広告
広告

骨盤体操/骨盤矯正のコツ

美容

はじめに

今流行りの「骨盤体操/骨盤矯正」ですが、どこがポイントかについて具体的なトレーニングの紹介も含めて説明させていただきます。

骨盤体操

1番有名な骨盤体操は、立った姿勢で骨盤を前後左右に揺らす、というものではないでしょうか。

前後、左右に揺らすことにより、骨盤の乱れが矯正されて全身の歪みが取れる
ダイエットになる

とよく紹介されていますが、実はこの動きには、筋肉を使う大きなポイントがあるのです。

骨盤体操に使う筋肉

ここでは特に難しい骨盤を前後に揺らす動きについて説明させていただきますが、

まず骨盤を前に動かすときには、腹筋を使っています。

詳しくいうなら腹直筋、特に下部線維です。
これを知らないと、単なるゆらゆら踊りになってしまいます(^_^;)

骨盤や腰を前に揺らすのではなく、骨盤の底の方から上へと引き上げるようなイメージで、

ただし上体は動かさないので、腹筋をものすごく使うわけですね。

イメージ図↓

なので、骨盤体操をしてみて、「痩せないぞ!」「姿勢良くならないぞ!」という方は、こうした

腹直筋の下部線維を上手に使わないといけない

というポイントを押さえられていない可能性があります。

ちなみにうちの母はそうです(^_^;)

ということで、以下で簡単な腹直筋の鍛え方と、ポイントを押さえた難易度の低い骨盤体操をご紹介致します!

わたしは体幹に力が入らない日や姿勢が大きく崩れる日もあったので、そうした日に自主トレとしてPTさんに入院中に教わったものです(*^^)v

簡単な腹直筋の鍛え方

筋トレ、というと激しいものを想像しがちかと思いますが、これは非常に緩やかで優しくて簡単で続けやすいです。

前置きはここまでにして、

方法

  • まっすぐ寝転びます
  • お腹の下の方を意識します
  • 下半身全体を引き上げるイメージで力を込めます

終わりです(*^^*)

最後の項は、実際に数センチ足が引き寄せられる、というのでもかまいません。

どうでしょう。筋トレという割に簡単と感じられた方も多いのでは?

下腹部にある、恥骨という部分がありますよね。

(写真:もみの木整骨院HPより)

厳密には恥骨結合という部分ですが

ここを頭の方へ引っ張るイメージだと、なおやりやすく感じるかと思います(^^)

骨盤体操

では難易度の低い、大事なポイントを押さえやすい骨盤体操をご紹介させていただきます。

まず

座った姿勢で

骨盤を前後に揺らします。

手をテーブルなどの台に置いていただいてもかまいませんが、このとき台の高さは、座った姿勢での肩の高さくらいが好ましいです。

ポイントは、しっかりと骨盤を後傾させること。

といって、「寝転んで下半身全体を引き寄せたときの骨盤の動き」をここで再現することです。

これをしっかりしなければ、前後するときに力が入らず、結局

効かない骨盤体操

になってしまいます(泣)

できればみなさまに「効く骨盤体操」をしていただきたいので!
先程の寝転んでの腹筋でしたら少し年配の方でもできるかなと思いますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

以上、骨盤体操のコツの豆知識でした~(*^^)v

広告
まぁるいせかい管理人
haruka(はるか)

自称小説家の漫画家志望。仕事はライターとカウンセラー。
多発性硬化症、うつ病、WPW症候群、スティッフパーソン症候群疑いなど100万分の1レベルの希少難病を併発した23歳女子。京大医学部中退。
今の夢はエンジニアとお嫁さんと「人間として生きること」
「君の絶望は僕が背負った!」が決めゼリフ。

#haruka(はるか)を応援する
美容筋トレダイエット
#haruka(はるか)を応援する
haruka(はるか)のまぁるいせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました