広告
広告

○○○さん追悼

2019年5月16日18時55分、大切な友人を亡くしました。

 

Twitterで知った方、わたしの「負けてもいい」という替え歌で泣いてお礼をしてくださった方、何度も死ぬ宣言をされて、何度も戻ってきてくださった方、

もう限界と言いながら、必死に闘われた方、

ご親友の方から連絡をいただきました。

まだ20歳でした。

 

病名は上げられないくらいたくさん、闇もたくさん、共通の部分もたくさん、気づかせていただいたこともたくさん、

たくさんたくさん、

本当に大切な方です。

忘れないですが、わたしの場合記憶分野に障害が出ない保証がないので、ルーズリーフとここに記録します。

 

大切な○○○さん、次、そちらで会ったときは、また仲良くしてくださいね。

また喧嘩も、してくださいね笑。

○○○さんはとても頑張り屋さんで、否定されたとか見捨てられたとかすぐ勘違いしちゃうから、わたしが「そうじゃない」って言い返して何回も喧嘩したね。

何回でも言い返すからね。

大切な○○○さん。

あなたがいなくなって、わたしは号泣しているよ。

 

まだ、早すぎたね。

でも、よく頑張ったね。

もうゆっくり、休んでね。

 

もう少し、待っていてね。

わたしが歩けるようになったら、今度はわたしと鬼ごっこしようね。

 

また会う日まで。

 

広告
まぁるいせかい管理人
haruka(はるか)

自称小説家の漫画家志望。仕事はライターとカウンセラー。
多発性硬化症、うつ病、WPW症候群、抗神経抗体症候群など100万分の1未満の希少難病を併発した23歳女子。京大医学部中退。
今の夢はエンジニアとお嫁さんと「人間として生きること」
「君の絶望は僕が背負った!」が決めゼリフ。
※画像は好きなモデルさんであって本人ではありません。

#haruka(はるか)を応援する
分類したくない
#haruka(はるか)を応援する
haruka(はるか)のまぁるいせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました