広告
広告

入院時に用意しておいた方が良いもの|必需品とあれば便利な準備物一覧

入院記録

毎回緊急入院をしていると必需品は咄嗟に出てきます。

ただその他にもあれば便利なものは入院してから思い出すので、次回入院するときの備忘録と、これから入院される方の参考になればと残します。

また新型コロナが流行する現在、言うまでもなく日数分のマスクは必須です

 

入院必需品

まず、入院に必須の物を挙げさせていただきます。

  • 小銭の入った財布
  • かかとのある靴
  • 着替え(上着含む)
  • 下着類
  • 歯磨きセット
  • 箸やスプーンなどの食事用具
  • タオル(フェイスタオルとバスタオル)
  • 水筒
  • 蓋と持ち手付きコップ、ストロー
  • 箱ティッシュ
  • 携帯と充電器
  • 筆記用具・印鑑
  • ビニール袋
  • お薬とお薬手帳
  • A4クリアファイル

ポイント

  • 小銭の入った財布

入院中には自販機などで買い物したり、歩けない方だと看護師さんや助手さんにお買い物を頼んだりすることが出てくるので、高額紙幣ばかり入っていない財布がおすすめです。

テレビカードも千円札対応です

 

  • かかとのある靴

転倒防止用です。クロックスやサンダルは避けた方が好ましいです。

病院によっては強制的に靴を変えさせられます。
わたしはクロックスで履き替えるよう言われました。

 

  • 着替え

パジャマなどであれば、病院からアメニティとして支給してもらうこともできます。

ただ重要なのは上着です。

夏場であればクーラーが効いていて寒いことがあります。

冬場であれば暖房では足らずに寒いことがあります。

寝るときであれば布団や毛布を貸してもらえますが、活動するときに「寒い」となれば、自分で羽織れるものを用意するしかありません。

 

  • 下着類
  • 歯磨きセット
  • 箸やスプーンなどの食事用具

これらは病院のアメニティとして有料でレンタルできる場合もあります。

下着はレンタルできないので必須です

 

また食事用具は、特にリハビリ病院であれば箸orスプーンと定められて食事とともに出されることもあります。

入院する病院が大学病院などの急性期病院か、リハビリメインの回復期、維持期病院かは一度確認してください。

 

入院手続きの際に渡される入院のしおりにも持ち物の記載はあります。参考にされてください。

 

  • タオル(フェイスタオルとバスタオル)

長期入院であれば、両方最低3枚ほどあると洗濯を頻繁にする必要もなく好ましいです。

 

  • 水筒
ペットボトルは衛生上認められない病院もあります

配茶サービスがあるかは要確認ですが、ある場合は用意しておいた方がいいです。

100円ショップで円柱形の水筒も販売されていますから、普段から持ち歩いていると緊急入院でも困らないでしょう。

冗談抜きでお茶代は馬鹿になりません

 

  • 蓋と持ち手付きコップ、ストロー

入院理由にもよりけりですが、うまく起き上がれないときはストローほこり除けには蓋がとても便利です。

病院によってはそもそも蓋付きコップを要求されます
介護用品としてはかなりメジャーなので取り扱っているお店もかなり多いです
こんなやつです↓

介護ショップ ちとせ
最近は100均でも売っているそうです

 

  • 携帯と充電器

言わずもがなです。

 

  • お薬とお薬手帳

お薬を服用していて、かつ入院期間にかぶる量を処方されていればお薬の持参が必要です。

またお薬手帳があったほうが、お薬の変更や調整などを行うときにも便利です。

 

他の病院や他科からのお薬もすぐにわかるので、複数の病院や科を受診している方は必須です。

 

  • A4クリアファイル

病院では同意書を求められることが多く、その控えや検査予定日の紙を入れておくのに便利です。

なにより、入院費用の請求書や明細を入れておくのに便利です。

 

  • 筆記用具

病院ではとにかく署名を求められることが多いです。

もちろんその都度ペンを借りることはできますが、書きやすいペンなどがあれば持参しておくことをおすすめします。

わたしは実際に持参したペン以外で書こうとして痙攣を起こしたので、手の麻痺のある方は要注意ポイントかと思います。

 

  • ビニール袋
    • 薬の入れ物
    • ゴミ袋
    • もう着た服とこれから着る服との仕分け
    • 吐き気がするとき

……など、たくさんの場面で役に立ちます。

最低2枚ほど持っておきたいところです。

長期入院であれば、スーパーのビニール袋と言わずスポーツ用の厚手の強いビニール袋が、洗濯や入浴の際にとても役立ちます。

 

あると便利な物

以下では、必ずしも要るとは言わないけれど、あればとても便利な物について挙げていきます。

  • プラスチックや紙製などの使い捨てスプーン、フォーク
  • ウェットティッシュ
  • おしり拭き
  • 爪切り、ひげ剃り、ヘアブラシなどの整容品
  • シャンプー・リンスなどのお風呂用具
  • プラスチック製バッグ(お風呂用具入れ)
  • リップクリーム、化粧水など保湿剤
  • 生理用品
  • 洗面器
  • ポケットWi-Fi
  • イヤホン
  • S字フック
  • ハンガー
  • 洗濯ばさみ
  • 食器用洗剤、スポンジ(水筒用含む)
  • 綿棒
  • ガムテープ

ポイント

  • 使い捨てスプーン、フォーク

繰り返し使える食器類を持っていれば問題ないように感じますが、使い捨てだと洗う体力や行動力がないときに便利です。

 

  • ウェットティッシュ

口周りを拭いたり、手を拭いたりと使えます。

アルコール配合のものだと消毒にもなります。

病院で配膳されるおしぼりにはアルコールが含まれていません

 

  • おしり拭き

入院直後や急性期であれば、清拭やシャワーが長期間認められないことがあります

また短期入院では、シャワー利用の説明がされない場合もあります。

自分でタオルを濡らして拭く、その繰り返しは、その状況下ではかなり厳しいと思いますので、使い捨てのものがお勧めです。

アルコール配合だと繊細な部分にはあまり良くないので、顔や大切な部分にはアルコールの配合されていない、大人用のおしり拭きをお勧めします
体験談からのおすすめシート紹介

 

「清拭用(体を拭く用)のタオルください」と言うと渡してくれる病院もあります

 

  • 爪切り、ひげ剃り、ヘアブラシなどの整容品

伸びるものは入院中だろうと伸びます。

ヘアブラシは病院のアメニティとして有料提供してくれるものもありますし、これらすべて売店に売っていることもありますが、爪切りは案外売っていないので長期入院の際にはぜひご持参ください。

ヘアブラシは入浴後に髪を整えたいのなら必須になります

 

  • シャンプー・リンスなどのお風呂用具

シャワーが使えるときの長期入院には必需品です。

短期間髪を洗えない場合はヘアスプレーをおすすめさせていただいています。
体験からおすすめヘアスプレーご紹介

 

  • プラスチック製バッグ(お風呂用具入れ)

シャンプー、ボディーソープなどの他に着替えなども入れられるよう、大きめのプラスチックバッグがおすすめです。

体験談として、曲線のあるものよりも角張った上の写真のようなものが洗いやすいのでおすすめです

 

  • リップクリーム、化粧水など保湿剤

女性なら特に、と言いたいですが、病院は常に冷暖房での空調管理なので、とても乾燥しています。

女性男性問わず、保湿できるものはあった方が乾燥肌や皮膚のひび割れを防げます。

肌荒れで軟膏やリップクリームを処方されるだけでも医師や薬剤師の許可が下りて薬剤師看護師から説明を受けて使用頻度を確認され…と厄介なので、保湿で防げる肌荒れは保湿して予防するに限ります
消毒のしすぎで手荒れしたときのおすすめハンドクリームご紹介

 

  • 生理用品

閉経前の女性だと必需品になります。

生理になったときにナプキンがないと買いに走るのも大変ですし、入院患者の場合外出制限もあります。

病院内に売店がなかったり、行動制限があるときにはかなり大事です。

漏れが気になる方はベッドに吸水性の部分シーツを敷いてもらうことも病院によっては可能なので、看護師さんに聞いてみてください

 

  • 洗面器

これはわたしが特殊かもしれませんが、足先だけでも洗いたいときや、濡れたタオルの保管にとても役立ちました。

洗面台に置いて髪を洗う…という使い方もできます↓
これは洗面台でも隙間なく置けるようにと、握りやすいようにするため、一辺が直線になっている洗面器です。
洗髪台だと首の角度がグキッとなる割に後頭部は洗えないので「頭の下に…」と看護師さんにお渡しすると良いと思います笑

 

  • ポケットWi-Fi

あまりネットを使われない方には関係ありませんが長期であればポケットWi-Fiなどもあれば便利です。

短期ならデザリングで乗り切るのも手です。
  • イヤホン

テレビを観る、音楽を聴くなど、大部屋では必須です。

病院のアメニティとして配られることもあります。

 

  • S字フック

これはベッド柵に引っかけて袋に入れた薬をぶら下げておくこともできますし、ちょっとした荷物を下げることもできます。

 

  • ハンガー

ハンガーは洗濯して乾燥をかけてもまだ少し生乾きの服をかけたり、たたむのが難しい方におすすめです。

病院の乾燥機は大抵どこも非常に弱いです……

 

生乾きの乾燥用、ズボン用には、ゴムの滑り止めつきのタイプ

だと便利ですし、

 

たたむのが難しい場合にはプラスチックのつるつるタイプ

だと、着るときに取りやすいです。

たたむのが難しいときには着替え介助が必要かもしれないのでこれは余計なお世話かもしれません
ただわたしが使っていたのでご紹介させていただきました

 

  • 洗濯ばさみ

洗濯ばさみは使い方色々ですが、持参したタオルで清拭をしたときに乾かしたり、乾燥防止で濡れタオルを干すのに利用できます。

わたしは底の方を挟んで斜めにして、ペットボトルの乾燥にも使っていました。

 

またリハビリにも利用できます。

 

  • 食器用洗剤、スポンジ

使い捨て食器を使っていれば「あると便利」程度です。

何度も使う食器類を持ち込む場合には必須になります

 

水筒を持っていく場合にも、水筒用の長い柄付きスポンジがあるととても便利です。

  • 綿棒

シャワーを浴びた後や長期入院のとき、やはり欲しくなります…。

  • ガムテープ

入退院時の荷物作り、荷解きに便利です。

 

そして意外にも「シャンプーボトルをプッシュしても中身が出ないよう」固定するのに適しています。

 

あれば気分転換になるもの

最後に、あれば入院時の気分転換になるものをご紹介いたします。

  • コーヒー・紅茶などの嗜好品
  • ふりかけ・ジャムなど
  • ラジオ

 

  • コーヒー・紅茶など

香りのするものは、消毒液やアルコールの匂いばかりの病院内では意外とリラックス源になります。

ただし飲料は食事制限などに気をつけてください
アロマなどは同室者のいる場合おすすめできませんし、火が点くものは論外です

 

  • ふりかけ・ジャムなど

味付けやパンの種類によっては病院食が食べにくく食欲低下に繋がり、充分に回復できないこともあります。

そして大抵の病院で「ご飯は多くおかずは少ない」です。

 

もし食べ物に関して制限がなければ、こうしたものを持ち込んででも口から栄養を摂る心がけをしてください。

 

  • ラジオ

入院中は携帯かテレビが情報源になりますが、気分転換に音楽なども流れるラジオもおすすめです。

音を嫌がったり音に過敏だったりする患者さんもいらっしゃるので、必ずイヤホン接続できるものにしてください

 

特記

長期入院だと水筒を洗うスポンジとか洗剤とかもはや日用品が必要になってくるのですが看護師さんを頼れば解決する場合も多いので、

すべて自己管理するのではなく、適度にお任せすることを、療養的にもおすすめ致します。

 

以上、ざっくりとですが、入院生活にあると便利なものまとめでした。

また他に思い出したら追記します。

 

わたしの場合

  • アイスノン
  • 冷えピタ
  • 捻挫時や痙攣時に使う伸縮バンド

必須だよ未来の自分。

広告
まぁるいせかい管理人
はるか

考察家。作家。開発者。多発性硬化症+希少難病+先天性心臓奇形などをもつ障害者。病歴や薬歴は多すぎるので管理者情報参照。今までにないものを創るお仕事。京大医学部を病気により中退。

#haruka(はるか)をチラ見してみる
コメント
入院記録自助具のご案内
他の人にも読んでほしいなと思ったら
#haruka(はるか)をチラ見してみる
はるかのせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました