広告
広告

「死にたい」を引き止めるわたしの心情

闘病記録(入院記録)

死後の世界について問いかけた話

これは、わたしが亜急性期・回復期病院に転院してからの、8月29日の記録です。

この日は親戚の御命日がかなり重なっていて、母から「あんたもご供養しとって」と言われました。

うちは仏教の家なので、こうした御命日や四十九日には読経供養をします。
ただしわたしは仏教徒ではありません。良いと思ったことを取り入れる雑宗教スタイルです。

経典の内容は、幼い頃から読まされていたので暗記していましたが、記憶にも若干の障害があるのか全然思い出せなくなって、ご先祖様に問いかけることにしました。

その問いかけの一部を記録していたので書き起こします。

あえて字面そのまま書き起こしますので、多少読みにくいのはご容赦ください。

『まだ、苦しいですか?

生きててつらいことはいっぱいあるけど、

死んだら楽になれるとも考えていないけど、

それでも、そちらはどうですか。

生老病死の苦というけれど、私はまだ生・病しかしらないから、

老は知っていくかもしれないとして、

死の苦しみはどんなものですか。

生きて生き抜くよりも苦しいですか?

それにまだ耐えてるんですか?

いつまで?

耐えられるんですか?

私は、これ以上の苦しみを味わいたくないです。

そちらが少しでも安らかで、ゆっくりとお休みになれることを祈ります』

死の苦しみは、どんなものですか。

いつまで苦しめばいいのですか。

わたしの問いは、ここに集約されるのだと思います。

「死にたい」を引き止めるわたしの心情

そしてこれを書いている今日の早朝(1月4日午前5時)の記録がこちらです。

こちらはあえて書き起こしはしませんが、これが、このページを作成した意図です。

冷静になってから見ると酷いものですが、これは心の底では常に死を願う、わたしなりの贖罪です。

自分は死にたいと考えているのに、周りには生きていてほしいなんて言ってごめんなさい。
この世に縛り付けて、生の苦しみを味わわせてごめんなさい。

たぶん死の苦しみが生の苦しみよりも軽いとわかれば、わたしは死を勧めると思います。

みんなで、一緒に死のう?」って言うと思います。

なんて危険思想なんだ、と思いますが、だってやっぱり、生きるのってつらいから。

生きろって言ってごめんなさい。
「死にたい」に協力できなくてごめんなさい。
わたしも死にたいのに、どうして引き止めるんだろうね。

今苦しみの真っ只中にある方に、

「死んだほうが楽だよ」
「わたしが殺してあげる」
「一緒に死のうか」

全部、言ってあげられなくてごめんなさい。

わたしには、せめて一緒に生の苦しみを味わうことしかできません。

それは、痛みとか絶望とかの前には圧倒的に無力なことも、わたしは知っているのに。

同じ苦しみすら味わうこともできなくて、ごめんなさい。

謝って贖いになるとも思わないけれど、それでもわたしは、貴方に苦しんでほしくなくて。

もうこれ以上は頑張らなくていいよって、

もう死んでもいいんだよ、生きるのは苦しいよね、死んだほうが楽だよって、

胸を張って言えないことが心苦しくて、

わたしは何度も死にかけたけれど、呼吸停止に痙攣に、その全てが痛かったし苦しかったから、死の苦しみの方がましだとは言えないんです。

だからわたしは、貴方が少しでも楽になるようにと祈っているし、そうすることしかできません。

救ってあげられなくてごめんね。

助けられなくてごめんね。

それでもわたしは、生きて貴方が笑っている姿が見たいんだ。

自分の死を願いながら、ひとには生を望むなんておかしいけれど、

貴方にはどうか生きて幸せになって欲しいから

わがままでごめんなさいね。

これが「死にたい」を引き止めるわたしの正直な気持ちすべてです。

広告
タイトルとURLをコピーしました