広告
広告

頑張らないことを頑張ろう

励ましの言葉たち
このページでは、Twitterでのbotの呟きがどのように作られたかを語ります。

 

頑張れ!というエールはよく耳にするし、受験生などにとってはもはや最高の応援です。

 

ただ、わたしが全身不随でリハビリ室にいたときに一番慰めになったのは、リハビリ室にもPTとして勤務する、わたしを病院に運んでくれた先生の

「いいか、頑張るなよ」

「絶対頑張ったらあかんで」

という言葉でした。

 

わたしの多発性硬化症という病気は「非常に疲れやすくなる」という特性を持っていて、頑張るとすぐに疲れて動けなくなるんですよね。

 

それ以前に、神経が繋がっていなかったのでまったく動けなかったんですけれど(^_^;)

 

だから、頑張ってもどうにもならないときに、「頑張れ」と言われなかったこと、「頑張るな」と言ってもらえたことは、すごくありがたかったです。

 

だから、わたしも、

もうどうしようもない人に、先生みたいに、

「頑張るな」

と声をかけたかった。

 

貴方はそのままでいい。
むしろもっと休むくらいでいい。

 

そう伝えたかったんです。

 

少しでも、貴方の気負っているものが軽くなれば幸いです。

 

頑張らないことを頑張るスタンプ→https://line.me/S/sticker/6940711

広告
まぁるいせかい管理人
はるか

考察家。作家。開発者。多発性硬化症+希少難病+先天性心臓奇形などをもつ障害者。病歴や薬歴は多すぎるので管理者情報参照。今までにないものを創るお仕事。京大医学部を病気により中退。

#haruka(はるか)をチラ見してみる
コメント
励ましの言葉たち
他の人にも読んでほしいなと思ったら
#haruka(はるか)をチラ見してみる
はるかのせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました