広告
広告

大学受験生へ/数学おすすめの参考書

勉強法
この記事は約3分で読めます。
エックスサーバー

はじめに

勉強法は個人によって合う、合わないがございます。自分には合わないと思ったらすぐに別の方法に切り替えることも重要です。

 

数学、とひとくちに言っても分野がけっこうあるので、とりあえず大まかな分野で一冊ずつご紹介させていただきます。

 

図形が苦手な人へ

図形が苦手な方におすすめしたいのが、「小学校の算数」です。

小学校の算数という本があって、それがおすすめなんですけど、どうも出てこないんですよね…
まあ、「小学校の算数」でなくても、「小学校レベルの図形問題の乗った参考書」であれば問題ありません。
例として類似のもののリンクを貼らせていただきますが、お時間が許せば店頭できいて見るのも良いと思います。
大学レベルの図形の勉強に「小学校レベルの図形の学習」おすすめの理由は、
小学校と侮らないでくださいね。

小学校では証明がいらないだけで、発想力が要求されています

図形が苦手な方は、発想力や想像力に少し自信がない、という方が多いかなと存じますので、発想力、想像力を鍛えるには抜群なんです。

だからといって一問一問真剣にノートに解く必要はありません。こういう解き方をするんだろうな、と考えて、軽く計算してみるくらいでOKです。
なので、小学校レベルの図形といっても「問題集、ドリル」は「問題数をこなす」ことが目的になってしまうので、あまりおすすめしません。
それで自信がついたら、大学受験レベルの図形問題に戻ってみてください。少しは世界が変わっているかと思います。

 

計算が苦手な方へ

計算が苦手な方には、とりあえず字を大きく、綺麗に書くことをおすすめしています。

自分の字が読めなくて、とか読み違えて計算を間違えるパターンが圧倒的に多いです。

その上で時間短縮というのであれば「計算力トレーニング」がおすすめです。


ここに書いてある通りに計算すれば超速い、という優れものなので、センター前などにちょっとやり込む分に良いかと存じます。

ただし小手先のものなので、これを毎日がっつりと解いても総合的な数学力は上がらないので注意してください。
全てやる必要はありません。自分に必要だと思う箇所だけやってください。

 

 

数学が全体的に苦手な方へ

数学という教科がもう全部苦手なんだ、という方には、「高校数学の教科書」をおすすめさせていただいております。

 

この本、というよりは、この長岡亮介先生がおすすめですね。

Amazon.co.jp: 長岡亮介: 本
本 の優れたセレクションでオンラインショッピング。
東進で数学講師をされている長岡先生のお兄様です。
わたしが、苦手だった数学が得意になったのは、完全にこの先生のおかげです。長岡先生を崇めていてこの先生を追いかけるために明大に行きたいと言ったくらいなので、語るとキリがないのですが…(ちなみにわたしの受験年に明大を退職されるとのことで明大受験はやめました)

 

この本には、数学参考書にしては珍しい、音源が付いています

なので、参考書を見てわからなくても、聞きながら読むとわかったり、逆に参考書には書いていないことを具体例を挙げて解説されていたりするので、すごくわかりやすいです。

ついでに…わたしはセンターと2次試験の間に脳の病気で入院しているのですが、字が読めない期間でも、聞きながら数学の勉強ができました
予期せぬ体調不良などで、病院内やベッドの上で勉強することになっても、この本は心強いです!

 

ただ話すのがゆっくりめなので、早く聞きたいという方はウォークマンやiPodに落として1.2倍速くらいで聞くことをおすすめさせていただきます。

 

以上、数学が苦手な方へのおすすめ参考書でした。

少しでも参考になれば幸いに存じます。

タイトルとURLをコピーしました