広告
広告

入院日記2日目2019/03/21(わたしと母との関係vol.3)

闘病記録(入院記録)

入院中の記録はすべて、闘病記録カテゴリへ綴ります。

ちなみに1日目は、夕方6時からのステロイドパルスで覚醒し、これを書いていました。

https://harukams-medicalbeauty.com/hukugakuhe/

あと新しい動画を作成し、少しTwitterも触りましたが、首から下が痺れと痛みで動かせなくなり、暗い天井を見て数時間過ごしました。

2日目は家族や婚約者のお見舞いもあり、

また、明け方になってようやくやってきた睡魔に襲われている間になんと2回目のステロイドパルスが終わっていて、

起きたら動けるようになっていた

という奇跡を体験しました。

ステロイドが効いたのは初めてなので、とても驚いています。

ただ、反動?みたいなものがすごくて、1、2時間後にはまったく動けなくなりました。

これほど動けると動けないの差が激しいのも、またその差の割に時間間隔が短いのも、去年の急性期以来で、とても困惑しています。

自分の体に自分がついていけていません。

そんな中で今日は担当医の先生から

病巣確定して放置で良いって決まって、症状もおさまったなら土日退院できるかも

と、早く退院したいという意思を汲んでくれた言葉をもらって、

嬉しくて母に伝えたところ、

まあ今回が特に原因特定できひんなら、あんたが言ってることが返ってきてるんかもしれへんな

と言われ、

どうやらわたしがTwitterやFacebookで疼痛治療についてや難病治療について否定的な発言をしたことを指しているらしく、

母には以前の急性期で痙攣の痛みに硬直痙攣でナースコールすら押せない日々に、立つだけで電撃痛を起こして転倒した時期に

痛みにありがとうって言いなさい

と言われたトラウマがあるので、

正直このつらい時期に病気や痛みをわたしのせいにされるのはとてもつらかったです。

わたしだって、好きで痛くて苦しんで体動かせなくて入院してるわけじゃないし、

TwitterやFacebookで批判したのはあくまで意見であって、人格否定まではしていないし
むしろ人格否定されているのはいつもわたしなんだが?

と思いながら無視してひたすら泣いていると、

母から

ごめん泣かせたいんじゃないねん。そのTwitterとかが逆にストレスにならんかなって。言わんかったらつらいことも言われへんやん?

と言われ、

いや言わんかったら逆にストレスやし、そもそも多発性硬化症広めたくて始めたTwitterで、元気もらうことも多いんやが?

となり、

結局は

母は言葉選びが下手だからいつも傷つけて泣かせてしまうけど、はよ帰ってきてほしいんやで

と仲直り?しました。

時間はかかりましたが以前は数週間かかったので、早い方かと思います。
自分が口を閉ざせば何も問題は起こりませんが、
つらさの理解はされないし、
わたしは口を閉ざして我慢したストレスが発症要因かもしれないと言われているので、
思ったことを言わないストレスは相当なものだと思います。
それに、せっかくの良縁、切りたくはありません(T_T)

ということで母と和解しパソコンを持ってきてもらい、以前の入院で使っていたWiFiも入手して一気に動画、ブログupができました。

重ね重ね、連続通知ごめんなさいm(_ _)m

入院は嫌ですね。

でも、するしかないんですよね。

婚約者がバイトに行きたくないと言うので、わたしもほんとは病院なんか来たくないと言うと、すごく悲しそうな目をされました。

無言でいいからそういう優しさに包まれて生きていたいです。

ということで入院2日目の日記でした。

お付き合いありがとうございます。

広告
まぁるいせかい管理人
haruka(はるか)

多発性硬化症+名前も研究中の希少難病などを併発した23歳女子。京大医学部中退。仕事は小説家とライターとカウンセラーと極秘。
今の夢はお嫁さんと福祉用具開発プロジェクトの成功☆
詳細プロフは管理者情報を見てね♡

#haruka(はるか)を応援する
闘病記録(入院記録)人間関係
#haruka(はるか)を応援する
haruka(はるか)のまぁるいせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました