広告
広告

有名人が政治の話をするとどうして叩かれるのか|女性タレントばかり吊し上げられている謎|動画付き

社会論

みなさまおはようございます。これを書き始めたのは検察庁法改正案の強行採決が流れた翌日、2020年5月16日です。

今朝はあまりに体調が悪く左手しか動かなかったため、Twitterのいろんなトレンドを見ていました。

すると出てきたのが、きゃりーぱみゅぱみゅさんへの「あなたは歌手だから知らないかもしれませんが~」から始まり「歌、頑張ってください」で終わる

「歌手だから政治のことなんて知らないだろう」
「だから発言するな」

という失礼極まりない某文化局長のツイートです。

これにはきゃりーぱみゅぱみゅさんも「歌手だから知らないって失礼ですよ、、、」とコメント。

わたしも女性で若い歌手にいい歳した男性局長がマウントを取っているようにしか見えませんでした
そもそも「文化」局長なら歌手も尊重すべきでしょうに

ただ確かに、今回政治的な発言をした有名人には「失望した」との意見や誹謗中傷が殺到したことも事実。

「検察庁法改正案に反対します」とタグを付けてツイートした有名人がまるでシンドラーのリストのよるにリスト化されて出回ったのも事実です。

どうしてここまで「有名人が政治的な発言をすること」を嫌がる人がいるのでしょうか。

わたしなりに考えてみました。

1.タレントは専門職であるという考え方

今回大きく取り上げられたのは、俳優や歌手にモデルといった、普段は政治的発言をしない、バラエティ番組に出るようなタレントの方々です。

普段は言わないからこそのギャップと、その輝かしい職業と政治の暗いイメージとのギャップから注目されたと考えられます。

逆に反感が特別なかったのは、先の文化局長やジャーナリスト、作家など「キラキライメージのない」「どの分野にも精通していそうなイメージのある」職業です。

彼らはいくら差別的な発言をしても根強いファンに守られています。

恐らくこれには、ジャーナリストや作家という職業は時代に結びついており、政治的発言をしても不思議ではないという考え方があるのでしょう。

つまり、大して詳しくなくても

「政治の話をしそうな人」は非難されず
政治とは無縁そうな「THE芸能人オーラのある人」は叩かれる

という構造があるわけです。

しかし

タレントだからテレビでおもしろいことを言うのが専門
歌手だから歌うことだけが専門

というのであれば、

文化局長は局内を取りまとめることが専門
ジャーナリストは自分の専門分野の取材とその記事を書くことが専門

であり、

作家に至っては妄想力と多少の文才やコネがあればなれる職業です。

もちろん自称作家である身として、1作品を仕上げるための熱意と必要な力は理解しています。馬鹿にしているわけではありません。

ただ「芸能人は政治とは無縁なエンタメ専門職」という幻想を抱いているのなら、

他の政治的発言をしている著名人同じように専門職であり知識があるとは限らず、また芸能人もこの国に生きている以上は政治と無縁ではない

と認識を改めておくべきです。

少なくとも今回政治的発言をした芸能人が叩かれたのは、こうした「エンタメ専門職」的な強いイメージが我々一般人に浸透してしまっていたことがひとつの要因として挙げられるでしょう。

2.影響力を鑑みての結果

有名人はTwitterやInstagramなど、多数のSNSを使用していることがあります。

その場合のフォロワー数何百万人という、一般人やインフルエンサーともかけ離れた膨大な人数です。

当然、1つの投稿がもたらす影響力も一般人とは桁違いです。

さらにいえば、有名人のアカウントがここまで影響力をもつのは「有名人だから」であり、その投稿は「個人の1意見」として扱われることがありません

常に〇〇という有名人だから」という「ブランド・レッテル」が付きまといます。

今回大きな批難を呼んだ「自分の影響力を知っておけ」という議論も、

有名人が有名人としてアカウントをもち、そこで発言する以上、それは「個人」ではなく「有名人」としての意見として扱われる

ということを象徴しているといえるでしょう。

個人としての意見を言いたいのなら、個人用の別アカウントを作れということでもあります。また

自分の影響力を知った上で意見するのであれば、賛同も批判も受け入れろ

という意味も含んでいるようです。

これはわたしの見解ではありません

3.無知なものについての発言を許さない社会風潮

しかし今回の騒動を受けたくさんの専門家や著名人が「検察庁法改正案とは何か」の後から解説を始め、それに対するコメントを見ていると、どうやら「専門職意識や影響力」だけでは済まされない社会風潮が原因だとわかります。

圧倒的すぎる「無知は黙れ」の社会風潮

広告
まぁるいせかい管理人
haruka(はるか)

多発性硬化症+名前も研究中の希少難病などを併発した23歳女子。京大医学部中退。仕事は小説家とライターとカウンセラーと極秘。
今の夢はお嫁さんと福祉用具開発プロジェクトの成功☆
詳細プロフは管理者情報を見てね♡

#haruka(はるか)を応援する
社会論考察
#haruka(はるか)を応援する
haruka(はるか)のまぁるいせかい
広告
タイトルとURLをコピーしました