広告
広告

100均材料で!フェイスガードの作り方|フェイスガードを寄付しました

ハンドメイド

手作りマスクは流行中ですが、医療従事者にとって必要不可欠であるフェイスガードは足りていないのでは?と思い、フェイスガードを自作してみました。

実際に手作りと思しきフェイスガードで採血に望む検査技師さんを見たので…

しかし先立つものがないわたしは身近に手に入る材料でフェイスガードを作って寄付するのて精一杯だったので、簡易的誰でも作れるフェイスガードの作り方をご紹介したいと思います。

これを見た方から医療や介護、学校などの施設へ寄付の輪が広がることを願っています

用意するもの

材料

  • クリアファイル
  • ゴム(ウエスト用など平たいものが良い)
  • スポンジ(ゲキ落ちくんなど質感の良いもの)
  • 瞬間接着剤
  • セロハンテープ(必要に応じて)
スポンジはおでこに触れる部分なので、柔らかさ重視です
ロングサイズをカットするのがおすすめです
瞬間接着剤のブラシは使いません。ただとにかく量がいります。

準備物

  • 塩素系消毒液
  • アルコール消毒液
  • 台ふきん
  • カッターナイフ
  • ハサミ
  • パンチ
アルコール消毒液は単に手の消毒に使うものなので、なければ完成時にフェイスガードを拭くのでも大丈夫です
コロナで手に入りづらいので、消毒液については入手困難でも仕方ないと思います。わたしは病気柄、常備しているだけですので…

作り方

消毒に注意さえすれば、作り方自体はとても簡単です。

消毒系の準備

  • 塩素系消毒液を染み込ませた台ふきんで作業台や道具を拭いて消毒
カッターナイフやハサミの刃を拭く際は手を切らないようにお気をつけください
  • クリアファイルも拭く
  • アルコール消毒液で手を消毒

ひと通り消毒が終われば作業開始です!

作り方手順

  1. カッターナイフでクリアファイルを開く
  2. ファイルの角を落とし、手を切らないように形を整える
  3. パンチでファイルの長辺の両端にゴムを通す穴を開ける
  4. スポンジをカットし、瞬間接着剤でファイル中央上端に貼りつける
  5. 穴にゴムを通して完成
ゴムは今回、約45cmでしましたが、ファイルの長辺より少し長いくらいでカットすれば十分です
完成したときにファイルが曲がりません

以下に写真とともに載せていきます。

写真とともに

1.カッターナイフでクリアファイルを開く

1個から2枚できます
クリアファイル10個入りを使いました。
繋がっている部分(上の写真でいうと下端と右端)をカッターナイフで切ります。
とても薄くなります。
透明さは歴然ですね

2.ファイルの角を落とし、手を切らないように形を整える

特にここは慎重にです!

1で雑になってしまった端もハサミで切っておきます

3.パンチでファイルの長辺の両端にゴムを通す穴を開ける

一気に全部は恐らく無理なので、少しずつ分けます。

順番は前後していますが、ここの角も落としています

4.スポンジをカットし、瞬間接着剤でファイル中央上端に貼りつける

まっすぐ切るために鉛筆で印を入れてしまいましたが、消毒のことを考えるとない方がいいです
固定力が足りなければ、スポンジの両端にセロハンテープを貼って補強します
セロハンテープも衛生的にできれば貼らない方がいいです

5.穴にゴムを通して完成

Twitterにて

わたしはTwitterにて下記のツイートをしました。

こういった自分を誇示するようなツイートはいつもならしませんが、わたしの手の麻痺度合いや今回かかった時間から考えると、やはりたくさんの方のお力をお借りしたいと思いました。

そしてぜひ寄付の輪が広がって、医療現場などでコロナに怯えながらも働いてくださっている人々のためになればなと思うのです。

このページをご覧くださったあなたの心に、何か残るものがあると信じて。

広告
まぁるいせかい管理人
haruka(はるか)

多発性硬化症+名前も研究中の希少難病などを併発した23歳女子。京大医学部中退。仕事は小説家とライターとカウンセラーと極秘。
今の夢はエンジニアとお嫁さんと「人間として生きること」
詳細プロフは管理者情報を見てね♡
※画像は好きなモデルさんであって本人ではありません。

#haruka(はるか)を応援する
ハンドメイド社会活動
#haruka(はるか)を応援する
haruka(はるか)のまぁるいせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました