広告
広告

小説家チャレンジの記録と小説作品一覧

気ままライフ

小説を書いていたことが原因でいじめられたわたしですが、訴えたいことがある以上書き続けます。

ここには小説考察作家としての作品の一覧、そしてそこに込めた思いをつづります。

小説について

初の長編小説

2019年2月7日、小説家になれるかな、ということで始めたTOブックス大賞への応募作品が完成しました。

約10日で書き終えたことは、わたしの敬愛する伊藤計劃さんに近づけたかな、と少し光栄な気持ちです。
中身が伴っていなければ無意味ですが(^_^;)

 

これは、普段からわたしが考えている「強者と弱者」であったり、「みんな」や「普通」、そして「社会」に対する考察を交えながら、人としての生き方を模索したものでもあります。

これを書き終えるまでに、何度も一時失明を繰り返し、ぶっ倒れて気を失いながら書き続けました。

それくらい気合を込めたのは、これにはわたしの「社会」や「人の心」に対する思いをたくさん込めるためです。
ひとりでも多くの、悩み、迷い、苦しんで生きる人の励ましになればいい

そう切に願います。

どうかこれが多くの人に読まれ、わたしの意図が伝わりますように…

考察作品

考察作家」はわたしの造語です(^_^;)

わたしの普段考えていることをできるだけわかりやすいように噛み砕き、場合分けして述べた作品をKindleで販売しているものです。

なぜKindleを使うかは、パクられわたしの主張を曲げられることがないようにです。

ということで、以下は考察作品の一覧です(^^)

アマゾンで「紫乃遼」と検索しても出てきます(*^^*)
以下には無料公開しているものも含めています(*^^*)

考察作品一覧

病んでる彼女

→エブリスタ:https://r.estar.jp/_novel_view?w=25281727

→小説家になろう:https://novel18.syosetu.com/n2272fe/

これはMS普及のために無料公開中です(^^♪
なお同病さんの恐怖を煽るためではありません。執筆意図は→https://harukams-medicalbeauty.com/msnovel/

 

愚かな僕たちは、救いを求めて天を仰ぐ

これはこのサイト内で書いた小説で、病人の生き様の短編集となっています。

3部構成で、2話と3話はTwitterの診断メーカーの「~で始まり~で終わる」という、その方の人生を小説化した場合にどうなるかを表したものの途中を埋めた形です

 

君の声でわたしを呼んで

これは、上のTOブックスへ応募した作品そのままになります。

渾身の一作であり大いに風刺を含みます。

「普通」をぶっ壊せ

をテーマに書いたので、わたしの思想すべてが詰まっているともいえます。

ぜひご一読ください
ご覧いただいた方からは、すごい、泣いた、考えさせられた、など様々なご感想を頂いております。ありがたや。
横読み版↓

 

あなたの声でわたしの名前を

「あなたの声で名前を呼んで」を文庫本用に改定し加筆したものです。

主人公に感情移入しやすいよう、また感動できることに重点を置いて推敲しています。

知人の編集者さんに「君の声でわたしを呼んで」は「哲学」か「文芸」か分類できないため販売できないと言われたので「文芸」寄りにしています

 

病気や障害は感謝不足?: ~感謝を知っても不足にはよらない~

これは、ある絵本作家さんが「感謝不足だから病気になり、病気になることで感謝を学ばせているんだ」と発言したことに端を発した考察本です。

某絵本作家さんに反対の方、ご自身の病気を不思議に思う方はぜひ。

 

「不幸自慢」ってなんだろう?: ~不幸は自慢するものなのか~

これはよくわたしがネットで自分の話をすると「不幸自慢」だとなじられることに端を発した考察本です。

パワハラモラハラセクハラext.の経験をしたので考えました。お時間があれば…

 

夢と希望と絶望と何かのサラダボウル

これは原題「それでも世界は廻っていく」という通り、自分の矮小さと自分にとっての世界の見え方を書いたエッセイです。

小説と呼ぶにはあまりにつたなく、薬で朦朧とし痙攣で悶えながら書いたものです。

ただの記録と思ってくだされば幸いです。

 

「現代いじめについての考察」~なぜいじめはなくならないのか。教育現場の崩壊~

執筆意図なども全部この本の中、と言いたいですが、サイトにも漏れ出ました

 

その行為に生産性などないのに

こちらはサイト内での短編小説なので、お気軽にご覧ください。

全身不随の苦しみを思い出した日に音声入力で一気に仕上げたもので、ただそのときの正直な気持ちを小説風に文章にしたものです。

 

勉強できるけれど馬鹿なひと~英才教育の悪性~

わたしが京大で出会ったひとや自分の受けた(英才教育ではない)教育を挙げ、「失敗作」と呼ばれる「勉強できなくても賢い」人がなぜ生まれるのかまでを考察した一冊です。

 

「失敗作の生き方」

「心が壊れる音を聞いたことはありますか――」

虐待された人、そうでなくても何かに失敗したときにふと投げつけられる「失敗作」との心無い言葉。

それ以外にもぶつけられる「クズ」や「人間失格」などの罵声。

それらの言葉をトラウマとして胸に抱えながら生きる人たちへ、「失敗作」と呼ばれた本人が捧げる「現段階で唯一の生き方」と「できるだけ傷つかない生き方」。

  • 期待せず生きることが正解か?
  • 期待しても許されるのか?
  • 愛されることを望んでいいのか?

かいりきベア氏作詞作曲の「失敗作少女」(YouTube版へ)から展開する「失敗作が生きていく方法」と、それでも生きる「強い人」へ捧げるエールを込めた一冊。

すべての深く傷ついた人と、そんな人を理解しようとしている人へ贈ります

 

「僕の日」

人生初のエッセイ「僕の日」。

入院中、ひとりで過ごすうちに過去のいろんな出来事から現在の闘病生活に思いを馳せる、ノンフィクションだけどヒューマンドラマチックなものになっています。

 

広告
まぁるいせかい管理人
はるか

考察家。作家。開発者。多発性硬化症+希少難病+先天性心臓奇形などをもつ障害者。病歴や薬歴は多すぎるので管理者情報参照。今までにないものを創るお仕事。京大医学部を病気により中退。ケアストレスカウンセラー、保育士などの資格をもつ。

#haruka(はるか)をチラ見してみる
コメント
気ままライフ
他の人にも読んでほしいなと思ったら
#haruka(はるか)をチラ見してみる
はるかのせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました