広告
広告

「高学歴ニート」橋下徹氏に反論してみる

社会論

ニートと橋下氏の会話のぼくの心情

ニート:親が勝手に産んだだけ
橋下氏:じゃあ今すぐ死ねる?
ぼく:死ねます
橋下氏:3000万くらいかかってる
ぼく:でもやっぱり勝手に産んだだけ、学費は全部奨学金
橋下氏:キミら夜泣きひどかったと思うよ?夜中4時まで起きて生活できる?
ぼく:できます

結論:親はやっぱり勝手にぼくを産んだだけ

 

ぼくの主張

なぜここまで極端冷徹なことが言えるかというと

ぼくは親の都合で勝手に産まれて、「親に感謝するように」ここまで育ってきて、

親を大切にするようにここまで言われてきて、

生きる目標を見つけたけれど、

それは今すぐ死にたいのに親が「死ぬな」と言うから頑張って見つけた目標で、

親の言いなりに生きてきたぼくがまた「親の言う通り」死なないために見つけた夢で、

そんなものいつでも放棄していい

 

関わってきてくれた方々に感謝をしているけれど、

 

もしぼくが産まれてこなければ

感謝できる心をもてるほど、

他人に純粋に感謝できるほど、

ここまで苦しまなかった。

 

だからぼくは結論づける。

「親は勝手に子供を産んだだけだ」

広告
タイトルとURLをコピーしました