広告
広告

企業から返答がありましたvol.1

気ままライフ
この記事は約4分で読めます。

先日企業に提案書を提出した件につきまして、企業様側から返答がありました。

提案書についてはこちら→https://harukams-medicalbeauty.com/s-1/
さすがは大企業だけあってお仕事が速いです!!
以下、返答の一部を抜粋致します。

ご提案の自動収納につきましては、ガススプリングの反力を強くすることで実現可能ですが、おむつ交換台を押さえつけながら赤ちゃんを乗せることになり、

転落等のリスクが高まる恐れがございます。

また、水回りに設置され、不特定多数の方が、正直乱雑に扱われるものなので、極力メンテナンスが容易である必要もございます。

時間制御をするとなると電気によるか、機械制御なのか、いずれにしても一朝一夕に出来るものではございません。

ご提案は真摯に受け止め、今後の課題とさせて頂きますが、現状この様な回答しか出来ませぬ事、ご容赦下さいませ。

わたしが提案したのは一定時間が経過すると、台を閉め忘れても自動的に収納されるような、壁面施工式のオムツ替え台」だったのですが、

なかなか難しいようですね…

その代わりに、この企業が製作しているオムツ替え台の機構を教えていただいたのですが、

半分以上動かすと、あとはスプリング(バネのようなもの)が利いて、楽に開け閉めできる

というものでした。

また、

オムツ替え台の閉め忘れが車椅子ユーザーにとって多機能トイレの不便さに繋がる

という問題は、深刻な問題として改善策を考えてくれるとのことです。

設置する場所柄、不特定多数の方が雑に触れることもあるので、

できるだけ簡単で手入れのしやすい機構にしながらも、赤ちゃんを抱える方や車椅子ユーザーなど、多機能トイレを使う人全員に過ごしやすいように

という空間設計は、もはやオムツ替え台メーカーだけの問題ではないよな、と思ってみたり…

ということで、わたしにとっても、(そして恐らく企業様にとっても)、

かなり真剣に考えさせられる事案でした。

今後、わたしももう少し策がないか考えてみようと思います。

以上でした。

追記:2019/02/15

新たなやり取りにて、

おむつ交換台収納の注意喚起と、今後の開発の参考とさせて頂きたく存じます。

ということで、わたしからのメールや改善案資料が、企業様のホームページ、SNSに記載されることになりました。

また社内資料としても取り扱ってくださるとのことなので、

誰にとっても使いやすいオムツ替え台、多機能トイレ

が生まれることを心より祈りたいと思います。

改善案資料は、つたないながらも1時間超集中して作成したので、その後一時失明しました。

それでも、動けないわたしがこうして誰かのために動けるのなら、それはとても嬉しく、本当に涙目になるくらい嬉しく思いました。

ついでに関係ないけど言わせてください。

生きてて意味ないとか役に立たないとかないから。

わたしは自分の脚で好きなときに好きなように動けない。

今だって、本当はトイレに行きたいけど痙攣で立てないから書いてます笑
でもそれが、同じく不便を感じる人の役に立ったりする。
さらに言うなら、誰かの役に立つ必要もなくて、
同じように困っている人もいて、その人はその人で生きている
ってだけでもいいんじゃないかな。
これ以上は長くなりそうなのでまたの機会に(^_^;)
1人の声でも、社会は、ほんの少しだけ動く。
わたしは社会を大きく揺らしたいけれど、これはまだ、最初の一歩。
寛大な対応をしてくださった企業様「Omoio」様に感謝するとともに、社会が少しずつでも良くなることを望みます。
公開されたものは以下の通りです。↓
Omoio
タイトルとURLをコピーしました