広告
広告

貴方の今日は無駄じゃないから

励ましの言葉たち

これは、実は鬱状態のときに書いたものです。

原稿では、

希望でキラキラかもしれない
もしかしたら絶望に縁取られているかもしれない
そんな明日へと続くから

という順番でした。

つらくても必死に生き抜いた今日が、とにかく明日へ繋がることは事実だなって、そう思って書きました。

けれど鬱状態から抜けたときに読み返すと、

絶望の明日になんて向かいたい人はいないはずで、

結局綺麗事だと思われようと、それでも励ましのメッセージにするには、あまりに酷すぎる。

そう思って訂正を加えたものです。

毎日闘っていると、疲れてしまって、

周りへの感謝が大事
感謝の気持ちをわすれちゃいけない

そう言われても、

あんたに何がわかるんだよ
このつらさも、苦しみも、痛みも、何も知らないくせに

そう、思ってしまうんですよね。

そんな気持ちから書きました。

同じ境遇にいる方が、共感できるように。
そして、何かの励ましとなるように。
明日へ向かう、勇気を持てるように。

わたしが持てない勇気を、託すように綴りました。

願わくは、

わたしの弱さが、誰かの救いとならんことを。

広告
まぁるいせかい管理人
haruka(はるか)

自称小説家の漫画家志望。仕事はライターとカウンセラー。
多発性硬化症、うつ病、WPW症候群、スティッフパーソン症候群疑いなど100万分の1レベルの希少難病を併発した23歳女子。京大医学部中退。
今の夢はエンジニアとお嫁さんと「人間として生きること」
「君の絶望は僕が背負った!」が決めゼリフ。

#haruka(はるか)を応援する
励ましの言葉たち
#haruka(はるか)を応援する
haruka(はるか)のまぁるいせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました