考察

広告
考察

「苦髪楽爪」は現代に通用する?ことわざ・四字熟語の意味と時代変遷

昔のことわざや四字熟語、成語は現代にも当てはまるのだろうか?と疑問に感じ、まずは身近な「苦髪楽爪」から考えてみたコーナー。
社会論

教養とは「ちょっとよくわかんないっす」に「サンドイッチマンかよ」と笑えることである

教養とは、 「ちょっと何言ってんのかわかんないっす」 に対して 「サンドイッチマンかよ」 と笑えることだと思う。 または、 「天下一品であっさりは邪道だろ」と言えること だと思うし、 ...
レビュー

死こそが人間を人間にする?人間合格の基準とは|「HUMAN LOST/人間失格」ネタバレ感想レビュー

「HUMAN LOST/人間失格」ネタバレ感想と考察を交えたレビュー。「恥の多い生涯を送ってきました」という一節で始まる「全人類、失格」の物語は、技術を信じるか心を信じるかが死をテーマに争われている。
考察

「愛とは受容体の問題だ」被虐待児が贈る「愛を知る難しさを克服するまで愛を配りたい」

愛されてこなかった人が愛を信じるのは難しい。けれど信じさえすれば愛されるし愛せる。信じられないならぼくを使ってほしい。いつか愛を知るその日まで。
考察

徒然なるままに日暮らしキーを打ちつつ「世の中の理不尽」についての話

徒然なるままに日暮らし筆を取りつつ、万の事に使ひけり。 前半と後半で引用元が違うのに、なぜかフィットしている気がする。 けれど筆を何に使うのか。 ペンは剣よりも強しとはいうけれど、筆は刀よりも強いのか。 むしろカッターナ...
気ままライフ

自己犠牲による幸せは誰も望んでいない|それこそ自己満足の「偽善」なのでは?

自分がいなければあの人は幸せだったのに あの人の代わりに自分が背負ってあげられればよかったのに そう思ったことがある方は少なくないと思います。 今回はそんな方へも向けて、実体験から考えたことをお話しします。 感覚麻痺の体で...
社会論

「みんなに、社会に殺される…」安楽死反対ではないのに安楽死議論する社会へ募る恐怖と疑念|どうして「死なせる議論」になるのか

「みんなに殺される…」 ALS女性を安楽死させたとして医師2名が逮捕された、とのニュースが日本全国を駆け巡り人々が「安楽死」について考えるようになった今、 わたしが感じたのはまさに、これから殺される恐怖でした。 前回→障害者が虐げ...
レビュー

「障害者は社会のお荷物という自覚を持って謝罪して生きろ」という社会なら死にたくもなるよな|神戸金史「障害を持つ息子へ」レビュー

「障害者なんていなくなればいい」犯人はそう言った。という帯から始まる「障害者ヘイト」と自死を選ぶ理由について、感じたこと1つ目。
考察

同等な立場なはずなのに指示を受ける「中年男性と若年女性との身分差」|中年男性の横柄な態度にジェンダーギャップ

まだ歩けた時代に体験した、派遣先での中年男性の横柄な態度にジェンダーギャップを感じた話。
闘病記録(入院中)

手足口の麻痺を抱えながら「小説家・ライター」をする苦しみと覚悟も知らないで|先入観による決めつけはときに人を傷つける

ひとは必ず先入観をもっているでしょう。 「自分には先入観はない」というひとは、「自分には先入観はない」という先入観をもっているのでしょう。 今回わたしにぶつけられた先入観のある言葉は「文章送るだけの仕事なんか、入院中にもできて良いな...
広告
タイトルとURLをコピーしました