広告
広告

血漿交換って何?輸血でも透析でもない「血の入れ替え」+患者としての本音

医療

まず、このページを開いてくださったみなさまに心より感謝申し上げます。

血漿交換とは何かについて関心をもってくださってありがとうございます。

このサイトには血漿交換について説明したページがたくさんありますが、この度すべて1か所にまとめさせていただくことにしました。

血漿交換にまつわる基本知識と、何度も経験して思うこと感じることなどをお伝えできればと思います。

血漿交換

よくわたしが「血の入れ替え」と表現する「血漿交換」ですが、厳密には「血」とも「入れ替え」とも違います

血漿とは

そもそも血漿とは、血液の液体成分を指します。

血液は赤血球、白血球、血小板などの固体成分と、それ以外の液体成分にわかれます。

一般的に「血」というと赤い血液を想像するかと思いますが、赤いのは赤血球であり液体成分の血漿は赤くありません

少し黄色みがかった透明なものです。

ここには様々なたんぱく質や抗体が溶け込んでいます。

血漿交換とは

血漿交換はまず体から血液を抜いて、その血液を固体成分と液体成分(血漿)とにわけ、血漿に溶け込んだ様々なたんぱく質や抗体などを濾過法や吸着法などにより取り除き、純粋な水分として生理食塩水血漿分画製剤とともに体に戻す治療法です。

血漿に溶け込んだものを除去するための濾過法か吸着法かその他の方法かは、相談される場合もあれば病院により決まっている場合もあります。
除去率に大きな差はありませんが、歴史が長い分エビデンスの多い濾過法が取られることが多いです。

ただ「入れ替え」とわたしが表現するのには血液中の成分を除去して戻す以外の理由があります。

それが「血液分画製剤」と呼ばれる、献血の血液から作られる液体を補充する点です。

この血液分画製剤として何を使用するかで、治療の名前が異なることもあります。
たとえば免疫グロブリンを補充するのであれば「IVIg」などと呼んだりします。

この補充は、生理食塩水だけで補充してしまうと血管内の血液濃度が下がり体の各部位から栄養分を血管内にかき集めてしまうので、それを防ぐために行われます。

よく生理学では「濃度勾配」、物理学では「エントロピー」などという言葉で説明されますが、簡単に言うと「物質は濃度の低い方に移動する、なぜなら均一になりたいから」ということです。

紅茶やコーヒーに砂糖を入れると溶けたり、しなしなの葉野菜水に浸けておくとシャキッとしたりすることを想像していただければわかりやすいかと思います。

葉野菜がシャキッとするのは、水が「ビタミンやミネラルをたくさんもっている」野菜の細胞の中へ移動するためです。

大体は2L〜4Lほど血液をクリーニングし、除去した成分の分減った体重元に戻せる量だけ生理食塩水と血液分画製剤を補充します。

免疫グロブリンなどのたんぱく質や抗体など免疫に関わる成分の除去に有効なため、多発性硬化症以外にも多くの自己免疫疾患で行われます。

血漿交換の順序

血漿交換をするにあたって、まず血を出し入れする用のカテーテルをセットしなければなりません。

これは首の内頚動脈、足のつけ根の鼠径動脈のどちらかが多いですが、足のつけ根だと排泄のときに汚染してしまう可能性があるので、ほとんどが首へのカテーテル挿入となります。

動脈が太い場合などには腕で行うこともたまにあります。
2020年3~4月入院時(2本チューブ:赤・青)

血漿交換の特異性

血漿交換がある意味で「最終手段」となる理由は、内科なのに侵潤的治療だからです。

外科医は手術をしますが、内科医は服薬調整に薬剤の点滴投与、放射線治療などを行い体を傷つけません

点滴程度の針刺しはしますが

しかし血漿交換ではチューブ2本を入れる大穴を開けますし、固定のために皮膚を縫います。

内科なのに外科的な治療を伴うところが他の治療と異なる点です。

カテーテル挿入を行う人は病院によって異なります。

麻酔科医が行うこともあれば、神経内科医が行うこともあります。

うまい人は一瞬で通しますが、あまり…な人は時間もかかるしとても痛いです(^_^;)

カテーテル挿入

カテーテルを挿入するときには、大体は処置室に運ばれます。

手術室ではありません。そもそもこのカテーテル挿入は保険的にも手術に該当しません
次は首にカテーテルを挿入する場合について説明します。
次:右首へグサリ(写真有)~余談と感想
広告
まぁるいせかい管理人
haruka(はるか)

多発性硬化症+名前も研究中の希少難病などを併発した23歳女子。京大医学部中退。仕事は小説家とライターとカウンセラーと極秘。
今の夢はエンジニアとお嫁さんと「人間として生きること」
詳細プロフは管理者情報を見てね♡
※画像は好きなモデルさんであって本人ではありません。

#haruka(はるか)を応援する
医療多発性硬化症について
#haruka(はるか)を応援する
haruka(はるか)のまぁるいせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました