広告
広告

神様ぼくは気づいてしまった~人を救いたい人は自分が救われたい~

闘病記録(入院記録)
この記事は約2分で読めます。
このページの一人称は「ぼく」になります。つらい過去をと自分の性別を諦めて「わたし」になったので、基本的にわたしはぼくです。お許しを。

思い吐き出し用ページはこちら→https://harukams-medicalbeauty.com/yh/

神様ぼくは気づいてしまった

ぼくは救いが欲しかった。

人を助ける前に助けられたかった。

意欲やら夢やら希望やら、そんなものでごまかして将来を計画的に語る前に

絶望の中にいる自分を

まだ急性期な自分を

また再発なのかパソコンすら打てなくなってきている自分を

認められないでいる自分を

ぼくはどうにかして救いたかった。

これはぼくの闘病記録

 

同じく闘病していて絶望している人の思いを汲み

希望をもって闘っている人の隣で

いつ折れてもぼくがそばにいるよと

ぼくも同じ絶望も痛みも苦しみも味わうよと

いつか頃合いがきたら

希望がやってきたら

そのときには明るく未来へいこうと

そんな

ひとりで抱え込んでしまう気持ちを分かち合うための
ぼくのつくるぼくの記録

 

ぼくは希望と絶望を語る

ぼくの心はいつでも急性期

傷と瘡蓋がつねにある

ねえ、みんな

ひとりで抱え込まなくていい

ぼくも抱え込まないよ

泣き叫び笑いながら

いつか希望がやってくるその日まで

タイトルとURLをコピーしました