広告
広告

発達障害系理学療法学vol.1~行動主義心理学と発達~

授業内容
この記事は約7分で読めます。

発達と成長の定義

発達と成長の違い

  • 発達機能が伸びること
  • 成長大きさ(mass)が伸びること

行動主義心理学

ソ連前のロシアにおいてパブロフという消化腺の研究でノーベル賞を受賞した研究者の提唱した行動主義心理学における「古典的条件付け」という理論(通称:パブロフの犬)だが、ロシアで革命が起こり、レーニンを主とする「ソ連」が生まれ、それにアメリカが対抗して自由意志に基づいた「オペラント条件付け」という理論を生み出した。

現在はオペラント条件付けが、環境の違いなどがあっても同じような発達(四つ這い、歩く、など)の過程を辿ることを考えると、人間の発達を表していると考えられている。

 

古典的条件付け

古典的条件付けとは、異なる刺激を対提示された反復する経験により、無関係な刺激間で連合が起こり、反応が変化することを言う。
外界の働きかけで学習するという点が特徴
  • 無条件刺激では無条件反応(生理的反応)が起こる。

例)犬の前に餌を置くと唾液が出る。

  • 条件刺激では条件反応(学習された反応)が起こる。

ex)犬に餌をやる時に、ベルを鳴らしてから餌を置くと、ベルを鳴らすだけで唾液を出すようになる。

  • 2次条件刺激によって条件刺激は起こせる

ex)名前を呼ぶ→ベルを鳴らす→餌を置く

3次条件刺激以降恐怖等によってのみ条件刺激を起こすことができる。

 

 

略語一覧

  • 無条件刺激:US:Unconditioned Stimulus
  • 無条件反応:UR:Unconditioned Response
  • 条件刺激:CS:Conditioned Stimulus
  • 条件反応:CR:Conditioned Response

 

 

古典的条件付けにおける強化、消去、般化、分化

  • 強化:無条件刺激を反復して条件刺激と連合させること
  • 二次強化:一次条件刺激による二次条件刺激の強化
  • 消去:条件刺激のみを提示することで、学習させた条件反応を消すこと。
ただし、消去には条件刺激をつけるのに施行した回数と同じ回数のネガティブな刺激を与えなければならない。

例)ベルを鳴らしても餌が出てこないようにして唾液が出なくなるようにする。

  • 般化:類似した条件刺激でも条件反応が生じること。

例)ベルを鳴らして餌を与えていたら、ベルに似た音にも反応して唾液が出てくる。

  • 分化:特定の条件刺激のみを強化することで、類似刺激への反応が消えること。

例)あるベルを鳴らしたときだけ餌を与えるようにして、他の似た音では餌を出さないようにして唾液が出ないようにする。

 

 

オペラント条件付け

ソ連に対抗して生まれた、とはいえ、「パブロフの説明では自由意志が存在しない」というまっとうな主張のもと作られた理論。

オペラント条件付けとは、強化を伴う自発的行動がその生起率を高めるということ
自発的行動で学習するという点が特徴
オペラント:外界に対する自発的な働きかけ

例)ある目的における行動パターンが二つある場合、成功した行動が強化されることで、次回以降のその目的において、成功した行動の生起率が上がる。

運動学習にはtrial and error(試行錯誤)が大切

学習のReadinessについて

運動発達にはtrial and errorが重要ではあるが、それが全てではないとGesell A.は一卵性双生児での実験を元に批判した。

 

実験内容遺伝子が一緒の子(一卵性双生児AとBにおいて、階段上りのスピードについて

  • A:出生46週から52週まで6週間
  • B:出生53週から56週まで2週間

と、学習期間、学習時期を変えてトレーニングを行った結果、

53週時点:Aが17秒、Bが45秒

かかったが、

56週時点:Aが11秒、Bが14秒

と、最終的にはほぼ同じ能力になった。

 

