広告
広告

うつ時の記録3

リハビリ記録(宅療記録)
この記事は約2分で読めます。

2019年2月27日、無気力感があまりに強いので綴ります。

こうした無気力はたいてい毎日自分でつけているルーズリーフの日記に書きますが、今日は右手が動かないのでこちらに書きます。

 

さっき復学のための電話を終えました。

学校に書類を取りに来いと言われました。

行こうかと思ったけど、天気が悪く痙攣脱力酷めなのでやめました。

 

朝から栄養価表頑張って仕上げたし、ここのところ頑張りすぎてたから一気に疲れが来たのかも。

リスカしそうで怖いです。

 

わたしは、

ピアニストになりたかったけど腕を故障した。

それなら音響さんになろうと思ったけど、耳が聞こえなくなった。

裁判官になろうと思ったけど、法曹界が女性蔑視の社会だと知った。

数学者になろうと思ったけど、脳の病気で字が読めなくなった。

そのときに体を動かせなくなったから、セラピストになろうと思った。

そして理学療法士になろうと思ったら、MSで首から下全部麻痺して動かなくなった。

その後遺症は一回目の脳の病気の時みたいに軽くなくて、

文字に痺れに痙攣にメンタルに、相当苦しんでる。

頑張ってMSセラピストになればいい、ってひとはよく言うけど、

この体でセラピストは無理だ

わたしが一番よくわかる。

 

ただでさえセラピストは患者からの訴訟が多い。

わたしはわたしの患者さんに何かあったときに、責任が取れない。

社会はそんなに甘くない。

さんざん叩かれて、文句言われて、罵倒されて、就職してないけどわかってる。

ブログ作る以前のことも、後のことも。

嫌なことは、けっこう覚えてる。

 

何度も夢を抱く度に潰されたわたしの絶望は

 

それはきっと、当事者じゃないとわからない

 

そしてわたしは絶望を語る。

前向きで明るい闘病者は人気だね。知ってる。

 

でもさ、闘病なんてそんな甘いわけないだろ。

いつでも明るくいられるわけないだろ。

 

健常者ですら愚痴を言う。

なら病人はもっとだよ。

 

健常者は他人の愚痴を言うけれど

病人は自分の体と他人に愚痴を言いたいんだ。

 

沈んだときには記録をつける、その義務感でここまで書いた。

もう力尽きた。

 

死にたい、と無意識に口走る自分が理解できない。

無意識はきっと本心だ。

わたしは理想を語る。

復学したい、良い社会を作りたい、主婦になりたい、セパタクローをしたい、小説家になりたい…

 

でも、散々破れてきたから、正直どうでもいいんだよ。

もちろんやってるときは本気で思ってるんだけど、こうしてメンタルやられてるときには、すべての夢が他人事だ。

 

疲れたから終わり。お疲れ様。

タイトルとURLをコピーしました