広告
広告

日常生活援助学実習vol.1

授業内容

はじめに

木曜2限に開講される「日常生活援助学実習」についてまとめる。

わたしが全身不随になって1番必要性を感じた授業なので、PTには関係ないと舐めてかからないことを心から勧める。

 

テキスト:ADL PT・OTビジュアルテキスト

先生より、去年度よりも新カリキュラムになって講義時間が減った分「読んでおいて」が増えるため購入推奨。

 

授業内容

4月11日:オリエンテーションとADLの概念

 

ADLの概念と範囲

昔:感染症への対応

↓公衆衛生の普及、生活習慣病予防

近代:慢性病への対応

現代:病気をもちながら生活する人が増えたため、病気を持ちながらでも暮らしていけるような、生活支援、社会活動支援を含めた考え方

 

  • ADL日常生活活動または日常生活動作。すべての人に共通して必要で、生活において基本的で反復される動作。自立した生活を営むために必要な能力。
仕事や余暇活動は含まれない
  • IADL:ひとりで暮らしていくためのADL。金銭管理なども含む。
これらの定義は教科書によって若干異なるので注意が必要

 

ADLのチェック項目は以下参考↓

(図:http://www.shizuokai.or.jp/riha-fim.htmlより)

 

上田敏、ロートンは頻出

 

APDL:日本リハ医学会が提唱

ADL、IADL、APDLなどの範囲については以下の図参照↓

DSC_0051

日本リハ医学会のAPDLはロートンらのIADLとほぼ同じ

 

 

ICDとICF

  • ICD国際疾病分類(1900)、第12版が最新。健康状態(疾病、変調、障害)を分類。医師が使う診断に使うようなもの。
  • ICF国際生活機能分類(2001)。疾病などに関わらずすべての人を適応範囲とし、健康状態に関連する生活機能分類のために用いる。リハビリや保険関係の職業の人が使うことが多い。
相互補完的に用いると、生活を見据えた医療、地域包括ケアシステムに資する生活機能に関するアプローチを実現できる!

 

ICD

ICIDH:疾病を基盤とした医学モデルの分類の立場で、「できない動作」への評価が中心

ICF:社会モデルを基盤として健康構成要素の分類の立場をとり、障害を主として社会によってつくられた問題と捉えている。「できる動作」と「できない動作」の両方を評価。2001年にICIDHの改訂版としてWHO総会によって採択された。

 

ICFは使いづらいため、ICFコアセットという簡単に使えるようにするためのものもある。

ちなみに授業で解説されていた本はこれ↓

ICFコードは、使うところでは使うけれど使わないところではあまり見かけない…

人種なども含めたグローバルな比較ができるためとても便利なツールではある。

こんな感じ↓

(図:http://www.ekouhou.net/%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A6%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%87%A6%E7%90%86%E8%A3%85%E7%BD%AE%E5%8F%8A%E3%81%B3%E3%81%93%E3%82%8C%E3%82%92%E7%94%A8%E3%81%84%E3%81%9F%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A6%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0/disp-A1,2004046966.htmlより)

 

背景

公衆衛生の改善などにより、20数年平均寿命世界トップクラスの日本

→高齢者が急増。老年症候群対策が課題に

 

量的評価と質的評価

量的評価

  • 段階づけを点数化(順位づけなども)
  • BIやFIMを使用
わたしが入院して最初に取られたのはBI
上の表はFIM
  • 目的
    • ある時点でのADL状態を客観的に記録する
    • 継続的な評価で経過を客観的に観察する
    • リハビリテーションの効果を判定する
    • 他職種への情報伝達を容易にする

 

質的評価

  • 動作の手順や動作方法について観察し分析することを通し、ADLを評価(動作分析など)
  • 目的、何を見ているのか
    • 動作ができない理由を発見し、プログラムの立案に繋げる

 

ADLと環境

リハビリ室と病室、また自宅では動作の環境が異なることも多々ある。

例)部屋の構造やスペース、障害物の有無、家具・手すりなどの福祉用具の有無など

可能な限り生活環境をチェックし、実際の環境を想定した評価と訓練をすることが重要

 

入院中であれば病棟での評価や家の写真を撮ってきてもらうのが望ましい。
実際に家をセラピストが訪問する病院もある。

 

チェック項目

  • 寝具:布団orベッド、ベッドの高さ、マットレスの硬さなど
  • 手すり:有無、付いている側など
  • 床:フローリング、畳など
  • 部屋・廊下、広さ、壁、家具などの設置状況など
  • 部屋の出入口:スライド式or押し・引き式など
  • トイレ:和式or様式、座面の高さなど
  • 風呂:滑りやすさ、浴槽のタイプ(埋め込み式か設置式かなど)
  • 段差:部屋と部屋の境目や浴室への段差など
  • 玄関:広さ、「たたき」の有無とその高さなど

 

できるADLとしているADL

  • できるADL:頑張ればできる最高のADL
  • しているADL:実用レベルのADL
この差が何に起因するのかを評価することが重要
例)対象者の要員(身体機能、精神心理状態)、環境(人的環境、物理的環境)

 

精神的な問題のときなら、リハ室で励ましてもらえばできることもある!
わたしはよくあった!無理なことも多かったけど笑
以上がADLについての概略である。
広告
まぁるいせかい管理人
haruka(はるか)

多発性硬化症+名前も研究中の希少難病などを併発した23歳女子。京大医学部中退。仕事は小説家とライターとカウンセラーと極秘。
今の夢はお嫁さんと福祉用具開発プロジェクトの成功☆
詳細プロフは管理者情報を見てね♡

#haruka(はるか)を応援する
授業内容日常生活援助学実習
#haruka(はるか)を応援する
haruka(はるか)のまぁるいせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました