広告
広告

同等な立場なはずなのに指示を受ける「中年男性と若年女性との身分差」|中年男性の横柄な態度にジェンダーギャップ

考察

こんにちは、しのんです。

今回ははるかが病気にかかってから就業した派遣先で受けた行為について、はるかはあまり思い出したがらないので代わりに告発します。

前提

前提として、その日はとあるホテルの布団敷き及び食器洗いなどの仕事を「派遣」として中年男性と2人で受けていました。

わたしもその男性も、そのホテルでの就業は初めてでした。

男性の年齢は不詳です。

外見ではいくつかわかりませんでしたが、白髪の量から大体50代くらいではないかと思います。

そしてわたしはその日2つめの仕事で、薬を大量に飲みながらなんとか全身を動かしている状態でした。

仕事について

布団敷きはシーツの巻き方にコツがあり、男性が不器用だったためわたしが難しい方を担当していました。

このサイトを頻繁にご覧になってくださる方はご存知の通り、わたしは右腕が不自由です。

基本的には動きません痙攣では動きますが、意思に沿うものではありません。

重力の利用と気合いとで、なんとか動かしていた状態です。

食器洗いは大切な部分を職員さんが担当し、そこから自動洗浄機を経て出てきたものを分類して棚に戻すという作業でした。

受けた行為

ここからはわたしが男性から受けた行為についての話です。

布団敷き

部屋ごとに宿泊人数が異なるので、聞いた人数分「どうやって並べるか」をホテルのルールに従いながら考えなければなりません。

テーブルが邪魔になる場合は、それを立てて移動させる必要もあります。

男性はそれが一切できず、すべてわたしの仕事となっていました。

布団の配置を考えて「こう敷きましょうか」と言わなければ男性は立ったまま動かず…

押し入れから布団を取り出すのもわたしの仕事。

男性はただ出されたシーツを布団にかけるだけでした。

シーツをかけるのも簡単な方、かぶせて余りを巻くだけのものです。

なのに男性は「真ん中じゃない」「もっと引っ張れ」などと偉そうに指示してきます。

引っ張るのは男性が担当している方の役割で、真ん中は見る角度の問題です。

わたしは男性以上に働いているのに、なぜか「同じ派遣という立場であるはず」の男性からやたらと指示を受けました。

あまりにもわたしの使い方が酷かったので、

「わたし、体温が上がると力が抜ける病気なんです」

と伝えました。

わたしの持病の1つである多発性硬化症は、体温が上がると脱力するのが特徴です

すると男性は、

「まさか~!そんな病気聞いたことない!」

と答えて一笑に付しました。

あなたが聞いたことなくても、あるんですよ
難病指定されてるんですよ

全身不随の後遺症もあって顔にしか汗をかけないわたしの体温はみるみる上昇していき、すぐに歩くのもふらつくようになりました。

それでも男性は信じず

  • わたしが押し入れから布団、シーツ、枕などを出すのを座って待っており
  • テーブルを運ぶのを手伝おうともせず
  • シーツの巻き方も大変な方を任せ続け
  • そのくせ「もっと引っ張れ」と命令ばかりしてきました。

さすがに「あなたが引っ張ってください」と言いましたが、まったく聞き入れてはもらえずに指図ばかり受けました。

食器洗い

食器洗いでも男性の仕事は「分類するだけ」という定位置から動かない、歩いても数歩程度なのに「これはそっち」「これはあっち」と指図を受けました。

わたしには雇用主から「洗って分別された食器を棚に戻す」という別の仕事が与えられていました。

つまり男性の傍にいたのは、男性の「分別」という仕事が終わるのを待っていたからに過ぎません。

雇用主にはわたしの病気のことを伝えてあったので、重い物を持つ手伝いやこまめに休憩を挟むなどの対応をしてくださりました。

ただ「同じ立場のはず」の男性はここでもわたしに命令し続け、結局男性は一切動かないままわたしが男性の分の仕事もして、その後の仕事もするという謎事態になりました。

これで給料が同じなんだから、キレそうでした

そして最後に「給料の請求の仕方教えてあげようか?」と、出会い頭からずっと言い続けていたセリフを何度も繰り返し、

何度断っても繰り返し

電車にも一緒に来ようとしたのでわたしは用もないコンビニへと逃げました。

考えてほしいこと

わたしは外見からは一切健常者と変わらない神経難病患者です。

現在は歩き方で障害者とわかります(そもそもほとんど歩けない)が、それでも車椅子で入院していたって「どこが悪いの?」「健康そう」と言われます

ただもし仮にわたしが健常者だったとしても、この男性の態度を考えてみればおかしさに気がつくはずです。

  • お互い初めての現場なのに、出会ったときから「教えてあげる」と上から目線
  • 力仕事をはじめとする、大変な仕事を一切手伝わない
  • わたしが働いている間にも勝手に座って休んでいる
休憩は別で与えられます。男性は数十分単位、わたしは数分単位で小刻みに与えられていたというだけで、合計時間は変わりません。
  • 当然のようにわたしに命令する
  • 呆れた雇用主が男性に別指示を出すほど、働かない
  • テキパキ動いたわたしと給料が同じ

ただの不満ではありません。

もしわたしがこの男性と同じ年代の男性だったなら、このような「同じ立場なのに命令する」「勝手に休む」などという事態は起こらなかったはずです。

つまりこの背景にあるのは、

若いんだから動けるだろう

という勝手な認識と、

女性なんだから文句を言ってこないだろう

という舐め腐った態度と、

若い女性なんだから何も知らないだろう

という心底腹の立つ理論(?)なわけです。

以前にも老年?男性と話して不愉快な思いをしたことがありましたが、それをリアルに体験した形です。

最近「男性が女性の言うことを聞いてくれなかった例」というものをよく目にしますが、この男性の「自分の知らない病気は存在しない」という考えもその1つだと思います。

どこまで博識だと思いこんでいるんだ、という話…

世界にはたくさんの病気があって、わたしも自分の外の病気はまだ解析中で名前すらきちんと知らないのに、「そんな病気はない」と言って「若いから動ける」と考えるのは大間違いです。

この件についてはたくさんのご意見をいただきたいので、ぜひ下記フォームよりご意見ください。

誹謗中傷はおやめください。法的措置も検討します。

宜しくお願いいたします。

いただいているご意見

同じ50代としてその男性はとても恥ずかしいモノだなというのが率直な印象です。 その男性が置かれた環境で腐るのは本人の問題であり、他人に腹いせをして良い訳がない。腹いせなのかもわからないけれど。同じ立場で協力しようとは思えないのでしょうね。 例えば、もしも最初からタメ口を使ってくる若者がいたら内容によってはカチンとくることがありますが😂、筋が通っているなら飲み込めるし、改善しようと思って行動します。 その男性は最初から見下しているので改善しようという気持ちそのものが欠落していると思ってしまう。 その男性だけでなく、老若男女問わず一定数そういうモノ(意味不明なマウント取り)がいるのは仕事していて実感しています。
しのんさん、こんにちは。 上下関係だったとしても、性別や年齢が逆転していても、体温が上がるような話なのに、同じ立場で、尚且つ偏見と無知、無配慮も加わっているならば、察するに余りあります。 キレてもおかしくないのに、キレることなく抱えてしまったはるかさんの穏やかさを求めている気持ちも伝わってきます。 人が不完全である限り、人が生み出す社会や司法も税制も不完全・不平等です。理不尽な世の中です。そんな世の中に絶望してゆく人を、私含めてたくさん見てきました。 私一人が個人としてできること、そして社会の構成員として果たすべきことがあることを常々考えています。 高額納税者のほうが、自分の税金がどのように使われるか、政治や社会福祉に強い関心を持っていて、「低所得の健常者」ほど我関せず。ジェンダーギャップ、ジェネレーションギャップの温床になっている気がしてなりません。特に、その年配の方の世代はその兆候が強い世代なのではないかと推測されます。 社会について考える前に、個人の幸福権が優先されなくてはなりませんから、そのような人との関わりをいかに少なくして、理解ある人との健全な関係を築けるようにするか、しのんさんたちが心安らぎ、いかに負荷なく病と闘えるか、それを支援するのが社会の役割なのではないかと感じました。

思ったことを書いて送信ボタンを押すだけでOKです!

広告
まぁるいせかい管理人
haruka(はるか)

多発性硬化症+名前も研究中の希少難病などを併発した23歳女子。京大医学部中退。仕事は小説家とライターとカウンセラーと極秘。
今の夢はお嫁さんと福祉用具開発プロジェクトの成功☆
詳細プロフは管理者情報を見てね♡

#haruka(はるか)を応援する
考察心理分析
#haruka(はるか)を応援する
haruka(はるか)のまぁるいせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました