広告
広告

大学受験生へ/熱化学・有機化学に興味をもつきっかけになる本

勉強法

はじめに

勉強法は個人によって合う、合わないがございます。自分には合わないと思ったらすぐに別の方法に切り替えることも重要です。

わたしは単に教科書を読むよりも、雑学みたいなものから入ると勉強しやすいタイプだったので、勉強でつまづいたらその分野の文庫本や漫画などを読んでから、教科書を読んでいました。

教科書って、初めて見るところだと「うえっ」ってなりませんか?笑

なので今回はその中から、化学の2大苦手分野「熱化学」と「有機化学」に関するブルーバックス文庫の本をピックアップしておすすめさせていただきます。

 

 

紹介

熱力学で理解する化学反応のしくみ

1冊目にご紹介させていただくのは、平山令明さん著の「熱力学で理解する化学反応のしくみ」です。

この本の特徴は、なんでも分子や原子の自由エネルギーで説明するところです。

 

わたしは化学反応式を覚えることと、反応熱の計算が苦手で、タイトルからこれを選んで読んでみました。

 

受験用の本ではなく、大人向けで、しかも学者さんが書かれたものなので、最後の方は環境エネルギーやら複雑な式が出てきてなかなかカオスになりますが、

はじめの方は物質の拡散(砂糖が水に溶けるみたいなこと)から、

自然界は散らばる方へ、まんべんなく拡散していく。

そのこととエネルギーの関係わかりやすく説明されています。

 

たとえば、部屋を放っておくと散らかりますよね?
綺麗に掃除するには体力というエネルギーを使いますよね?
「化学反応もそういうことが起こっているんだよ」と書かれています。

 

熱力学が苦手な方に熱化学を勉強するきっかけになる本としておすすめです。

 

 

有機化学が好きになる

2冊目にご紹介させていただくのは、米山正信さんと安藤宏さんの共著「有機化学が好きになる」です。

わたしはどうしても有機化学が苦手で、

というのも暗記が多いので(-_-;)

勉強するにも「やりたくないなぁ」が先に立ってしまったんですよね。

なので、「苦手だった数学が好きになってからは得意分野になったように、有機化学も好きになれたら得意になるんじゃないか?」と思ったわけです。

 

この本の特徴は、「ゴムがどうしてのびるのか」をテーマに、登場人物たちが会話形式で有機化学の結合を説明していく(学んでいく)ということです。

 

会話形式なので、チャットやライントークを見るみたいでとても読みやすいですし、説明文に添えられている挿絵もユニークです。
シスとトランスはこの本ので覚えました笑

 

一部、電子雲など大学受験レベルでは理解しなくていい内容もあるのですが、有機化学がわかりにくいのはそもそも、

根本的な理論をすっ飛ばしてこういうものだから覚えろと言われる

からなんですよね。

 

わたしは全部根元から理解したいタイプなので有機化学も化学の先生に質問しまくったのですが、「えっと、どうしてだったかな…」から始まり、「こんなの高校で勉強しなくていいから!」と追い返され、化学室出禁になりました笑

 

受験にはいらない知識でもあったら便利だし、でも確かに受験生がそんな回り道をする必要はないので、ここでは「電子雲は受験に不要」と書かせていただきます。

 

大学に入ってからゆっくり学んでみると、とても面白い分野ですよ(*^^*)

 

ということで、化学の勉強に取り組む意欲を沸かせる本として2冊紹介させていただきました。

 

参考になれば幸いです。

今回ご紹介させていただいたのは下の2冊でした。

広告
まぁるいせかい管理人
haruka(はるか)

自称小説家の漫画家志望。仕事はライターとカウンセラー。
多発性硬化症、うつ病、WPW症候群、スティッフパーソン症候群疑いなど100万分の1レベルの希少難病を併発した23歳女子。京大医学部中退。
今の夢はエンジニアとお嫁さんと「人間として生きること」
「君の絶望は僕が背負った!」が決めゼリフ。

#haruka(はるか)を応援する
勉強法大学受験
#haruka(はるか)を応援する
haruka(はるか)のまぁるいせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました