広告
広告

わたし自身の死生観

考察
この記事は約2分で読めます。

はじめに

このページでは、わたしの死生観について述べていきます。

何度も死にかけた人間として、また、死への衝動を堪えながら日々を生きる人間として、そして訪れる死を受け入れて今を生きる人間として綴ります。

 

わたしの死生観

わたしは、わたし自身の中に対して生きる希望を見出だすというよりは、

自分を大切にしてくれる人、自分が大切にしたいと思う人に出逢えること
その人たちの力になれること

に希望を見出だします。たとえそれがどんなに些細なことだったとしても。

ただ、その人たちの力になれること、と言っても、献身に希望を見出すというわけではありません。

献身すること自体というよりも、

献身によって、自分が大切にしたいと思う人に、自分が大切にされることを願っている

のだと思います。

「自分が大切にしたい人」が「自分を大切にしてくれる」とは限らない。

だからこそ、

そういう人に出会えたら幸せ

だと思うし、

出会えることを願う気持ち自体が、人生の最後の希望

と考えます。

やはり死へ向かうときの気持ちは穏やかではなくて、それを鎮められるものは、人として生きる限りは、最後にすがるものってやっぱり

人と人との関わり

だと思います。

 

ただそれは、信頼できる人が傍にいることが希望となる、という意味ではなくて、

穏やかな日々、楽しかった思い出、傍にいてくれた人、そうした記憶の中での繋がりで良いと思うんです。

例えば、わたしはまだ大切な人に先立たれてはいませんが、もしそうなったとしても、記憶の中で、心の中で繋がっていればいい、という感じです。

 

だから、死を迎えるそのときに、自分の大切な人が傍にいなくても良くて

 

今までに築き上げた人との関係性に満足できたときに、人は穏やかな気持ちで死を受け入れられる

 

のではないかと、わたしは考えます。

 

 

つたない考察ですが、ご覧くださりありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました