広告
広告

これからの生き方に悩む人へ/「生きていくあなたへ」感想

レビュー

本の構成

日野原重明さん著、「生きていくあなたへ~105歳 どうしても遺したかった言葉~」

この本は、日野原重明さんの最後の著書であり、多くの人が人生の中で抱えるであろう悩みに対して日野原先生が答えるというインタビュー形式となっています。

日野原先生とは

プロフィール概略

  • 1911年10月4日、山口県山口市生まれ。
  • クリスチャン。
  • 1937年京都帝国大学医学部卒業。
  • 1941年聖路加国際病院に内科医として赴任。
  • 1992年同病院院長に就任。同名誉院長、聖路加国際大学名誉理事長を歴任。
  • 2017年7月18日逝去。

功績

  • 1973年(財)ライフプランニングセンター設立
  • 2000年「新老人の会」結成
  • 2005年文化勲章受章
  • 2007年日本ユニセフ協会大使就任
  • 2010年コルチャック功労賞受章
  • 他、「生活習慣病」という言葉を作る、など

感想

以下、読んでみての感想です。

本の構成がインタビュー形式なので、

問いに対する先生の答えのまとめ

それに対するわたしの感想

という形で述べていこうと思います。

 

死ぬのは怖くないのですか。
怖いです。だからこそ毎日、今日も生きていられるのが心から嬉しいです。

←わたしは怖くないので、残念ながら共感できませんでした。

毎朝起きて、今日はどこの筋肉が動くか、どこの感覚があるかを確かめて、できる範囲で動きながら、できないことにもチャレンジして暮らしています。

それでも、わたしにとっては生きている方がよっぽど勇気がいります。

生きるのに勇気がいる理由についてはこちら https://harukams-medicalbeauty.com/ikirukati/
命とはどのようなものでしょう
命とは、見えないけれど確かに存在する、エネルギー体のようなもので、尊いものです。わたしは子供たちに「命というのは君達が使える時間の中にあるんだよ」と伝えてきました。「子供のうちは、ご飯を食べて、勉強して、遊んで、与えられている時間を全部自分のために使いなさい。でも大きくなったら、その時間を他の人のため、社会のために使わないといけない。そう気づくときが来るよ。生きていた時間のうち、人のために使った時間の方が多い人が天国に行けるんだよ。そう話すと子供達は目をきらきらさせて聞いてくれます。」 命とは何であるか、本当に理解しているのは子供の方かもしれませんね。

←わたしもブログやツイッター、Facebookで命の大切さ、言葉の大切さについて訴えていますが(特に上記のリンク)、

では「命とは何か」と問われれば、自分の命はいつ手放してもいいものでしかなく、ひとの命に対する答えは未だ持ちません。

(大切なものだとは思っているので、自殺しようとしている人がいれば絶対に止めますが)

そんな中、「命というのは君達が使える時間の中にある」という先生の回答は、命を直接的に定義するものではないにしろ、腑に落ちるものがありました。

人間は生まれてから死ぬまで「生きている時間」があるのであって、それを人生と呼んでいる。その「ひとつの人生」という道を辿るのが「ひとつの命」「ひとりの人」であるのなら、時間=命と読み替えても良いのではないかと感じたわけです。

ならば、時間の使い方を考えることは、命の使い方を考えること。

そう考えると、先生のおっしゃった「生きている時間のうち、人のために多くの時間を使った人が天国に行ける」ということは

「自分の命を人のために使った人が幸せになれる」ということかもしれませんね。

 

自分らしく生きていく秘訣はありますか
ありのままで、あるがままで生きること。自分らしく生きたいと悩むときには、理想の自分と現在の自分との差に悩んでいるのではないでしょうか。頑張って精一杯生きている自分を受け入れ、それでもどうにもならないときはその状況も受け入れ、自分よりも大きな存在(神様)を信じて待つ、つまり人事を尽くして天命を待つということです。

←理想の自分ってなんだろう。

そう考えたときに思い浮かぶのは、病前の自分です。

手先も器用で、走りは遅かったけど笑、スポーツは好きでバスケやバレーは得意でした。

少林寺拳法や剣道をしていたので根性はあったし、作詞作曲してピアノの弾き語りでクラスメイトから褒められたこともあります。

勉強も得意だったし、読書も好きだった。

全部(少なくとも以前ほどは)できなくなったけれど、でも確かに以前の自分と今の自分を比べても無意味なんですよね。

わたしにできるのは「今できることを認めること」しかなくて、あとはどこまでできるようになるか、天命を待つしかないです。

でもそれは悲しいことではなくて、「したいことができるようになるいつか」を楽しみに待つことだってできるんですよね。

わたしは「自分らしく生きたい」と思って退院しましたが、

わたしが自主退院した理由についてはこちら https://harukams-medicalbeauty.com/taiin-day/

「自分らしく」という言葉がいかに曖昧か…。

当時はできない自分を認めてくれる人のところに帰りたい、という思いでしたが、

今振り返れば、できない自分を一番認めていなかったのは自分自身だったんですよね。

だから疲労で倒れるまで寝ずに筋トレしてたんだと思います。

(もちろん不眠症や痙攣硬直のせいもありますが)

だから、できない自分を認めた今は気持ちがかなり楽です。

とはいえ抑うつと躁うつの波があるので、穏やかな気持ちが続くことを祈るしかないんですけど笑。

最愛の人が重い病気に。何と声をかけたらいいのかわからず自分の無力さを感じます。
わたしは病を頂きましたが、病と相撲を取っているような感覚です。そしてそうするうちに、自分が闘っていたのが病ではなく理想の自分だと気づくのです。健康なときは幸せに気づかず不平不満ばかり言う、そんなことはありませんか。病は苦しいものですが、これまで無知だった自分を諫め、感謝という恵みをもたらしてくれます。あなたがもし最愛の人の病によってその幸福に気づけたのなら、その人に感謝の気持ちを伝え、ともにいることを喜び、ともにいられる時間に感謝して少しでも長く続くように祈り、励まし寄り添ってあげてください。相手の立場になって、かけてほしい言葉、してほしいことを探してください。

←確かに病気にかかって気づいたことはたくさんあります。

病気になって気づけたことはこちらhttps://harukams-medicalbeauty.com/post-239/

今までの自分の浅さにも気づけたし、

弱っている人の苦悩を知りました。

そして様々な人の優しさを知りました。

たくさんの優しさ出会った話はこちら https://harukams-medicalbeauty.com/post-170/

 本当は入院当時から書ききれないくらいいっぱいありますけど。

だから先生の言葉の意味はよくわかります。

ただもし重い病気にかかった最愛の人に感謝の気持ちを伝えるのなら、本当に相手の立場になって、かけてほしい言葉を考えてあげてほしいと思います。

というのも、わたしの経験談なのですが、血漿交換の1日目に不安になって母に「今から血漿交換行ってくる」とショートメールを打ちました。前日に首に差し込んでピヨーンと出っぱなしになっている管2本を機材に繋いで血を入れ替えるんです。痛いし、血を入れ替えるって普通に怖くないですか?事前説明で副作用が起こる可能性が低いことは納得したとはいえ、怖いものは怖いです。だから、「不安だろうけどがんばって」とか「無事に終わるのを祈ってるよ」とかの言葉を期待していたんです。そうしたら、返ってきた言葉は「ありがとうございます」。お世話をしてくれている担当医の先生方や看護師さん、治療を受けさせてくれる環境に感謝、というのはわかったのですが、「それ今わたしに言うことじゃなくない?!」とマジギレして泣き喚きました。今思えばどうってことはないんですけど、当事者は渦中にいるとき冷静さなんて失っていますから、それも含めて慎重に言葉を選ばないとな、と懐かしい気持ちになりました。(その後しばらく母の面会を謝絶したのは今となっては笑い話です)
先生は医療を通じて、どのように患者さんへの愛を表してきたのですか
医学とはサイエンス(科学)の上に立っているアート(芸術)である、というウィリアム・オスラーの言葉があります。サイエンスのない古代の医師にできたのは、患者の痛みを心の側面から癒すことでした。芸術というのは絵画などの作品ではなく、そこに秘められた優しさ、悲しみ、愛を指すのでしょう。それならば、現代の科学が敗北せざるを得ないような病をもつ患者さんに対しても、医師が患者のことを心から思い、笑顔で優しい言葉をかけ、手を握り、話を聞き…と、わたしたちにできることに終わりはないのです。

←この解答って医療だけに当てはまることではないですよね。

たとえば、余命数日の家族にどう愛を表すか、とか、

そこまで極端でなくても、自分の大切な人にどう愛を伝えるか、とか。

心から思い、笑顔で優しい言葉をかけ、手を握り、話を聞くこと。

人と人との交流の真髄のような気がしています。

突然の災害で家族を亡くしました。この悲しみをわたしは乗り越えていけるのでしょうか
わたしは病気だけでなく災害や戦争、不慮の事故で亡くなる人をたくさん見てきました。「どうしてこんな目にあわなければならないのか」と納得し難い気持ちになるような、人智を超えた出来事を、僕達人類はたくさん経験しています。しかし聖書には「神は越えられない苦しみは与えられない。そしてその中で逃れる道を与えてくださる」という言葉があります。あなたは今悲しみのまっただ中にいて、自分は一生笑うことがないと思っているかもしれません。それでも人間には、時間がかかっても必ず悲しみを乗り越える力が備わっています。「花は咲く」という歌がありますが、どんな戦地の後にも花は咲きます。愛することは信じることであり、信じることは待つということです。

←わたしにとって一番悲しかったのは、完治と寛解の違いを知った日でしょうか。https://harukams-medicalbeauty.com/kankai/

残念ながらその悲しみはまだ乗り越えられていません。

もう大丈夫、と思っているのですが、ふとした瞬間(たとえば両腕が痺れて動かなかった昨日の夕方まで)などに、

「ああ、この痺れは一生取れないんだな」

と思うと涙が溢れてきたりします。

今こうして書いている時間も、動くだけで痺れが取れているわけではないので

ただ、自分が徐々にこの体を受け入れつつあるのは感じます。

できることをできるうちにするしかないじゃん、と動けるときに調子に乗って動いては母にやりすぎだと怒られます笑。

ただ奇遇にも、わたしが最初に入院した病院の面会時間終了のお知らせの音楽は「花は咲く」でしたね…。

日本の医療界の改革に取り組まれた先生、まわりのお医者さんから反対されたことはあったのでしょうか
ありました。新しいことをしようとするほどまわりの抵抗は大きいものです。そういうときは、「わたしは本当にこれをやりたいのだろうか、なぜ、誰のためにやりたいのだろうか」と自分に何度も問いかける必要があります。

←これはすごく共感した項目でもあります。

というのも、このブログを始めたときに一番反対したのは家族でした。

「あんたの病状なんて周りだけ知ってたらいいやん」

「今やることじゃないやろ」

と。

また医療従事者となるはずだった身なので、医療関係のページを書くことで将来に影響が出ると困るとも言われましたし、

メルカリの記事が叩かれたとき

叩かれたときの話はこちらhttps://harukams-medicalbeauty.com/post-225/

に一晩泣き明かしたときには、

「泣いてまですることじゃないやん」

「もう発信なんてやめとき」

と言われました。

それでもわたしは発信したかった

なぜって、

あまりに苦しかったから

こんな思いはもう誰にもしてほしくないと思ったから

誰のためにって、みんなのために。

苦しんでいる人の苦しみが和らぐように苦しんでいない人が苦しまずに済むように

あれだけ叩かれたメルカリの記事だって同じです。
社会未経験の人にとってはどれだけ簡単を謳ったアプリでもお金が関わるものは怖いものだから、わたしみたいに失敗する人が出ないように、とただそれだけを願って書いたものです。(余計なお節介や利益が出ないとのコメントたくさんいただきましたが( ´Д`)=3)

わたしは自分の主張のできない、いわゆる「社会的弱者」と呼ばれる人の味方でありたいと思ったし、

これからもそうでありたいと思っています。

地位も権力もお金も、満足に動く体さえないけれど、まだこの脳が働くうちに

再発して言語や記憶領域がやられてしまう前に

(再発するとは思っていないししてほしくないですが、もう18ヶ所もやられているので正直わからない)

できる限り多くの人にこのMSという疾患を知ってほしいし、この社会をMSでなくても病気を抱えて生きる人にとって住みよい世の中に変えたいんです。

体が動かなくなる度に

感覚がなくなる度に

痙攣に呻く度に

目が見えなくなる度に

何度も問いかけます。

わたしは本当に発信したいのだろうか。なぜ、誰のために。

その答えが変わらないうちは、わたしは地道に発信を続けたいと思います。

 

人工知能をはじめ、医療分野では様々な機械化の波が来ています。危惧する声も一方にありますが、先生はどうお考えですか
医学、技術がどんどん発展していくことは素晴らしいことだと思っています。ただ、どんな未来が来ようとも医療従事者にとって最も大切なことは、患者さんを自分の家族だと思って接すること。機械化が進むほど、これからはますます愛を大切にする時代になってくるでしょう。

←わたしも医療従事者になる(はずだった)身として、「機械化が進む中で人間にしかできないことは何か」という議論を友人や先輩方と交わしたことがありますが、

わたしの中では答えはいつも決まりきっていて、「心」でしかないと思うのです。

わたしは臆病なので、日野原先生のように技術革新をわくわくした気持ちで見る、ということはできずに「どこまでが機械化されて、どこからの仕事(手技)は残されるのか」なんて不安に感じることもありますが、

心のケアは絶対に機械にはできないと思うのです。

きっと技術がどんなに発展して、機械が人間の感情を分析できるようになっても、

人間の心って入り組んでいて複雑でどうしようもなく矛盾を孕むものだと思うから。

だから、人間に寄り添えるのは人間だけ。

「ますます愛を大切にする時代になってくる」という先生のお言葉は、

まさにそうだと思うし、そうであってほしいと思います。

以下は同書~書斎のファイルから~のページからの抜粋です。

『あなたの希望を分かち合うために、あなたの時間を使うことが愛です』
『希望と愛の種を、悩む友の心の中に蒔きましょう』
『恕し(ゆるし)は、他を信じて待つ愛の心。他を責めず、弱い自分が許されて生きているように、他を受け入れていく慈悲の心』
『医療とは科学に基づいた芸術により人々を癒す行いです。僕の後を歩いてくださるすべてのドクター達へ、どうかアーティストであっていただきたい』

わたしはドクターではないけれど、アーティストでありたい

『病む人の喜びを私の喜びにしよう。病む人の悲しみを私の悲しみにしよう。病む人から与えられる鍵で、私たちの心の扉をひらこう』

それをわたしはこう読み替えます。

【すべての人の喜びを私の喜びにしよう。すべての人の悲しみを私の悲しみにしよう。すべての人から与えられる鍵で、私たちの心の扉をひらこう】

それが、平和で幸せな社会の実現の第一歩だと信じているから

「愛することは信じること。信じることは待つことです」

以上の応答部分は、著作権の関係からかなり省略してまとめております。全文を読まれたい方は、ご購入をお勧め致します。
母は「思っていた本と違う」と言っていましたので、そういう感想を持たれる方もいらっしゃると思います。
わたしは一読の価値ありだと思いますし、この本は自戒の意味も込めて、一生手元に置いておこうと思います。価値観ってひとそれぞれですね。

最後に

病気になってからというもの、(日野原先生にならって言うなら「病を頂いてからというもの」)

視神経への影響や疲れやすさから、一度は文字が読めなくなり、最近は少しマシになりましたが、文章を読むのはまだまだ大変でした。

そんな中、手や脚の不調の日が続き、本を読むという機会が増えたこと、

こうして一冊の本を読み終えて感想文を書くに至るまでできたこと、

わたしはクリスチャンではありませんが、目に見えない何か大いなるものに感謝致します。

今わたしの心は、病を頂いてから初めて一冊を読み終えた喜びと満足感でいっぱいです。

たった一冊、されど一冊です。

欲を言えば、たくさんの人に読んでほしい。このページも、日野原先生のご本も。

すべての人がこの本にあるような考え方をしていたら、きっとひどく思い悩んだり、つらい思いをしないで済むのではないかなと思うから。

というのは、「君がまだ社会に出ていないからだ」「現実を知らないからそんな綺麗事が言えるんだ」とまた批判されるのでしょうか…。

でもごめんなさい。

わたしはそんなことを言われても諦めないです

どんな現実にも諦めないです。

病名を告げられてからも、痛みと痺れは消えないと告げられてからも、諦めたことはありません。

全身不随になったって、全身痙攣の中だって、絶対治ると信じてここまでやってきたんです。

だから、今回も信じて待ちます。

すべての人が悲しまず、悩まず、平和で幸せな社会の実現へ

ここまで読んでくださってありがとうございました。

広告
まぁるいせかい管理人
haruka(はるか)

多発性硬化症+名前も研究中の希少難病などを併発した23歳女子。京大医学部中退。仕事は小説家とライターとカウンセラーと極秘。
今の夢はお嫁さんと福祉用具開発プロジェクトの成功☆
詳細プロフは管理者情報を見てね♡

#haruka(はるか)を応援する
レビュー社会論考察
#haruka(はるか)を応援する
haruka(はるか)のまぁるいせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました