうことはどうやら気が付かないみたいで。

毎回、毎回、そうだから。

だからこれは、自分への忠告を兼ねて、

そしてせっかくだったら、

みなさまにもこれ以上傷ついてほしくないから。

その一心で書きました。

話し合いができない人も、中にはいて、

そういう人って自分の意見を否定する人を敵視してくるんですよね。

だから、どうかみなさまがその的にならないようにと、切に願って書きました。

どうか貴方が傷つきませんように。

広告
タイトルとURLをコピーしました