広告
広告

なんさんより/お返事4

ブログ文通
このページは、ブログを通じて文字数制限なく語り合うブログ文通のページです。ブログ文通をしてみたい方はぜひご連絡ください】

ちなみに前回の文通はこちら↓

なんさんへ/お手紙4 https://harukams-medicalbeauty.com/nansan4/

今回は、これに加えて、後日のわたしの「強者と弱者についての考察」についてもご感想をいただけますよう、お願いしております。考察はこちら→https://harukams-medicalbeauty.com/atoe/






はるかさんへ

うーん。

これはやっぱり「自分の感じてること」「最強論」に分けることから、かとは思います。

今回は、相当辛口になるかと思うので、覚悟して読んでくださいね。

まずは「強者と弱者について」の、最強論から。

昭和に梶原一騎という作家さんがいました。

作家というか、漫画の原作者としての方が有名ですね。「あしたのジョー」「空手バカ一代」「巨人の星」なんかは、タイトルぐらいは聞いたことありますか?

彼のテーマは基本一貫していて「戦う・男・強さ」の作品群でした。

私はアニメのタイガーマスクが好きだったのですが。


空手バカ一代は、極真空手の総帥・大山倍達の伝記ではありますが、漫画的フィクション的デフォルメは当然あっただろうと思われます。

今話題の映画、ボヘミアンラプソディーがそうであるように、その人を「一番素敵な編集で」見せてくれる作品であると思っています。

フレディーが音楽を求めたように、大山総帥は「最強空手」を求めるのです。


今の視点から見ると、大山総帥の「最強の証明」はとても可愛らしく見えるところもあったり、まさに「バカ」としか言いようがないなぁとなるエピソードがてんこ盛りで、けれど、人が何かを「純粋に追求していく生き方」は魅力的で、私はこの手の「バカ」が大好きです。


この作品の中で、大山総帥は熊と戦ったりします。

人間と戦うと「やらせ」が入るから、熊とやるって。

瓦割りをすると「細工」があると思われるからって、

氷柱を破ることにしたり、

ビールを手刀で「切って見せて」ゴッドハンドと呼ばれるようになったり。

見方によっては「で?それが何の役に立つの?」って話です。

「熊より象の方が強いだろう。地上最強は象?だが象を倒すアリがいるという。ならば、地上最強はアリクイだ!」になる論理展開など、「最強とは何か?」の話は私にはとても面白くって「強い」の話になると、空手バカ一代のエピソードを次々と思い出します。



はるかさんが迷ってるのは、この「自分がなりたい強さ」の話ではない、ですよね。

自分自身のあり方としての「強者」ではなく、むしろ、社会的立ち位置、ポジションとしての「強者と弱者」について考えているように見えます。

長々と空手バカ一代の話をしたのは、私が好きなのは「バカ」の方だよって言いたかったから、です。

社会的ポジションの話についてするのと、自分がなりたい強さの話をするのは、私には別々の話です。

そこを混同するのは、アリの生存戦略と象の強さを一緒に話すような、焦点がぼやけてしまうような、ん??どっち??の迷路を感じてしまうので、質問責めのようになり、それは時々、攻撃的に感じられることとなるだろうなーと予測しております(^◇^)



マウンティング的な、下に見られた?的な、そんな風にしか会話ができんのか?的な、苛立ちやムカつきや痛みを感じるのは、私にはあります。

象さん、アリ踏んで来たよー!的なね。

でも多分、象は象として生きてるだけなんでしょうね。

そして、アリにはアリの強さがあるから、強弱よりも「どう生き延びるか?」に焦点を合わせるような、私には私の戦略が必要なのです。

ゴッドハンドのマス・オーヤマに空手で挑めば負けるし弱いのでしょうけど、もしかしたら、口喧嘩なら勝てるかも!そっちなら私は強者かも?ぐらいに、

何ルールで戦うのか?のリングやルールの設定

の方が「強弱の問題」には大きいと思ってます。



私が一番好きな「最強論」を紹介します。

(合気道で一番強い技はなんですか?と聞かれ)
『それは自分を殺しに来た相手と友達になることさ』
塩田剛三(合気道家)



人間相手だったら、これは最強でしょうねぇ。

そして自分を殺しに来る相手は、人間とは限らないですね。

災害だったり病気だったりもします。ああ、年齢とかもあるかも。

いずれにしても「自分を殺しに来た相手」をよく観察してからじゃないと、友達になる「隙間」を見つけることは出来ないかなぁとかは思います。


はるかさんは、どっちの話をしたいですか?

社会的弱者を救う話?

自分のむかつきがどこにあるか見極めたいの話?

まずは、友達になろうとするのは誰?の話?

そこの整理から、で、どうでしょうかね??



いつものように好き勝手に書きました。

寒いですよねー

私、寒いの苦手ですー

寒さには弱いのでやさぐれる冬を毎年過ごしておりますよ(^◇^)



どうか、お体にメンタルの攻撃が向きませんように。

かしこ

なん。

広告
まぁるいせかい管理人
haruka(はるか)

多発性硬化症+名前も研究中の希少難病などを併発した20↑歳女子。仕事は小説家とライターとカウンセラーと極秘。福祉用具開発プロジェクトの成功☆
嫌いな人間と一緒にされるのが嫌で人間をやめた。
詳細プロフは管理者情報を見てね♡

#haruka(はるか)を応援する
コメント
ブログ文通なんさん
#haruka(はるか)を応援する
haruka(はるか)のまぁるいせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました