広告
広告

入院時に用意しておいた方が良いもの

闘病記録(入院記録)

はじめに

緊急入院2度目ともなると必需品は咄嗟に出てくるのですが、その他にもあれば便利なものは入院してから思い出したので、

できればないこと希望ですが(^_^;)

次回入院するときの備忘録と、

入院される方の参考になればと思い、綴らせていただきます。

 

 

入院必需品

まず、入院に必須の物を挙げさせていただきます。

  • かかとのある靴

転倒防止用です。クロックスやサンダルは避けた方が好ましいです。

病院によっては強制的に靴を変えさせられます。
わたしはクロックスで履き替えるよう言われました。
  • パジャマなどの着替え
  • 歯磨きセット
  • 箸やスプーンなどの食事用具
これらは病院のアメニティとして有料でレンタルできる場合もあります。
また食事用具は、特にリハビリ病院であれば箸orスプーンと定められて食事とともに出されることもあります。
入院する病院が大学病院などの急性期病院か、リハビリメインの回復期、維持期病院かは一度確認されてください。

入院手続きの際に渡される入院のしおりにも持ち物の記載はあります。参考にされてください。

 

  • タオル(フェイスタオルとバスタオル)

長期入院であれば、両方最低3枚ずつほどあれば、洗濯もそう頻繁にしなくて良いですし何かあったときに困らないので好ましいです。

 

  • 水筒
ペットボトルは衛生上認められない病院もあります。

配茶サービスがあるかは要確認ですが、ある場合は用意しておいた方がいいです。

冗談抜きでお茶代は馬鹿になりません。
  • 蓋と持ち手付きコップ、ストロー

入院理由にもよりけりですが、うまく起き上がれないときや、ほこり除けにとても便利です。

介護用品としてはかなりメジャーなので取り扱っているお店もかなり多いと思います。
こんなやつです↓

介護ショップ ちとせ

 

あると便利な物

以下では、必ずしも要るとは言わないけれど、あればとても便利な物について挙げていきます。

 

  • プラスチックや紙製などの使い捨て食器

洗う体力、行動力がないときに便利です。

 

  • ティッシュ

汚れや水拭きをするときに、タオルでも良いのですが、干す場所がないときに便利です。

 

  • ウェットティッシュ

口周りを拭いたり、手を拭いたりと、アルコール配合のものだと消毒にもなります。

 

  • おしり拭き

入院直後や急性期であれば、清拭やシャワーが長期間認められないことがあります

また短期入院では、シャワー利用の説明がされない場合もあります。

自分でタオルを濡らして拭く、その繰り返しは、その状況下ではかなり厳しいと思いますので、使い捨てのものがお勧めです。

アルコール配合だと繊細な部分にはあまり良くないので、顔や大切な部分にはアルコールの配合されていない、大人用のおしり拭きをお勧めします。

体験談からのおすすめメーカーはこちらです→https://harukams-medicalbeauty.com/sheet/

 

  • シャンプー・リンスなどのお風呂用具

シャワーが使えるときには必需品ですが、使えないときで髪が短期で洗えない場合はヘアスプレーをおすすめさせていただいています。

体験からおすすめヘアスプレーの話はこちら→https://harukams-medicalbeauty.com/hairspray/

 

  • リップクリーム、化粧水など保湿剤

女性なら特に、と言いたいですが、病院は常に冷暖房での空調管理なので、とても乾燥しています。

肌荒れで軟膏やリップクリームを処方されるだけでも医師や薬剤師の許可が下りて薬剤師看護師から説明を受けて使用頻度を確認され…と厄介なので、保湿で防げる肌荒れは保湿しておくに限ります。
消毒のしすぎで手荒れしたときのおすすめハンドクリームの話はこちら→https://harukams-medicalbeauty.com/teare/

 

 

  • 生理用品

これも女性に、ですが、生理になったときにナプキンがないと、買いに走るのも大変ですし、入院患者の場合外出制限もありますから、病院内に売店がなかったり、行動制限があるときにはかなり大事になります。

わたしは実際、独歩が病室内でしか許されず、車椅子使用で病棟内移動可、階移動NGだったことがあるので、大変でした。
ちなみに漏れが気になる方は、ベッドに吸水性の部分シーツを敷いてもらうことも病院によっては可能なので、看護師さんに聞いてみてください。
  • 筆記用具

病院ではとにかく署名を求められることが多いので、その都度ペンを借りることはできますが、書きやすいペンなどがあれば持参しておくことをおすすめ致します。

わたしは実際に持参したペン以外で書こうとして痙攣を起こしました。
手の麻痺のある方は要注意ポイントかと思います。
  • ビニール袋

薬の入れ物、ゴミ袋、服の仕分けなど、たくさんの場面で役に立ちます。

2枚ほど持っておきたいところです。

長期入院であれば、スーパーのビニール袋と言わずスポーツ用の厚手の強いビニール袋が、洗濯や入浴の際にとても役立ちます。
  • 洗面器

これはわたしが特殊かもしれませんが、足先だけでも洗いたいときや、濡れたタオルの保管にとても役立ちました。

 

他に長期であれば

ポケットWi-Fiなどもあれば便利ですが、あまりネットを使われない方には関係ありませんね。

わたしはバリバリパソコンスマホ使うので、長期はポケットWi-Fi、短期はデザリングなどで乗り切っています。

 

 

小物として、

S字フック、ハンガー、洗濯ばさみもあると便利です。

  • S字フック

これはベッド柵に引っかけて袋に入れた薬をぶら下げておくこともできますし、ちょっとした荷物を下げることもできます。

わたしはよくリハビリ道具を手提げかばんに入れてぶら下げていました。
  • ハンガー

ハンガーは、洗濯して乾燥をかけてもまだ少し生乾きのことがあったり、そもそもたたむのが難しかったりするので、おすすめです。

生乾きの乾燥用、ズボン用には、ゴムの滑り止めつきのタイプ

だと便利ですし、

たたむのが難しい場合にはプラスチックのつるつるタイプ

だと、着るときに取りやすいです。

たたむのが難しいときには着替え介助が必要かもしれないので、これは余計なお世話かもしれませんが、わたしが使っていたのでご紹介させていただきました。
100均でも売っていると思いますが、以前の同室者さんの近所には100均がないとのことでしたので…
  • 洗濯ばさみ

洗濯ばさみは使い方色々ですが、持参したタオルで清拭をしたときに乾かしたり、乾燥防止で濡れタオルを干すのに利用できます。

わたしは底の方を挟んで斜めにして、ペットボトルの乾燥にも使っていました。

またリハビリにも利用できます。

洗濯ばさみでのリハビリの話はこちら→https://harukams-medicalbeauty.com/ot1/

 

特記

長期入院だと水筒を洗うスポンジとか洗剤とか、もはや日常用具が必要になってくるのですが、看護師さんを頼れば解決する場合も多いので、

わたしみたいにすべて自己管理するのではなく、適度にお任せすることを、療養的にもおすすめ致します。

 

以上、ざっくりとですが、入院生活にあると便利なものまとめでした。

また他に思い出したら追記致します。

広告
まぁるいせかい管理人
haruka(はるか)

自称小説家の漫画家志望。仕事はライターとカウンセラー。
多発性硬化症、うつ病、WPW症候群、スティッフパーソン症候群疑いなど100万分の1レベルの希少難病を併発した23歳女子。京大医学部中退。
今の夢はエンジニアとお嫁さんと「人間として生きること」
「君の絶望は僕が背負った!」が決めゼリフ。

#haruka(はるか)を応援する
闘病記録(入院記録)リハビリ記録(宅療記録)自助具のご案内雑学
#haruka(はるか)を応援する
haruka(はるか)のまぁるいせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました