広告
広告

【15歳以上の子の氏変更手続き】必要書類と作業及び付随手続きと注意事項

気ままライフ

どう検索しても出てこなかった「子どもが15歳以上の場合の父から母・母から父の姓へ変更する際に必要な手続き」は役所で教えてくれることすらごく一部で、何かひとつ違うだけでとても時間がかかってしまいます。

地域差は多少あるでしょうが、わたしのように苦労するひとがこれ以上出ないように記します。

氏変更手続き

まず慣れないことに、苗字を変えるときは総じて「入籍」と呼びます。

結婚でなくとも「入籍」です。

多くは役所の窓口で「入籍」、家庭裁判所で「氏変更」手続きと呼ばれます。

初回はけっこう混乱するので覚えておきましょう

 

15歳未満の場合、氏変更には親の同意が必須です。

しかし15歳以上の場合、親の同意は不要です。

児童福祉法明記

 

15歳未満の手続きはいろいろなところで紹介されているので、ここでは15歳以上の手続きの場合のみに特化します。

 

15歳以上は子ども本人が「申立人」となり、さまざまな手続きをしなければなりません。

15歳未満ならば親が手続きできるのに対し、少々過酷です。

頑張ってください。

 

流れは以下の通りです。

市区町村役場(省略可能)

必要書類取得

家庭裁判所(×2の場合あり)

市区町村市役場

ではそれぞれで何をするのか、何が必要なのかを順に説明します。

 

市区町村役場(省略可能)

はじめに地域の役所へ行くと、氏変更手続きの概要を説明してくれます。

おおまかな流れと必要な書類を記した紙をもらえたり、説明を受けられたりします。

ただそれだけなので、流れや必要書類がわかっている場合には行かなくてかまいません。

 

またここでもらえる必要書類一覧表には記載漏れがあったり、受けられる説明にも不足があったりと、役所の職員でもあまり手続きを理解できていません。

「それ聞いてない!」「どこにも書いてない!」

なんてことは多々あるので、参考にはしつつあまり信用しすぎないようにしましょう。

 

必要書類取得

ここでミスると手続きが「数日→数週間」へと延びます。

事前に取得しておく必要のあるものは、

  • 現在(氏変更前)の全部戸籍謄本2通(父or母)
  • 変更後に入る予定の全部戸籍謄本1通(母or父)
  • 変更後に入る予定の戸籍に存在する全員の同意書
  • 子ども本人の現在(氏変更前)の姓の印鑑

 

特に「一部」ではなく「全部」戸籍謄本である点と、全員の同意書が必要な点が要注意です。

戸籍謄本をマイナンバーカードでコンビニ発行する場合、一部か全部かは選べるので「全部」を選びましょう。

戸籍謄本のコンビニ発行はいかにマイナンバーカードをもってしても夕方5時15分までなので、時間にも要注意です

 

また同意書については役所の人間も知らないことがあるようで(?)

事前に役所に行っても同意書の様式はもらえないしその存在も説明されないし、なのに突然家庭裁判所で「同意書は?」などと言われます。

 

家庭裁判所では確実に同意書を渡してくれるので、「氏変更したいので戸籍全員分の同意書がほしい」と家庭裁判所で全部戸籍謄本を見せて事前にもらうのがベターです。

家庭裁判所の窓口では、同意書を今もらって帰ってすぐに書いて出す方法を提案されますが、世の中そんなに暇人ばかりではないので事前にもらいに行くことをおすすめします。

 

ベストは変更後の戸籍にいる全員と家庭裁判所へ出向き、同意書をもらったその場で全員にサインしてもらうことです。

ただ世の中そんなに暇人ばかりでは(以下略

 

同意書については、変更後の戸籍にいるのが父or母だけなら問題はないのですが、再婚していたり子どもが新たに生まれていたりする場合には要注意の項目です。

 

家庭裁判所

家庭裁判所でははさみやカッターナイフ等は持ち込み禁止なので、筆箱を持ち込む場合には中身に注意しましょう。

 

ここでは入館時に「氏変更」と伝えると住民手続き系の課へ案内され、「氏変更申請書」的なものを書くよう指示されます。

この申請書には現在の氏名、年齢、本籍地などの他に、

  • どの氏へ変更したいのか(父から母、や、母から父または他)の選択
  • なぜ氏変更したいのかの記述

があります。

 

これを記入し、窓口で

  • 記入した申請書
  • 現在(変更前)の戸籍謄本1通
  • 変更したい全部戸籍謄本1通
  • 変更後の戸籍にいる全員分の同意書
  • 切手84円×3通分
  • 子ども1人につき800円

を提出します。

 

これを一気に提出できれば「即日審判」となり、すぐに裁判へ回されます。

その結果、氏変更の許可が下りたり下りなかったりします。

親の許可はいらないといいながら裁判所の赤の他人の許可は必要なのが不思議なところです

 

書類が欠けていた場合には即日審判は受けられず、裁判の結果が1~2週間後に郵送されてくるのを待つことになります。

 

恐らくここが最もストレスフルです。

頑張って耐えましょう。(理由は後述)

 

審判の結果きちんと許可が下りると、裁判所から一時的な戸籍謄本的書類が渡されます。

「申立人をなんとかの子として認める」的な文章が書かれています。

 

また同時に「入籍届」も渡されます。

この2つは役所へ提出するものです。

戸籍謄本的書類は絶対になくさないようにしましょう。

入籍届は役所でももらえるのでなくしても大丈夫ですが、とりあえず手続きまでには書く必要のある書類です

 

ちなみに一度で許可が下りた場合には、残り2通分の切手は返却されます

 

市区町村市役場

役所で渡す必要のある書類は

  • 現在(氏変更前)の戸籍謄本1通
  • 裁判所からの一時戸籍謄本的書類
  • 入籍届

の3つです。

入籍届には子ども本人の印鑑が必要なので、役所で書く場合には印鑑も忘れないようにしましょう

 

裁判所からの戸籍謄本的書類は回収されて戻ってこないので、保存しておきたい人は事前にコピーしておくとよいでしょう

 

氏変更すると大抵住所も変わるかと思います。

「事前に引っ越しだけ済ませておいたから異動届はもう出してるよ!」という場合でも、名前が変更したことで改めて異動届を書くことになります。

面倒ですが頑張りましょう。

 

これが終われば、晴れて新しい(かは人によると思いますが)苗字へと変更完了です。

お疲れさまでした!

 

氏変更に付随する諸手続き

名前が変われば手続きが増える、ということで、氏変更に伴って必要となる(かもしれない)手続きをまとめておきます。

  • 異動届:住所に変更があった場合
  • 保険の名前変更
  • 携帯電話の名義変更
  • 銀行口座の名義変更:銀行印を自分で持っていれば変更手続きはそこまで煩雑にならないのですが、銀行印なしの名前と住所同時変更となると、銀行に電話して印鑑紛失届を送ってもらい、それが届いてから新旧の名前と住所が確認できる書類(新旧記載の住民票など)と紛失届とを持って銀行窓口で手続きするほうが早く済みます。
  • 奨学金の名前変更:奨学金を使用中か、返済途中の場合
  • 年金の名義変更:払っている場合の変更は簡単ですが、もらっている場合は早く近くの年金事務所へ行きましょう
  • 保険証の変更:まだ親の扶養にいる場合は親が会社で事務手続きを行う必要があります。住民票原本、現在持っている保険証、子どもの本人確認書類などが必要です。
  • 難病手帳の名義変更:難病などで支援を受けている場合、保健所で難病手帳を再発行する必要があります
  • 障害者手帳の名義変更:市区町村役場の福祉課で名前や住所の変更はサクッと行えます。上書きすることになるので、手帳ごと新しくしたい場合には「障害者手帳発行申請書」をもらってその場で書いて提出し、完成を数週間待つことになります。

わたしが直面した手続きはこのくらいかと思います。

この手続きそれぞれに関しては、調べるときちんと出てくるでしょう。

15歳以上の氏変更だけは数が少ないのか、職員の知識不足やらなんやらで非常に困ったのでこれをひとつの情報源としていただければ幸いです。

 

メンタル的な注意事項

実は先日「勉強できるけど馬鹿なひと~英才教育の悪性~」という本を急遽仕上げました。

まだこの本については急ぎではなく他に本腰を入れていたのですが、本当に急遽これを出そうと思ったのは、役所や家庭裁判所で雑?な扱いを受けたからでした。

 

差別的な用語とわかりつつあえて言うと、「こいつらは順当に人生送ってきたんだろうな~」です。

 

役所では「15歳以上で氏変更?」となり、説明にいちいち「これは誰ですか?」「どうして変えるんですか?」などの質問攻めに遭い、手続きに必要なのかと律儀に答えていたら何一つ手続きには関係がなく、ただ窓口の人の興味本位でした。

役所として絶対やっちゃいけないだろうと思うのですが、今の役所の窓口係はどこぞの契約会社の社員なので「役所として市民のプライバシーを…」なんて意識は低いのかもしれません。

 

家庭裁判所では「氏変更の理由」に「母親からの精神的虐待」と書いたのですが「この戸籍謄本はお母さんのマイナンバーで取ったの?」「お母さんが取ってくれたの?」などの質問が繰り返され、

「わたしが役所まで出向いて取りました」「父方のマイナンバーです」などと答えてもひたすら「お母さんが手続きしてくれたの?」と返され、

いや、虐待する親がそんな面倒みてくれるわけないやろ!

と激おこ案件。

 

ついでに「氏変更の理由」は「今回氏を変更する理由」と書いてあったのですが、窓口では「いや、そもそもどうして今苗字が違うのか書いてほしいんだよね~」と言われ、

うん、別に離婚だけが苗字の違う理由じゃないから「離婚したからに決まってるやろ!」とは言わないのだけれど、

 

それなら「前回氏が変わった理由」を書く欄を設けてほしいよね!

だって「今回」って書いてあるじゃん!

日本語わからないのか!

役所用語?だとしても、今回は今回だろう?

となったわけで、

そりゃ一生のうちで苗字が変わることなんて順当にいけば結婚するときくらいなわけで、

あー何事もなく人生送ってきたんだろうなこいつら

だから虐待親が面倒みてくれるとか言えるんだろうな

とか思ったわけです。

 

役所や裁判所にいる人間って、大概勉強はできます。

ただその辺り、人間的な想像力に乏しいひとが窓口にいたときに苦労するのは、苦労真っ只中にいる人間なんですよね。

勉強だけできる人間に本気で嫌気が差します。

 

ということでこれから手続きに臨むみなさま、応援しております。

手続きのわかりにくさとややこしさもさることながら、こういう脳内幸せなひとたちに負けないでください。

広告
まぁるいせかい管理人
haruka(はるか)

多発性硬化症+名前も研究中の希少難病などを併発した20↑歳女子。病歴や薬歴は多すぎるので管理者情報参照。今までにないものを創るお仕事。

#haruka(はるか)をチラ見してみる
コメント
気ままライフ
#haruka(はるか)をチラ見してみる
はるかのせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました