広告
広告

「仮病」「詐病」「虚言」と決めつけるやつは病気にならない|病人はどう生きれば楽しめるか

考察

俺にはるかほどの文才はない。

だから興味をひくような前文は書けない。

ただはるかの下書きをもとに、あいつの考えてることを、できるだけあいつの書き方?に寄せて書こうと思う。

テーマ:病気を羨むやつは病気にならない

byしのん

 

「仮病」「詐病」の決めつけ

ネットに多くいるが、少し話しただけ、あるいは話してもいないのに、他人のことを「仮病」やら「詐病」やらって決めつけてくるやつがいる。

たぶんほとんどがこう反論する。

 

「お前は私の何を知っている?」

 

大丈夫、それは無駄だ。

 

「大丈夫じゃないだろ!」って声を荒げる人は少し考えてほしい。

 

「何も知らないくせにディスってくるやつに理解してもらう必要があるか」
「そいつは自分の人生に必要か」

 

なあ、どっちもNOだろう?

 

体験談より

これは俺じゃなくてはるかの話。

そもそも俺はディスられたところで気にしない。

「お前は俺の、はるかの人生に必要ない」って切り捨てる。

だって相手から先に俺たちのこと切り捨てたんだから、罰当たりでも何でもないだろ?

 

小学校に絶対いるやつ

運動会の練習とかでさ、誰かが倒れたときに

「いいなー練習サボれて」

って言うやつ、絶対いるだろ?

 

はるかのときもいたんだよ。

喘息で倒れてコケて擦り傷と呼吸困難で運ばれてるときに呟いた同級生。

 

成長すると口に出さない知性を持ち始めるけど、その分かネットではいい歳した大人でもモロにちゃんとしっかり伝えてくるよな。

 

ひとの過去を虚言とかいうやつ

ひとが過去の苦労話したら「虚言」って決めつけてくるやつもいるよな。

前は貧乏時代の話して相当ディスられてたけど、最近は精神病や解離がディスられやすいらしい。

 

解離性同一性障害:通称「多重人格」ってのは確かに常人には理解しずらいだろ?

これも波があって、最近患者が増えてる。

前のブーム、患者が増えた時期はバブル崩壊のタイミングらしい。

そのときはさすがに生きてないから、これは主治医から聞いた話だけど。

どうも不景気極まると増えるらしい。

ストレス病なのかもな。

 

精神病も同じ。

本人がどれだけ苦しんでるかなんて、はたから見ればわからない。

だって身障者と違って見た目は健康だもんな?

ネット上ではその見た目すらないわけだけど。

 

決めつけは羨み

「お前は私の何を知ってる?」って怒りたくもなるけど、大丈夫、何も知らない。

ただ「病人は優遇される」「不幸な人は有利だ」って思い込んでるんだよ。

それが、そいつの常識なだけ。

 

病人は優遇される

ここで最近のはるかのレビューを紹介したい。

本は「一瞬を生きる君を、僕は永遠に忘れない。」

 

あらすじと評価

一応あらすじも。

「君を、私の専属カメラマンに任命します!」クラスの人気者・香織の一言で、輝彦の穏やかな日常は終わりを告げた。突如始まった撮影生活は、自由奔放な香織に振り回されっぱなし。しかしある時、彼女が明るい笑顔の裏で、重い病と闘っていると知り…。「僕は、本当の君を撮りたい」輝彦はある決意を胸に、香織を撮り続ける――。苦しくて、切なくて、でも人生で一番輝いていた2カ月間。2人の想いが胸を締め付ける、究極の純愛ストーリー!

 

アマゾン評価は異様に高くて、4.5くらい。

はるか評価は0か1。

 

この差はどこにあるか。

「自分が病人かどうか」

だよ。

 

はるかレビュー

最後まで読んで表紙を見たとき、ヒロインの表情の意味がわかって改めて泣いた。

と、最近始めたTik Tokで高評価紹介されているのを見ました。

 

でもわたしは、たしかに表紙がいいなと思って読みましたが、ヒロインが難病だと知っていたら読みませんでした。

より正確には、「ヒロインが難病を理由に好き勝手生きられると知っていたら」読みませんでした。

 

人はいつか必ず死にます。

老いてからでも、働き盛りでも、生まれた直後でも、生まれる前でも、タイミングを問わず死にます。

 

けれどこの主人公は難病で余命宣告されていることを理由に

  • 両親から好きなだけお金を与えられ
  • どこへ行っても許され
  • 何をやっても許される

そして何より、

  • 誰からも愛される

健常者が描く典型的な「病人」です。

 

ですが実際問題、難病だからといって何をしても許されるわけではありません。

当然です。

  • お金には限りがあるし
  • 好き勝手に行動するとお咎めがくるし
  • 何をするにも健常者より許されないし
  • 誰からも愛されるなんてことはない

 

必ず来る死が人より早いからといって、何もかもが許されるわけではありません。

むしろ「高校生まで育った奇跡」の次元です。

生まれる前に死ぬ子もいるのだから。

 

確かに感動作でしょう。

読み終えて表紙を見れば改めて感動するでしょう。

正直途中で表紙の意味には気づきますが、まあそれはさておき感動するでしょう。

作品も文体も作家さんも否定しません。

 

ただ、病人だから許されるわけではない。

そこだけは、病人としてどうしても間違いに思えてしまう。

 

病人は健常者より制限が多い。

身体的にも、そして周りの「心配」という名の「自分がそのとき何かしてやれなかったせいで死んだんだ」という罪悪感を背負って生きたくないなんて自分勝手な理由からも。

 

決めつけは羨み

はるかのレビューはここまでで終わった。

どこかで何か足して公開する気だったのかもしれないし、永遠に公開しない気だったのかもしれない。

それは俺の知らない話で、公開したら何か言われるのかなあとかは思ってる。

でもちょうど内容に合致したから紹介しといて、本題に入る。

「決めつけてくるやつは病気になれば何でも許されると思い込んでる」

 

まあはるか的に「典型的な健常者」の発想だよな。

 

「ひとの苦労も知らないで」

 

そう思うよな。

 

俺ですら「エセ解離」って言われたときにはさすがにカチンと来た。

毎日メモ書いて過ごす苦労とか

「多重人格で」って打ち明けてひかれる苦労とか

「人間誰しも二面性はあるから」って言われて「いや2つじゃねえよ」って思うこととか

最近では口座の紐付けを勝手にされてて、はるかでも俺でもなくてメモもないから「誰だ⁉」ってなってる。

 

そんな病気を詐称するわけないだろ?

 

っていうのが通じないのは、相手がその苦労を知らないからだ。

そして知ろうとしないから。

 

「病気だったらみんなが心配してくれて、やりたいって言ったら全部させてくれて、いいなー」

 

なんて短絡的に考え、いや考えてもないな。

そう思ってるから。

 

「病気で寝込んで世話してもらった経験がすべてだから」

 

風邪とかインフルエンザとかで一時的に寝込むとさ、みんな優しいだろ? たぶん。

その経験がすべてなんだよな。

 

ずっと病気だと病気が日常になるから、気遣いどころかけっこう人使い荒くなる

 

そんな現実を知らないんだよな。

半身麻痺で家事任されるの、大変なんだぜ?

痙攣しようが呼吸が(2分程度)止まろうが寝ていなかろうが食事していなかろうが食費払うのって、理不尽だなって感じるんだぜ?

たぶんその辺ははるかが話すんだろうけど。

 

ただそういう世界を経験せずに、そういう世界を想像せずに、

「病気いいなー」で無事に育ったやつは、遠慮なく他人のことを「病気のフリしやがって」って言える。

 

病気自体の苦しみと病気による苦しみを考えずに

  • 病気になれば周りが全部やってくれる
  • 病気になれば周りは全員優しくなる

と思えるから。

 

「病人が羨ましいから」
「自分は何もしたくないから」

 

決めつけるやつは病気にならない

「仮病」「詐病」なんて決めつけてくるやつは、そういう「温かい環境」で育ってる。

温室育ちってやつ?

俺らからしたら「生ぬるい環境」「甘っちょろい環境」

 

でもやっぱりさ、そういう温室育ちって何かある度に周りが心配してくれて、相談に乗ってくれて、本人にその自覚はないだろうけど人に恵まれた環境でストレスフリーに生きてきたから、

難病やら精神病やらにはかからないんだよな。

何かあったら他人のせいにできる強靭な精神もってるからさ。

 

何かあったときに自分のせいだと思っちまうやつが、周りのせいにできない生真面目で責任感の無駄に強いやつが病気になる。

はるかへの皮肉も込めてな?

 

何かミスれば他人のせい、何かできれば自分のおかげ。

そう思えるやつは足引っ張られない限り順調に出世して、そう思えないやつはしっかりちゃっかり病気になる。

 

だからさ、病気にならないやつ相手にこっちの苦労をわかってもらおうとしたって無駄なんだよ。

疲れるだけなんだよ。

 

I don’t have any word for people, who don’t make any effort to understand me.

だっけ?

 

「わたしはわたしを理解する気のない人としゃべる言葉はありません」

 

家を出る前にはるかが延々と母(笑)に言ってた言葉だな。

 

「虚言」とか「エセ」とか言われるとムカッとするけどさ、俺は病気の人がそんなやつ相手に理解を求めて余計に苦しむ必要はないと思うし、

そいつらは病気になれば助けてもらえる幸せな世界で幸せな頭に育ったんだから、

「違う世界の住人」とか「宇宙人」くらいでいいと思うんだよな。

 

さあ、あんたはどう生きたい?

  1. こっちを理解する気のないやつ相手に苦しむか
  2. こっちを理解してくれる人だけ相手に楽しむか

 

これが俺ら病人が、楽しく生きるための分岐点。

そう思わねえ?

広告
タイトルとURLをコピーしました