そこから、

学習にはReadinessが必要である

すなわち、

機能的発達においては、基礎準備(Readiness)が必要である

と言われた。

立つ、歩くなど1歳までの発達的機能は学習によらず、学習のreadinessが重要である。

三輪車などの1歳以降の機能は経験学習による

運動発達の原因

運動発達の原因にも、様々な説が唱えられた。

Neural-maturationist theories(神経成熟理論)

Gesell, Mcgrawの説 “Readiness”

遺伝的要因→神経成熟→経験/学習→運動発達

という段階を経て初めて運動発達するという理論。

これは以下の説、幼児の行動を元に提唱された。

  • 神経成熟:Neural-Maturationでは
    • 頭尾律:上→下の発達。脳からオリゴデンドロサイトが下りてきて、軸索が髄鞘化する。完全に髄鞘化するには2年かかると言われている。
例)首が座る→座る→立つ
原始反射はどこまで中枢発達しているかの評価に有効と考えられたが、これは誤りである!
  • 経験/学習:Experience/ learningでは
    • 古典的条件付け
    • オペラント条件付け
    • trial and error(試行錯誤)

 

また原始反射では、以下の図の通り↓

Righting reaction:立ち直り反射。重力や外乱刺激に抗して体を整える反射のこと

 

しかし、運動発達から中枢神経系への影響があること(うつ伏せとあお向けの実験)、自動歩行などの運動発達と言える反射消失が再び現れることから、神経成熟理論への批判が高まった。

うつ伏せとあお向けの実験

新生児を「うつ伏せ」もしくは「あお向け」で寝かせると

  • 手支持座位
  • 腹這い
  • 四つ這い
  • 立ち上がり

の開始時期に有意差が見られた。

うつ伏せに寝かせた方が開始が早くなった。

自動歩行

新生児期に見られる、赤ちゃんの足を地面につかせて胴体を支えると、足が動いて勝手に歩行を始める反射のこと。

成長とともに消失する。
これは成長して筋肉/体重が減少することで説明される。
しかし、水につけるなどして軽くしてやると、完全に消失したと診断された児童でも自動歩行が再び現れる
これらの実験より、反射の消失=神経成熟ではないと考えられた。
よって、Readinessの要因には
  • body(身体的)
  • neural(神経的)
  • cognitive(認知的)

なものがあり、神経成熟だけでは説明できないとされた。

そして加えられたのが、細胞群選択説と動的システム理論である。

神経細胞群選択説

刺激により応答を起こせた神経細胞群は生存し、応答を起こせない神経細胞群は淘汰されるという説

Hebb則に基づく
Hebb則:入力信号に対して興奮した細胞とのシナプスの連絡は強化される。また、入力信号に対して興奮しなかった細胞とのシナプスの連絡は弱化され、断たれていく、という理論。
シナプスの連絡強化には、連続刺激で細胞内膜電位が上昇し、チャネルを塞ぐMgが外れてNaチャネルが浮上してくる、long term potentiation、軸索が太くなる、シナプスが多くなるなどの変化があり、活動依存的に変化する。
生物界の「群選択説」(生存に有利な特徴をもつ群は生存し、生存に有利な特徴をもたない群は淘汰される)と似ている

 

単純な連絡→ジェネラルムーブメントこれ邪魔されると、動くときの感覚と運動のフィードバックがない→DCDなどに発展する可能性がある

とりあえずどんと運動のレパートリーを広げておいて、状況に応じたものを強化しているのでは、と考えられている。

ジェネラルムーブメントについては→https://harukams-medicalbeauty.com/hr5/

 

発生選択と経験選択

  • 発生選択状況依存性のない運動の多様性(新生児が意味のなさそうな動きをする)により、シナプスの過剰投射を起こし、運動の多様性を生む
  • 経験選択:Hebb則による強化で、状況に応じた運動の多様性を生む

 

動的システム理論

運動発達は神経成熟のみによって起こるのではなく、環境などのほかの要素も関与し、多くの運動に関連するシステムの自己組織化が運動を形成する過程(運動発達の過程)であるとする理論。

タイトルとURLをコピーしました