広告
広告

死こそが人間を人間にする?人間合格の基準とは|「HUMAN LOST/人間失格」ネタバレ感想レビュー

レビュー
「恥の多い生涯を送ってきました」

白髪の少年が有名な太宰治の「人間失格」のフレーズを口にしながら、長い刃物で自らを刺すシーンで始まる「HUMAN LOST/人間失格

受賞歴もかなりあるのに観客にはなぜか評判の悪いような?この映画について、割と肯定的な考察&レビューをしていきます。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

作品情報

「HUMAN LOST/人間失格」は

  • 原案:太宰治
  • 原作:冲方丁

の、原作ありきのストーリーです。

アニメーション制作会社が奇を衒って「ウェイ」したものではありません

公式サイトより

公式サイトより引用したあらすじは以下の通り。

「恥の多い生涯を送ってきました」

昭和111年――医療革命により死を克服し、環境に配慮しない経済活動と19時間労働政策の末、GDP世界1位、年金支給額1億円を実現した無病長寿大国・日本、東京。

大気汚染と貧困の広がる環状16号線外〝アウトサイド〟で薬物に溺れ怠惰な暮らしをおくる〝大庭葉藏〟は、ある日、暴走集団とともに特権階級が住まう環状7号線内〝インサイド〟へ突貫し、激しい闘争に巻き込まれる。そこで〝ロスト体〟と呼ばれる異形体に遭遇した葉藏は、不思議な力をもった女性〝柊美子〟に命を救われ、自分もまた人とは違う力をもつことを知る。

暴走集団に薬をばらまき、ロスト体を生み出していたのは、葉藏や美子と同じ力をもつ男〝堀木正雄〟。正雄はいう。進み過ぎた社会システムにすべての人間は「失格」した、と。

文明崩壊にむけ自らのために行動する堀木正雄、文明再生にむけ誰かのために行動する柊美子。平均寿命120歳を祝う人類初のイベント〝人間合格式〟を100日後にひかえ、死への逃避を奪われ、人ならざる者となった大庭葉藏が、その果てに選択するものとは――

貴方は、人間合格か、人間失格か――

引用;公式サイト

 

鑑賞より

観て得られたあらすじは以下の通り。

人間は「健康基準」で合格と降格した人とにわけられる。

舞台は環境汚染が進んだ世界。世界健康機関(?):通称「シェル」のある東京。

合格とされた人間は守られた安全圏で、ガスマスクをかぶり通勤。

降格した人間は廃墟同然の地域で、土木などの比較的危ない仕事に就く。

全人類は埋め込まれたシステムにより死なず、半身が吹き飛んでもハイテクな義手や義足で補われ、仮死状態からも復活させられる。

そのシステムの要となるのは「アプリカント」という存在。

人は死なないが、死の代わりに「ロスト」という現象を起こして怪物化し周囲の人間を襲うことがあり、討伐対象となる。

主人公の葉蔵は兄的存在だった正雄にもらった薬により一度ロストする。

しかしロスト後「覚醒(?)」し人間に戻ったことで、現在人類を導いている第2のアプリカント・美子から「第3のアプリカント」だと認定される。

「いつか全員が差別なく不老長寿を」と未来を信じる美子と、「人は人として死ぬべきだ」と未来を嘆きやり直しを図る正雄との間で揺れる葉蔵。

そんな葉蔵は最後にどんな選択をするのか――

みたいな話に感じました。

ちなみに「健康基準」がどこにあるのかは不明。

安全圏に入れて良いかは120歳を超えたお偉いさんが選んでいる模様

考察

ここまで議題を提示されれば、当然ながら考察内容は

  1. 健康長寿こそが人間の幸せなのか
  2. 人間として死ぬことの意義とは

の2点でしょう。

他にも思ったことは多々ありますが、言葉にするのが難しいのでまずはこれだけ

健康長寿こそが人間の幸せなのか

こちらは美子が夢見て、最後に間違いだと気づいたほうです。

 

無病息災、健康長寿こそが幸せであり、万人の願いであるはず
自分はそのために尽くしている
そんな信念のもとに美子は行動しています。

アプリカントは全員なんらかの能力をもつようですが、美子の能力は「触れた者をロスト体を人間の姿へと戻す」ことです。

そのため、葉蔵がロストする度に人間へと戻し、葉蔵が「ロスト体を操る」能力をもつ第1のアプリカント・正雄に操られた際にも人間へと戻しています。

ロスト体すべてをなぜ人間に戻さないのかといえば、普段は美子がシェルと呼ばれる機関中枢から出ないためであり、葉蔵も第3のアプリカントとして他のロスト体と異なる点を見せ保護対象とならなければ討伐されていたことでしょう。

ここで謎です。

 

健康長寿を謳いロスト体を人間の姿へと戻す能力をもった美子は、なぜ普段ロスト体が討伐されるのを良しとしているのか?

 

サクッとネタバレですが、後で正雄が指摘するように「健康長寿こそ万人の願いであり自分はそれに尽くしたい」という思いすら長寿の偉い老人たちに植えつけられた気持ちだからです。

なので普段は社会に役立たないとされるロスト体は討伐し、健康な者を生かすよう全力を注がされています。

社会に役立たなければ死ねってことですね、はい、わかりますよく言われるんで

 

120歳を超える人たちが政治の実権を握り「自分たちがより長く生きることが人類の健康基準の引き上げにつながる」と宣う世界。

「長く生きるのがそんなに偉いか?」と言いたくなりますが、シェルのサポートがあるので病気やケガでは死にません。

 

寿命でのみ死にますが、いかんせん働いていないので!

「ストレス死」「過労死」もありません!

19時間労働しても脳内物質やホルモン分泌をシェルによって調節されるので、疲労やストレスなど感じません!

 

何十年もただひたすらに、健康基準を超えるまで働かされる世界。

これは一体、幸せと呼べるのか。

 

わたしはTwitterで「病気のない世界に引っ越したい」と言ったことがありますが、そしてこの映画で描かれているのは確かに病気のない世界ですが、自分の脳内までいじられてしまえば

何が幸せなのかわからなくなる

それは御免です。

 

「何が幸せなのかわかる」ことは「何が不幸せかわかること」

「何が自分の望むもの」で「何を望まないか」わかること

 

「快・不快」の感覚は新生児が最初に獲得する感覚です。

それを他人に操作されるのは不愉快だし、恐らく「不快」がなくなれば反対概念の「快」も感じられなくなるのではないでしょうか

冒頭で描かれる、満員の通勤電車に一足乱さず列をなして誰一人何も言わずに進んでいくインサイド(安全圏)でのシーンで、その文句すら言わない従順過ぎる人々の姿は強調されていたように思います。

 

19時間労働しても、人々は当たり前で、疲労を感じない代わりにきっと幸福も感じていない
健康長寿こそが幸福だと「思い込まされて」いるから

 

その分、「降格」しアウトサイドで生きる人たちは、シェルにある程度コントロールされているとはいえインサイドほど管理されていないため、感情も表情も豊かです。

わたしには自分の感情に実直に生きるアウトサイドの人たちの方が、幸せそうに見えました。

少なくとも1日19時間労働は嫌だ…

人間として死ぬことの意義とは

これは現代社会において語るとなると相当難しいのですが、この映画に関してだけ言うのであれば、

ロストせず人間の形を保ったまま、延命せずに寿命を受け容れて死ぬことの意義とは

となります。

これだと少し考察が簡単になります。

ポイントは2つ。

  1. 人間の形を保って死ぬということ
  2. 寿命を受け容れて死ぬということ

この2点について、「全人類、失格」という壮大なスケールのスローガンをもつ物語は、技術を信じるか心を信じるかを「死」を中心として対照的に描かれています。

再生医療やナノマシンの技術を進めシェルシステムを完成させた、世界最後の医者である正雄。

第1のアプリカントとしての役割を担っていた彼は、途中で過ちに気づきシェルへ反発します。

アプリカントの条件は、死して蘇ること
正雄の死因は描かれていませんが、美子は「人間のまま死にたい」と言った父親に殺されています

 

正雄は「怪物であるロスト体こそが人間の真の姿であり、我々はシェルに無理やり人間をやらされている」とシェル体制を批判し、人類を一度全滅させ、遺伝子レベルから新たに人類をやり直すこそが、人間が人間のあるべき姿に戻る道だと唱えます。

正雄の後継としてシェルの中で健康長寿の指標である「文明曲線」を守らされている美子は、技術の進歩こそが万人を健康長寿にする幸せな未来につながると信じています。

 

要するに、

技術を信じ今の人類を延命させることが良い未来につながると「可能性を信じた」美子
心を信じ、心を失った今の人類を死へ導くことが良い未来へつながると「考えた」正雄

の対立に、葉蔵が挟まれている形です。

 

こうして書いていて自分でも驚いたのが、「心こそが人間たる証であり、心を失った今の人類は技術に敗北した」と、心の存在を信じているのが正雄だということです。

美子ははじめから「わたしはそう信じています」と「信じる」を連発しますが、考えているのは人間としての生き方、在り方ではなく「こうすればみんな幸せなはず」という独善的な押し付けでしかありません

心については、最期に「わたしにも心があったんだ」と語る程度です。

 

ただ葉蔵は、

  1. 美子の見せるビジョンは環境汚染しきった時代では考えられないほどの青空なのに、正雄の見せるビジョンは現状より酷く退廃的な点
  2. 正雄のビジョンはロストして家族を殺した父親を連想させ、葉蔵のトラウマを刺激する点
  3. 自分を実験体としてロストさせた正雄よりも、自分を何度も救ってくれた美子に好意を寄せた点

から美子の側につきます。

 

しかし終盤で「いこう。俺たちはすべて間違っていた」と、死にゆく美子とともに技術を信じたことへの間違いを認め死を受け容れます。

結局葉蔵だけは生き残るのですが

操られていた美子すら間違いを認めた理由は、正雄の指摘する通り「老人たちは自分が死から逃げているだけだ」ということを「我々にアプリカントの遺伝子を細胞レベルで移植せよ」との命令で痛感したからでしょう。

 

人間の形を保って死ぬということ

美子は「触れた者を人間へ戻す」能力により、ロストした父親を人間の姿で死なせることに成功しています。

 

一方でその能力を持たない正雄は、ロストした愛する人・静子をようやく完成したロスト体への毒物で殺します。

姿が変わってから、静子がロスト体として暴れた様子はなさそうです。

恐らくこれが正雄なりの「人間の姿のまま死なせる」、つまり「人間の心を失いロスト体となった段階で死なせてあげる」という優しさなのでしょう。

 

人間として、外見だけを保っていればいいのか、それともそこに心が必要なのか。

 

人の皮を被った悪魔のような奴は、残念ながら存在します。

たとえばわたしが度々挙げている、「現代いじめについての考察」

この中で出てくるいじめっ子を、わたしは人間扱いできるかとても悩みます。

もちろん彼なりに上下関係があったのは理解していますが…

 

そしてわたし自身も、人の皮を被った悪魔のような奴でないとは言い切れません。

そもそもわたしがこの映画を観たきっかけ自体、ある方に「カウンセラー失格どころか人間失格だ」と言われ、まだ活字を読むのは大変なのでまずは映像で「人間失格」を観てみようと思ったからです。

この時期なら「人間失格~太宰治と3人の女たち~」が旬かとは思いましたが、特に男女関係に興味があったわけではないのでこちらを選びました

 

「HUMAN LOST」の中では「ロスト体」と外見がわかりやすく変化しますが、現実では人間性を失ったからといって外見の変化はありません。

問題はこの「人間性」が何を示すのか。

 

「人間性=理性」だという解釈なら、このロスト体が何を表しているのかといえば「本能のままに行動するおぞましい姿の怪物」、つまり「理性を失った人間の本性」なのではないでしょう。

ただ「人間性=愛情をもてる心」という解釈なら、ロスト体が表しているものは「破壊欲(食欲?)以外に欲求をもたない動く屍」となるでしょう。

わたしはこの作品が表現したかった「ロスト体」は後者な気がしています。

 

その証拠に、葉蔵は自分の意志でロストを覚えるまで、暴走して親友の竹一を殺し、美子まで手にかけようとしています。

人間のときは「竹一は親友だ」などと言っているのに、です。

 

また葉蔵は初めてロストした際に、美子に「意識や自我が残っている」として討伐されずシェルに身柄を拘束されています。

静子は姿が変わったにも関わらず、暴れずにベッドに寝ており、正雄から人間として扱われています。

 

この2点から鑑みても、この作品でのロスト体、つまり「人間失格者」とは「人間としての心が死んだ者」を表すのではないでしょうか

 

寿命を受け容れて死ぬということ

老人たちがひたすらに拒んだ「死」ですが、死への恐怖がないわたしにとっては理解不明の感情です。

と言い切れれば良いですが、2年半前まではいたって普通のちょっと地味かもしれないけどインスタ映えとか気にしちゃう女子大生だったので、気持ちは多少わかります。

 

今となっては早く死んでこの体から解放されたいですが、健康長寿なら人生楽しいこともたくさんありますから、死が怖いのも当然の感情でしょう。

ただ、「終活」という言葉があります。

人間はいつか死ぬもので、死を克服して永遠を生きるのは人間の在り方ではない
それに犠牲を伴うのならなおさら

というのが正雄の意見で、わたしもそれに大賛成です。

 

人間など長寿程度で十分です。

誰かを犠牲にしてまで老人がひたすら延命を繰り返すことが文明の維持につながるなんてことはなく、そうした延命の技術はもっと若くして死を迎える人に使われるべきです。

というか、誰かの細胞を取り込んでまで延命したいというのがなんとも…

 

わたしは再発やら呼吸困難の筋痙攣が激しくなる度に血を抜いて人様の献血からできた血液分画製剤というたんぱく質を補充して生き延びている身なので強いことは言えませんが、たとえこの血液のクリーニング(透析とは違います)ができずに死んだとしても文句はありません。

死は怖くありません。

ただ、親しい人と二度と会えないというのは、少し悲しいかな…

 

ということで、やっぱり人はいつか死ぬものなんですよ。

平均寿命が120歳を突破したとはいえ、老衰では死にます。

一般人は死にます。権力者だけが延命処置を受けます。

選ばれし者だからといって、誰かを犠牲にして良い訳がありません。

120歳を超えたというのなら、大人らしく死と向き合う覚悟ももっているべきでしょう。

 

文明を牽引するのに必要だというのなら、美子も止めませんでした。

しかし延命が自分たちのためだとわかったとき、移植された美子のパーツは拒絶反応を起こしてロストを招きました。

死と向き合う覚悟があり、文明のために延命が必要だというのなら、HUMAN LOST=人間性を失う=人間失格しなかったのではないでしょうか。

感想

ここからは単なる感想となります。

書いている現在、薬の影響で躁状態がかなり強く出ておりハイテンションなため、苦手な方はUターンをお願いします。

ライター契約していた好きなネタバレサイトが潰れて執筆が減ったので多少ストレスなのです笑

ではでは。

葉蔵のおもしろ設定

まず葉蔵についてですが、正直このページを書くために公式サイトで設定を見たからわかったものの、「薬物依存で女にだらしない」設定は一切わかりません。

確かに初登場シーンは心臓が止まった仮死状態で出てきますが、正直何でそうなったのかわかりません。

口の端からよだれ垂らすシーンから始まる主人公笑。

これも「恥の多い生涯」の一部なのかなあなんて。

 

女性問題に関しては、むしろ寄ってくる女の子に常に冷たいので美子への反動が不気味なほど。

美子をそこまで愛するパワーがどこにあったのか不明。

まあ自分の代わりに切り刻まれた美子に何かしらを感じなければ、それこそ人間失格だよなと。

 

あと、よく裸になります笑。

ロストすると体格がかなり変わるので、恐らく服はビリビリなのでしょう…

元に戻ると服を着ているのもファンタジーですが、毎度裸になるとさすがに笑ってしまいます笑

  1. 裸に引かない人たちで良かったな!
  2. 薬中で運動してないくせにたるんでなくて良かったな!
  3. 同じ服を何着持ってるんだ笑

という3つはツッコませてほしいですね。

 

最後の「俺たちはすべて間違ったんだ」は泣きました。

ここはちゃかしません。泣きます。

太宰治と人間失格のポジティブパロディ

正直この作品が低評価を受けるのは、正雄の

「心中に失敗したような顔だな」

というセリフや、葉蔵の

「何度でも死に、何度でも蘇る」

といった、愛人との心中や自殺に何度も失敗した太宰治と、それを描いた「人間失格」の「ポジティブパロディ」としての要素が強かったのでは?と思います。

映画自体の分類はSFアニメとなっているので一応太宰治の人間失格とは別作品だし、原作は冲方丁さんなのですが…

恐らく純文学が好きな人にとって「太宰治の苦悩の末の自殺が何度も未遂に終わる悲劇」をこうして「ロスト体と戦闘できるように自分がロストするための自殺」と取られると複雑な思いがあったのかなと。

その辺りは知りませんが、これはこれで楽しめる作品です。

美子の気持ちと幸福

美子が「自分にも心があったんだって」と嬉しくなった原因は、長老的人たちに「自分たちが長生きするようアプリカントの遺伝子を差し出せ」と言われ、「胸にどす黒い感情が渦巻いた」からなんですよね。

正確には「葉蔵を脳死扱いとし臓器移植の検体とする」ですが、美子が身代わりになってもOKだったので意味は同じでしょう

 

つまり、善良な美子は長老たちへの不信感や嫌悪感を抱いたことで、初めて自分の感情を自覚できたことになります。

これは、わたしとしてはとても納得がいくのです。

 

一般的に「ネガティブな感情は悪」という風潮があり、「人を呪わば穴二つ」「誰かを呪えば自分に返ってくる」「ひとを嫌ってはいけない」など、「悪感情」を諌める言葉はたくさんあります。

ただ、「悪感情」を抱いているのは自分だとはっきりわかっても、「善感情」を抱いているのは本当に自分なのかわかりづらくありませんか?

 

たとえば、自分をいじめた奴を嫌って地獄へ落ちろと願ったとします。

このとき、願いの主体は自分で、相手は自分に害なす敵です。

「自分が、自分に害を与える奴らを排除したい」という思いの構造が非常にわかりやすいです。

 

しかし、たとえば募金をする、募金を呼びかける、ボランティアをする、といった善の行為の動機はと尋ねられれば、「誰かの役に立ちたかったから」という曖昧なものになるでしょう。

そしてそれが災害への募金など大規模なものであればあるほど、「社会風潮に流されているだけではないか?」という疑念がつきまといます。

 

実は社会風潮流されているだけなのに、誰かの役に立ちたいと思って行動しているように錯覚している

というのが「偽善者」と呼ばれる所以でしょう。

ただそう錯覚してしまうくらい、善の行動の動機となる「善感情」は対象が曖昧で、だからこそ主体も曖昧になりやすい

 

もちろん本当に信念をもって行動している人もいます。

わたしがこの体になってもボランティアをやめない理由は、最期まで誰かの役に立っていたいからです。

もう街頭募金に立てる体ではなくなったので、できることは限られてきましたが、それでもです。

 

ただこうして強い信念をもっていても、信念は他人から見えないので「偽善者」呼ばわりされることは多々あります。

そう言ってくる人は心が貧しいんだろうなあと勝手に憐れむことにして、わたしはわたしを必要としてくれる人のところへ行きます。生きます。

なんか逸れた笑

 

最後のバトルシーン

最後のバトルシーンがわたしにはかなり難関でした。

というのも、触手。

グロは大丈夫でもぬるぬるタコさんなパイレーツ・オブ・カリビアン的なものがかなり苦手なのですが、最後に触手が出てきて……

「よく見れば綱模様」ということで乗り切りました(^_^;)

 

最後のバトルシーンはとてもツッコミどころ満載で、

「うっわ無重力w」

「ブラックホールかよw」

を経て、「あ、ロスト現象に巻き込まれてそうなってるのね、はいはい」と鑑賞2回めで理解しました。

触手が大丈夫な人にはバトルシーンもおすすめできますね。

紹介した作品

今回紹介した作品たちは以下です。

AmazonPrimeに加入していると無料なものが多いようなのでぜひご覧ください(*´ω`*)

 

わたしは加入していないので毎回レンタルしてます( ・´ー・`)どや
ただ今作は購入を考えています。普通に良い映画だった(・∀・)イイ!!
一応登録はこちらからできますが、既にご契約のサービスで探してみてもいいと思います…→AmazonPrime無料会員登録
  • DVD版

 

  • 小説版原作

 

  • 現代いじめについての考察

 

  • 人間失格~太宰治と3人の女たち~

 

  • 本家「太宰治/人間失格」

広告
タイトルとURLをコピーしました