広告

「適切な自助具を見つけるためのお手伝い」の研究についてご協力のお願い

この記事は約2分で読めます。

先日Twitterの方では先に募集を開始させていただいたのですが、こちらでも始めようと思います。

主旨

これは大学の研究室ではなく、私と先輩の修士研究員数名、教授1名とで進めているプロジェクトです。

目的は、

「病気や疾患に応じた、適切な自助具を提案し、みなさまの生活を楽にすること」

です。

 

お願い

そこでみなさまにお願いしたいことは、

  • 日常生活で不便に感じていること、
  • 苦痛に感じる動作、
  • 現在お使いの自助具がどう不便か、

などを、できれば疾患名や障害名とともに教えていただきたいのです。

教えていただいた情報は、こちらで管理、議論させていただき、自助具の変更や組み合わせのご提案、新たな商品開発に役立てさせていただきたく存じます。

 

つきましては、どんな些細なことでも構いませんので、日常でお困りのことをお話いただければ幸いです。

下記お問い合わせフォームよりご連絡いただければ、承知のご連絡や、場合によっては追加の質問をさせていただきます。

なお、お問い合わせ内容に関しては管理人harukaが承認しない限り公開されない仕組みになっております。

メールアドレスの入力は必須とさせていただきますが、あくまでもお問い合わせ内容のご確認のみに使用するものとし、その他の用途には使用致しません。

貴方の声で生活が変わる。社会が変わる。

どうぞ生のお声をお聞かせください。

宜しくお願い致します。

 

タイトルとURLをコピーしました