広告
広告

火2:運動器リハビリテーション学IIvol.1

授業内容

はじめに

この講義では主に可動域とストレッチについて学習する。

 

同じ病気でも病態、症状が同じとは限らない。

その「障害」の「原因」を見つけるための講義。

 

テキスト:運動療法学

 

「原因を見つける」の例

「手が上がらない」→原因は大きく2つ

  1. 筋の拘縮などのROM制限
  2. 筋力がない

など

 

 

授業

ROM(Range of Motion)の制限因子の探し方

  1. ROM計って分析(P.189~190)
  2. Endfeel検者の感じる最終域感(P.186)

 

ROMからの評価

例)背屈ROM悪い→筋なら底屈筋の短縮(伸長性がない)、筋以外なら骨性、皮膚、痛み…ext.

 

以下では、ROMからの評価、分析の練習例を示す。

まず「筋なら…」と考えるのが鉄則
例1)
足背屈他動ROMテスト
膝屈曲位膝伸展位
Aさん35度-5度
Bさん-5度-5度

→Aさん:2関節筋に問題がある。

→腓腹筋、足底筋の短縮の可能性(作用、足については底屈、回内)

→Bさん:2関節筋に問題はない。腓腹筋と足底筋のせいではない。

→筋なら2関節筋でない(膝に関係しない)底屈筋(ヒラメ筋、後脛骨筋、長腓骨筋、短腓骨筋、長母趾屈筋、長趾屈筋)

後脛骨筋→回内も悪い
長、短腓骨筋→回外も悪い
趾屈筋→趾伸展したら悪い

筋以外なら、骨の衝突、皮膚が引っ張られる、痛み、関節内運動など

 

例2)

股屈曲他動ROMテスト
膝屈曲位膝伸展位(SLR)
Aさん120度45度
Bさん45度45度

→Aさん:2関節筋ハムストリングス(大腿二頭筋長頭、半腱様筋、半膜様筋)に問題がある。

大腿二頭筋短頭は問題ないので注意

→ハムストストレッチすればいい

→Bさん:筋なら2関節筋でない(膝に関係のない)股関節伸展筋(大殿筋、中殿筋後部線維、小殿筋後部線維、大内転筋後部線維、梨状筋などハムスト以外の股関節伸展筋)

筋以外の要素はほぼ変わらないので省略
SLR:Straight Leg Rising

 

例3)

膝屈曲他動ROMテスト
股屈曲位股伸展位
Aさん90度90度
Bさん140度(ほぼ正常)90度

→Aさん:筋なら中間広筋、内側広筋、外側広筋

→Bさん:膝関節伸展作用と股関節の屈曲の作用のある2関節筋→大腿直筋(と理論的には大腿筋膜張筋)

 

例4)

膝伸展他動ROMテスト→膝屈曲筋に問題があるかを調べてる
股屈曲位股伸展位
Aさん-15度-15度
Bさん-15度0度
Cさん0度-15度

→Aさん:股関節に作用のない膝関節屈筋:膝窩筋、腓腹筋、大腿二頭筋短頭、腓腹筋、足底筋

→足部の底背屈を交えると更に候補を減らせる

→Bさん:膝関節屈曲股関節伸展作用をもつ2関節筋(大腿二頭筋長頭、半腱様筋、半膜様筋)に問題がある。

→Cさん:膝関節屈曲股関節屈曲作用をもつ2関節筋(縫工筋、薄筋)

→薄筋なら股外転悪い、縫工筋なら股内転悪い

 

Endfeel

例)

肩90度外転外旋(2ndER)線維がひきつれる、跳ね返る弾力のある感じ関節包伸長性
膝屈曲筋腹同士が当たる軟部組織接触性
膝伸展骨が当たる骨性
肘伸展骨が当たる骨性
肘屈曲筋腹同士が当たる軟部組織接触性
股90度屈曲内旋線維がひきつれる、跳ね返る弾力のある感じ関節包伸長性
  • SLRなどで最終域で急にやや固くなる:関節包伸長性
  • 患者側は力を抜こうと思っているのに、なぜか力を入れてしまって、急に止まる:筋スパズム性
  • 患者側の痛みの訴えや恐怖感で、もっといけそうなのにむり:無抵抗性
スポーツでのパフォーマンスが多い人はROM大きいひとが多いが、その分不安定性が増す
ROM制限因子については次回学習
広告
タイトルとURLをコピーしました