広告
広告

数学嫌いの人へ/わたしが数学好きになるきっかけになった小説

レビュー
この記事は約3分で読めます。
おすすめ家庭教師「家庭教師比較ガイド」

はじめに

「勉強、成績アップのためにはまずその教科を好きになることが大事」とは良く聞きますが、実際問題学校の勉強なんてつまらないし、特に数学は嫌いという方が多いのではないでしょうか。

かくいうわたしも高1では文系、法学部志望で、数学は苦手でした。

そんなわたしが高3で理転したのは、数学の苦手を克服しようと思って、まず数学という学問自体への苦手意識をなくそうと、数学を題材にした小説を読んだ結果、数学者になろうと思うくらい数学にドハマリしてしまったからですね笑

ということで、数学への苦手意識をなくす本として、いくつかおすすめを挙げさせていただきます。

おすすめの本

数学ガール

まず1番有名なのはこれではないでしょうか。

「数学ガール」

数学が少し得意な高校生の主人公と、数学が驚異的に得意なクラスメイト、勉強熱心な主人公のいとこに、たまに素晴らしいひらめきを展開する後輩を軸に、様々な数学問題に取り組んでいく、数学恋愛ストーリーです。

新ジャンルすぎる笑

高校生、思春期ということもあり、恋愛ストーリーはとても興味があったので、読み進めるために数学を理解していった感があります。

難問のところは読んでもわからなかったので、多少読み飛ばしましたが(^_^;)

また、数学ってこんなに自由な学問なんだ!と知るきっかけになりました。

学校では問題と公式と解き方を習うだけなので、本当につまらない笑

浜村渚シリーズ

もう1つかなり有名なのがこちら。

「浜村渚の計算ノート」

主人公の女の子を中心に様々な数学難問が出てきたりするのですが、こちらは数学的に勉強になったというよりも、文庫本でとっつきやすいので誰にでもおすすめ、という感じです。

コミックスも出ています(*^^*)

続いてご紹介するのは、あまり有名ではないかもしれません。

堂シリーズ

周木律さんの「堂シリーズ」

こちらは推理小説ですが、トリックの鍵となる建造物に数学要素が多分に含まれていて、主人公の数学者が殺人事件の謎を解いていくというストーリーです。

よくもここまで数学を利用した建築を思いつくなあ、と感心しますが、話が入り組んでくると全然理解できませんでした(^_^;)

それでも、数学の美しさは充分すぎるほどに伝わってくるんですよね。

もうこれで完全に数学に落ちてしまったと言っても過言ではありません。

ちなみに新書だとイラストがかっこよくなっています笑
そして数学の苦手意識を克服したわたしは、さらに敬愛してやまない長岡亮介先生(の解説音声つき参考書)と出逢い、数学者を志すわけです。長岡先生の参考書についてはこちらで紹介しています→https://harukams-medicalbeauty.com/math/
その後、今とは違う病気をセンター2日目に発病、入院したので、さらにそこから目標がまた変わりましたが(^_^;

最後に

元々わたしは文系、と言いましたが、成績の上でも国語、英語、社会が飛び抜けていて、理科と数学は並、という感じでした。

恐らく数学が苦手な人は文系、読書には抵抗の比較的少ない方が多いかなと思い小説をご紹介させていただきました。

数学好きがより楽しめる本を教えて、というご要望があればお答え致しますので、コメントお願い致します(*^^*)

それでは、これらの作品たちが、貴方の数学嫌いを払拭できることを祈らせていただきます。

タイトルとURLをコピーしました