発達障害系理学療法学

広告
授業内容

発達障害系理学療法学vol.13~内部モデルと脳性麻痺児の神経回路~

内部モデルと脳性麻痺児の神経回路について端的に
授業内容

発達障害系理学療法学vol.12~姿勢観察~

身体の部位別姿勢観察のポイントと、脳性麻痺児への介入についての理学療法の限界と可能性。
授業内容

発達障害系理学療法学vol.11~側弯~

小児の側彎症と股関節脱臼の関連性。側彎を固定するときの注意。
授業内容

発達障害系理学療法学vol.10~姿勢制御と筋緊張~

小児の姿勢制御システムの発達と、筋緊張の評価について。MASや整形外科的問題点の評価を含む。
授業内容

発達障害系理学療法学vol.9~立位での運動発達~

立位の発達と脳性麻痺の場合も含めて。
授業内容

発達障害系理学療法学vol.8~座位での運動発達~

幼児期からの座位の発達と脳性麻痺の場合。
授業内容

発達障害系理学療法学vol.6~背臥位での運動発達~

新生児期からの背臥位での運動発達について、正常と脳性麻痺の場合。
授業内容

発達障害系理学療法学vol.5~赤ちゃんの運動発達~

general movementの発達 数秒から数分間持続する四肢体幹を含んだ複雑な運動パターンのことをgeneral movementといい、胎児期から新生児期を通じてみられる自発的運動の代表である。 胎児期から新生児期:ライ...
授業内容

発達障害系理学療法学vol.4~反射~

新生児期の反射 新生児期の反射には3種類ある。 原始反射(primitive reflex):新生児固有の反射で成長とともに消失する。 姿勢反射(postural reflex):重力に抗して姿勢を調節する反射。多...
授業内容

発達障害系理学療法学vol.3〜脳性麻痺児〜

発達障害の定義 発達障害と脳性麻痺の定義 発達障害:生体の有する機能が成熟しないままにとどまった状態。最もよく見られる発達障害は中枢神経系のものであり、脳性麻痺、精神発達遅滞も発達障害といえる。(医学大辞典 南山堂) 脳性麻痺:受胎か...
広告
タイトルとURLをコピーしました