広告
広告

Twitterをやめた理由と記録 2019/11/28

リハビリ記録(宅療記録)

おはキャピ☀

と挨拶していました。

みなさまお加減はいかがでしょうか?

わたしは本日(2019/11/28)の早朝をもちまして、Twitterを一時的にやめました

「一時的」とはいえアカウントは完全に消去したので、復活する時は作り直しから始まります。
このサイトにもどこかにTwitterへのリンクがあると思うのですが、現在全て解除しきれていません。繋がらないリンクで申し訳ないです。

そんな割とどうでもいい記録と、これを読んでくださっているみなさまへのメッセージをここに残そうと思います。

やめた理由

やめた理由について、多くの方が「つらいこと、苦しいことがあったのか」とご心配してくださり、大変恐縮ながらありがたかったのですが、特にそういうことはありません。

ただ自分を立て直すため

それだけです。

Twitterを始めてから、たくさんのことがありました。

まずはじめに「メルカリ事件

メルカリで 起きたトラブルをお話ししていたところ、お相手の ツイートが「バズる」という、(たくさんの人に拡散されてたくさんの目に触れるという意味)ことになり、

わたしのコメントと、それにつけていたこのサイトのメルカリのページもたくさんの人の目に触れることになり、

バズった他人のツイートに自分のブログの URL らしきもの貼る意味が分からん」と中学生に叩かれて

バズるの意味を勉強するとともに
喋っていたら相手がバズっただけなのであの中学生には反省してものの見方を養ってほしいですが

主婦様方にブログに乗り込まれ、「あなたが悪い、あなたのせい」+嫌がらせコメントが殺到し

一部だけ残して後は削除しました

そしてフォロワーの少ない営業マンに「利益が出ない」とバッシング(フォロワー増やしに利用)され、

「損失を出さない方法であり利益を生む方法ではない」と書いているにも関わらず
だから営業できないんだよ(勝手な推測笑)

日本語の読めない日本人の多さを学びました。

そしてそこで、出会って間もないのに(しかも現実には会ったことすらないのに)

夜通し泣くわたしを慰めてくださる人に出会いました。

この人がいなかったら、わたしはネットの繋がりを「所詮ネット」と考えていたと思います。
所詮ネットだとしても現実に動こうと思えたのは、この方のおかげです。

そしてその次は、仲良くしてくださっている人の晒し吊し上げが始まりました。

庇うとわたしも晒されました。

話題のツイートに自分の晒しツイートが1番に出てきたときには驚きました

信頼できる人と被害者とでグループを作り、Twitter社にひたすら通報しまくりました。

ただTwitter社はあまり仕事しないので、他人を傷つけるアカウントはなかなか凍結しないくせに弱音を吐くとすぐアカウント凍結します。
とはいえわたしもその頃は目が全快ではなく数時間しかものが見えていなかったので、グループからはすぐに抜けメンバーとは仲間・お友達として関わらせていただいていました。

後は

  • いじめについて考えるアカウントと喧嘩し、暴言を吐かれ

いじめについて語ると

  • いじめ被害者加害者から双方から罵倒され
被害者に関しては「あんたを庇ったのになんでやねん」とは思いましたが
  • 第三者からも低俗だと罵られ
  • 恐喝、脅迫が届くようになり

たくさんの方と衝突してきました。

でも、それより多くの、たくさんの優しい方と出会いました

つらいことはたくさんあって

  • いじめの専門家からも脅迫が届いたこと
  • 自殺未遂を繰り返し家に閉じ込められたこと
  • 誰とも会えなくなったこと
  • 病気の進行が予想よりはるかに速かったこと
  • 物が食べられなくなったこと
  • 人を信用できなくなったこと

それでも嬉しいことは確実にありました。

  • 同じ病気の方と知り合えたこと
  • 同じ不眠症の方と夜を越えられたこと
  • たくさんのお母さんに、お父さんに、お兄さん、お姉さん、弟や妹に巡り会えたこと

全部、嬉しかった。

メッセージ

今わたしはこれを音声入力で打っています。

スタートストップを押す左手も震えています。

右腕は、どうも駄目なようです。

パルスから一週間、やっぱり効き目は一時的。

こんなんじゃ誰も救えない

だからわたしは、まずわたしを救おうと思う。

絶対にわたしと関わったみんな、関わってくれたみんなを幸せにする

助けに行く

わたしが助ける

だから、わたしはまずわたしを救う。

誰かを救える自分になるために

最後の統計について

最後に取らせていただいた「中途障害者・傷病者は自分の障害・病気を受け入れられているか」という統計は、医療者なら誰もが知っている「cohnの障害受容モデル」を覆すために使わせていただこうと思っているものです。

目的は、「この世から障害受容という言葉を消し去るため」

「障害を受け容れて、認めて、『前向きに』生きていくことこそが正しく」て、それができない人は「まだその段階に到達できていない未熟な人なんだ」という認識を消し去るためです。

全ての人は、自由な考え方のもとに人生を送ります。

だから、「障害受容できていないから仕方がない」「まだ未熟な段階だから仕方がない」…そんな 医療側の考えを潰して、

どうすればもっと医療者が患者に寄り添えるか
患者を一個人として扱えるか

そんな論文を組み立てたいと思っています。

ご協力ありがとうございました。

続・メッセージ

また、たくさんの方から「Twitter をやめるなら連絡先を」とおっしゃっていただきました。

正直ここまで惜しんでいただけるとは思っていなかったのでかなり驚き嬉しく言葉が見つからない状態で
心理学の次は日本語勉強しようかなくらいまで思っています…とにかくありがとうございます

動画とこのサイトは続けますし、サイトからわたしのFacebookInstagramにもアクセスできると思います。

医療難病チャンネル→haruka(はるか)のまぁるいせかい

歌&政治教育など雑談ふざけ(炎上)ちゃんねる→まーきゅんちゃんねる

FacebookとInstagramは通知を切っているので対応はかなり遅いです。すみません。

あとは友人のアカウントを貸してもらう形で、わたしの研究結果の自助具を販売してもらうことになりました。

ラクマ→ゆいはるshop

minne→ゆいはるGallery

不本意ながらメルカリ→ゆい&はる

これから試作品が完成し次第、そして友人(ゆい)の国試が終わり次第笑、品数は増えていくはずです。。
忙しい時期に負担をかけたので「当方は心が大変弱いためノークレームノーリターンでお願いします」と説明欄の文章を書くと笑われました笑
ついでに、本を出したらこのページに一覧として載せます。

それはさておき

また、弱音本音&匿名質問用ページからはわたしにメールが届くようになっています。

惜しんでくれてありがとう。

でもわたしは必ずみんなを救いに戻る

有言実行のうつ病患者、多発性硬化症患者、心臓病患者、摂食障害患者、先天性ext…

だからみんな、僕が救う

それまで無理せずに待っててね。

生きてるだけでいいからね。

遠くない未来で、また会おう。

 

PS.どうもバカとクズは絶えないから、戻った時には口が悪くなっていそう笑

でもみんなにそんな悪い口は使わないからね

これも約束だ

じゃあ

僕たちの未来へ行こうか

 

PPS.ココナラでお電話はじめたよ!

広告
タイトルとURLをコピーしました