広告
広告

うつ病に苦しむ方と接する方へ/うつ病患者の発言の重要性

医療

はじめに

わたしが病みツイ中心にリプするせいもあるのですが、最近「なんでやねん」とツッコミたくなるような、逆に追い詰めてしまうようなコメントを返される方をよく見るので書きました。

そしてこれを書こうとしている間に、わたしもうつ「症状」が激化し、うつ「病」として治療を受けるようになってしまったので…(._.)

難しいですけど、うつ病の正しい理解を求めます。

うつ病と躁うつ病の違いはこちら

うつ病とは

まず絶対に誤解してほしくないことが、

うつ病は病気であって怠けではない

ということです。

日本人の罹患率は10人に1人、女性だけだと5人に1人

「うつは心の風邪」と言われるくらい、

誰にでもかかりうる
ストレスなどを原因とする
心の、脳の「病気」

ですし、

風邪ほど軽くもありません

もちろん風邪も甘く見ると厄介ですが。

よく「うつになる方が悪い」だったり「うつなんて心が強ければ治る」なんて言う方を見かけますが、

それは間違いです。

うつ病には、精神、小児発達分野で診断基準とされる、アメリカのDSMという、きちんとした診断基準があります。

特に2019年1月現在において最新版であるDSM-5では、

A基準

  • 一日中、ほとんど毎日続く嫌な気分(どんなことがあっても改善しない)
子供や思春期においてはイライラすることもあり
  • 何をしても楽しくない、それまで興味の持てたどんなことに対しても興味がなくなる

どちらかが最低2週間続く

となり、

B基準は更に細かくなりますが、こちらはうつ病によくある症状として書かせていただきます。

うつ病によくある症状

  • 体重減少(まれに増加)
  • 不眠(まれに過眠)
  • 行動障害として、焦燥あるいは制止(動きが鈍くなる)
  • 疲労(エネルギー切れ)
  • 自分を責める
  • 集中力(判断力・決定力)の低下
  • 希死念慮

以上が2週間以上ほぼ毎日続きます。

またA基準と合わせて、上記に当てはまるものが5つ以上あるとMajor Depression 大うつと診断されます。(B基準)

重度のうつ病になると、

  • 罪業妄想(取り返しのつかないことをしてしまった、皆に迷惑をかけてしまってどうしようもない、など)
  • 貧困妄想(お金がなくて明日から生きていけない、お金がなくて家などもすべて手放さなくてはいけない、など)
預金はかなりあることが多いと言われています。
  • 心気妄想(不治の病にかかってしまった、ガンでもうすぐ死ぬに決まっている、など)

の症状があります。

治療と対応

治療

まずうつ病の治療に当たるにあたって、うつ病を疑う前に、隠れている身体、神経疾患がないかを調べることが必要です。

たとえば…

若い人では甲状腺異常によるホルモン異常が多いと言われていますし、脳梗塞やパーキンソン病、認知症などの「別の病気」の「症状」としてうつが現れていることがあります。

わたしは昔のうつの再発なのか多発性硬化症による症状としてのうつなのかは不明ですが

この場合は、元の疾患を治療することでうつ症状の改善をはかることになります。

他の病気によるうつ症状でない場合、

  • 薬物療法(抗うつ薬、睡眠薬など)
  • 充分な休養
  • 精神療法(認知行動療法など)

が治療となります。

特にこの充分な休養ということが大事です!

わたしも焦燥感は常にあるので、休む難しさはすごくわかりますが(-_-;)

対応

以上の症状を見てもわかる通り、うつ病患者は「ただでさえ自分を責めているので、

  • うつ病患者に努力を促すのはNGです。
すでに頑張っているからです。
  • うつ病患者にリーダー役などの役職を「病気改善になるかも」と新たに与えるのはNGです。
責任感が強いため、負担に感じます。
  • うつ病患者に長い工程のリハビリ(作業療法)をさせるのはNGです。
いつ終わるかわからない不安に襲われます。
  • うつ病患者を「動作が遅い」「前はできたでしょ」などと責めるのはNGです。
前頭葉の機能低下により遂行機能障害が出ています。前にできたことでも、できなくなることがあります。
  • 「君が死んだら遺された人は…」などの声かけはNGです。
そんな責任感本人が1番感じています。更に追い討ちをかけないでください。
  • 「君が死んだら悲しむ人がいる」などの声かけはNGです。
他人のためになんでわたしが苦しい思いをして生きないといけないの?」という思考になることがあります。
  • 「みんなつらい、みんな苦しい」などの声かけはNGです。
「みんなって誰?」となりますし、他に苦しい人がいることもわかっていての「つらい、苦しい」です。「そうだね、大変だったね」でかまいません。反論しないことが大切です。

あくまでも、ご自身主体で、

  • 「君が死んだらわたしは悲しい」など、みんなや世間ではなく「わたし」がどう思うかを伝えるようにしてください。
  • また、過度の努力を促す言葉や、将来への期待を無理にさせる声かけはやめてください。
落ち込んでいるときに無理やり前向きにはなれません。
強制は絶対にしないでください。

復職支援について(少しだけ)

大抵は、充分な休養が取れた後、薬物療法と同時進行で復職します。薬物療法が終わってからではありません。

仕事内容が変わらないことが望ましいので配置転換は積極的には勧めませんが、大変だったり嫌なことがある場合は配置転換をお願いします

発症前よりも短い勤務時間をお願いします。

ストレスへの対処法について(仕事の割り振りなどについても)の心理教育を行います。

最後に

うつ病になる方は、すごく真面目で、もしくは几帳面で、責任感の強い方が多いです。

うつ病では、理由もなく死にたくなることが「病気」の「症状」としてあります。

本人が普段死にたいと考えているかとは無関係に、自死を強く望んで実行しそうになります。

これは精神医療界隈では有名な話ですが、

うつ病患者が「死にたい」って言っている間はまだ大丈夫
言わなくなってからの方が問題だ
うつ患者は自殺を決意すると誰にも言わなくなるから

というものです。

これは、「死にたいと言っていた人が言わなくなった」場合の話で、「死にたい」と言っている人も苦しみを抱えていることは忘れないでください。

「死にたい」もうつ病患者の最後の悲鳴の可能性があるので要注意ですが、

「死にたいと言わなくなったときにも」同様の注意をお願いします。

以上、自分の体験も交えて書いてきましたが、すべての人がこの通りとは限りません。

最後は個人に寄り添うことが大切になってきます。

~うつ病患者さんの近しい人へ~
ずっと付き合わなくてかまいません。
本人の感じていることを聞いてあげてください。
そして、そのままでいいと認めてあげてください。
焦らなくていいと宥めてあげてください。
うつ病疑いの場合は、睡眠時間をメモしておくと診断に有効です。

患者兼医療学生としてとうつ病まとめは以上です。

うつ病の正しい理解と、長い目で温かく見守ってくださるよう、どうぞよろしくお願い致します。

参考:精神科学授業内容及び実体験及び

https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/160731.pdf&ved=2ahUKEwjO8_j80YvgAhULA4gKHSe6ChEQFjAAegQIBxAB&usg=AOvVaw03t4G9b2lXVwYvJEFvJLKW

広告
まぁるいせかい管理人
haruka(はるか)

多発性硬化症+名前も研究中の希少難病などを併発した23歳女子。京大医学部中退。仕事は小説家とライターとカウンセラーと極秘。
今の夢はお嫁さんと福祉用具開発プロジェクトの成功☆
詳細プロフは管理者情報を見てね♡

#haruka(はるか)を応援する
医療
#haruka(はるか)を応援する
haruka(はるか)のまぁるいせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました