広告
広告

うつ病と躁うつ病の違い|うつは治るのか

医療

このページでは、現代精神医学で「うつ病」と「躁うつ病」とがどのように捉えられ、どのように区別されているのかについて語っていきます。

また「うつ病は治る」「治らない」論争にも、医学的見地から答えを出します。

うつ病や躁うつ病の方の治療・精神科医選びに役立つことを祈ります。

 

うつ病とは

こころの風邪」(誰でもなる可能性がある上、軽視してはいけないという医療者への自戒の意味で)と呼ばれるほどのうつ病。

最近は「誰でもかかる病気】であり、治ることもある」意味で「脳のがん」と呼ばれることも多くなってきました。

うつ病概論

うつ病は一生のうち10人に1人はかかるといわれています。

しかし実は女性の方が発症率が1/5と高い病気です。
マタニティブルーという言葉もあるように、周産期の女性は特にかかりやすいといわれています。

うつ病は適切な治療を受ければ、基本的には数ヶ月で治ります

しかし対応が悪かったり、難治性のうつ病だったりすると長引き(半年から数年)、さらには自殺など命に関わる事態にも繋がりかねません。

またよく誤解されるのは「うつは甘え、ただの落ち込み、気合で治る」などの「うつ病は根性で治る」説ですが、うつ病は「落ち込み」などとは完全に区別されます

というのも、これら根性論でいう「落ち込み、甘え」などは「悲しい、寂しい」などの言葉にできる感情」であり、うつ病の「落ち込み」は「言葉にできない、通常の感情では言い表せない気分の障害だからです。

精神医学的・心理学的感情と気分は完全に区別されます。

また生物学的な背景があるので、

  • 不眠(早朝覚醒、午前中不快)
  • 食欲不振(味が感じられない、味覚はあるが「おいしい」という感動がない)
  • 頭痛(頭が重い、締め付けられる)
  • 身体がだるい

などの症状もあります。

精神疾患の原因外因性内因性心因性の3つに大別され、生物学的背景はこのうち外因性と内因性に分類されます。

うつ病の症状対応については以前にも書いているのでこちら
またこの精神疾患の原因については別ページで追記いたします。

 

躁うつ病

別名双極性障害と呼ばれる躁うつ病では、うつと躁(ハイな状態)が繰り返し出現します。

躁うつ病概論

発症率は100人に1人と、うつ病よりも少なめです。

一旦寛解(良い状態になる)しても、ほとんどの方が数年以内に再発し、生涯に渡って薬物・精神療法が必要です。

また

  • 自殺率が高い
  • 薬物依存との合併率が高い
  • うつ病との鑑別が難しいことが多い

ことも特徴です。

恐らくうつ病から躁うつ病に診断名が変わった方ってかなり多いと思います。
というわたしは「うつ病でプレドニン(ステロイド剤)の副作用で躁状態になる」と診断されるまでに時間を要しました。

 

簡単に

なんやかんや書きましたが、うつ病と躁うつ病との区別を簡単に表にしてみます。

うつ病躁うつ病
原因ストレスなど遺伝的素因+α
発症率1/101/100
治療すると治る生涯薬や精神的ケアが必要
症状体重増減(減が多い)

不眠

焦燥か思考制止

疲労

自分を責める

集中力低下

希死念慮

楽しめない

罪業・貧困・心気妄想

行為心迫(やらなきゃ気が済まない)など

・うつのときは左記

・躁のときは

多弁・多動

注意散漫

易刺激性

気分高揚

観念奔逸

誇大妄想・幻覚

行為心迫など

補足統合失調症と関係有り

 

なぜ「うつ病は治らない」と思われているのか

ここで問題になるのは、「うつ病は躁うつ病同様に【寛解】が精一杯で、完治はしないと思われていることではないでしょうか。

実際「うつは治らない」と主張される方をたくさん拝見してきましたし、わたし自身もうつ病を抱える身として「治らんやろこれは」と思うこともあります。

そういった「考え」「誤解」の元になるのが、上記の「適切な治療を受ければうつ病は治る」という一節です。

 

「適切な治療」とは何でしょう。

これがとても難しいところです。

うつ病(だけでなく精神疾患すべて)の原因は外因性・内因性・心因性の3つに大別されます。

この原因を適切に見極めうつ状態を引き起こしている身体の治療をしたり、精神的ケアをしたりすることは精神科医でも心理士でも大変難しいです。

なので『「適切な治療を受ければ」という前提があまり現実的ではないという現実』が生まれているのです。

これが「うつは治る、治った!」という人と、「うつは治らない」という人との分かれ目でしょう。

適切な治療を受けられた人は「うつ病は治る」と主張します。
そして現代精神医学でも理論的には「治る」としています。
適切な治療を受けられず、または治療過程にあったり治療方針が立たなかったりと苦労の耐えない人は「うつ病は治らない」と主張します。

うつ病は「治る・治った派」と「治らない派」がいるのではなく、

治療が合った人と、合わない・合わなかった人

がいるだけなのです。

 

これが現代精神医学の見解です。

これを踏まえ、現在ご自身の受けている治療が合わないと感じられた方はセカンドオピニオンをおすすめいたします。

精神科医選択を誤って精神崩壊を起こした父の話

参考;大学授業精神科学概論、精神科学各論資料及び授業中メモ

広告
まぁるいせかい管理人
haruka(はるか)

多発性硬化症+名前も研究中の希少難病などを併発した23歳女子。京大医学部中退。仕事は小説家とライターとカウンセラーと極秘。
今の夢はお嫁さんと福祉用具開発プロジェクトの成功☆
詳細プロフは管理者情報を見てね♡

#haruka(はるか)を応援する
医療
#haruka(はるか)を応援する
haruka(はるか)のまぁるいせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました